« DMC-20 | トップページ | 新作ができてきた »

2008年12月 5日 (金)

ブルーレイのサンプル

なかなか実感がわかないと思われるので、

HFD-02のサンプル作成のついでにBLTR-03のブルーレイのエンコードを

してあげてみました。

ZIPファイルなんで適当にDLしてみてください。

HFD-02で作ろうかとも思ったのですが、

えげつない映像のBDサンプルだと映像に集中できないかと思ったのと

まだ発売してないのでBLTRにしました。

HFDR-02のエンコードは丸一日かかって失敗。

仕方がないのでレートを21Mbpsに制限してやっています。

フルHD1080iどころか、HDV1080iでも、1920x1080iのフルビットレート33.5Mbpsでは

容量オーバーになってしまう。

DV.aviが24M、ベータカムが26Mだった気がしたので、

スペックだけ見るとあまり変わらないようですが、HDVの分かりづらさはここから。

なんと、21Mで書き出した.m2tの1080iのHDVファイルは、サイズダウンして書き出した

640x480のDV.aviファイルよりデータがほんの少し軽いのです。

これは、aviフォーマット(bmp)かm2t=mpeg(jpg)の違いということのようです。

画面サイズは4倍なのに、最終データサイズは同じとはこれいかに。

そういうわけで、見た目が高精細であればいい。デジタル一眼と同じかな

jpgデータでも、解像度300dpiに設定した1200万画素の画像のほうが、

BMPやTIFFで書き出した500万画素、解像度72dpiの画像より美しい。

数字上のスペックは関係ないということです。

BLT-03の表紙のカメラはSONYのR1というカメラなのですが、

見た目より印刷が暗い。

700万画素相当のサイズなので大きさは十分なのですが、

jpgエンコードが印刷に適していないようです。

デジタル一眼は印刷を前提として画作りがされているようなので、

モニターで出すよりも、印刷したほうがきれいなのかなあ。

最終出力用の画像は100万画素相当のサイズに縮小をかけてしまうので

素子サイズなんて関係ないかと思っていたのですが。

注)デジタル一眼なんかのサイズそのままで印刷屋さんに出すと、
巨大すぎて断られてしまうのです。
ですから、縮小をかけます。

|

« DMC-20 | トップページ | 新作ができてきた »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

すいません
HFD-02 女子校生鼻フック奴隷360 椎名りくさんの
sample は、いつごろupのよていでしょうか?
鼻フックして笑いながら口のまわりのザーメンなめてるシーンたまらないです

よろしくお願いします

投稿: | 2008年12月 9日 (火) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DMC-20 | トップページ | 新作ができてきた »