« AVと映画の音の違い | トップページ | 車社会は終わったのか »

2009年2月17日 (火)

HDVはフルハイビジョンではありません

HDVはDVとDVCAMと業務機の壁を取り払ったと書きましたが

実はHDVは放送機器との越えられない壁も作ってしまいました。

民生機(電気屋においてあるやつ)

業務機(今は民生機のプロ版プロ用の安いやつーDVCAMとか)

放送機器(TV局で使っている予算無制限の機材、ベータカム、デジベタ)

というのがそもそもありまして、HDVは

民生機=業務機(HDV。違いはマイクとレンズ程度)

放送機器(HDCAMはじめフルハイビジョン)

と二分化しています。技術の進歩で民生機のほうが業務機より使いやすい?

じつはこの業務と放送の壁も至極怪しい。将来なくなるかもしれない。

業務機のHDV

テープレスのデータ使用機材(XDCAM)

放送機器(BDに記録とか)

と、ごちゃごちゃしてわかりづらい。

フルハイとHDVの違いよりも、カメラのレンズやCMOS/CCDで

画質が決まっている感がある。

再生デッキも編集機器も変わってしまうので、使うほうにとっては大問題。

業界人が「プロ用」というときそれは「放送機器」をさします。

レンズひとつとっても価格も10倍以上、あらゆるものがぜんぜん違います。

コンデジと645デジの違いといえるか。

ビデオだと、昔はコンパクトデジだったものが今は

デジタル一眼のD3Xになったといったら表現できるかな

D3Xと645デジの違いは、あまりわからないでしょう。

HDVとフルHDとの違いもそんな感じで、フォーマットよりレンズや筐体で

左右されている感がある。素人目に画質差はわからん。

業務機は安い機材で妥協しているという感覚もありますが、

本当は、撮影~DVD製造まで一貫して予算も手間も

フォーマットも時間もメディアまでダウンサイズできる機動性の

高さから業務機を使用します。なんでも自分ですぐに安く出来る速さが売りです。

テープは最悪コンビニでも手に入る。電池も持つ。

制作会社だと、予算の都合だけで使用しているところが多いかもしれませんが

納品先も、楽なはずです。

だから業務機の画質が放送機に近ければ、それは機動性が高いほうがいい。

HDV。これはハイビジョンであってハイビジョンではない。

ハイビジョンはフルハイビジョンのことを言います。

だから本当はフルハイの業務機を出すべきなのでしょうが

フルハイビジョンを楽しめるテレビすら、まだ殆どないです。

放送もフルハイ機材で撮影~放送までちゃんとやっているのはNHKだけ。

規格開発者だから当たり前でしょう。

他の局はもうDV、HDV、HDCAMの使い分けです。

ジオングと、ニューガンダム、SPEEDまで入り混じり状態。

それぐらい高くつく上に将来フォーマット変わりそうだし、

固まってもいない。

当面は、機動性と価格、DV互換性で、HDVを使用する。

だから、HDVの性能の底上げで、TVの電気代もかかる今のフルハイは下火に

なる可能性があると汁王さんは考えています。

フルハイのスペックダウンのようなもので妥協するのでは。

だから、HDVで行きたいのですが

それでも高画質すぎて撮影がとにかく大変。

性能が上がりすぎてピーキー。

ちょっと照明が変わると飛んでしまう。手ぶれもビンビン。

DVDにすると白飛びしたり。BDだとOKとか。

HFD-02 の椎名りくちゃんはかなり工夫しています。

HDVアダルトのスタンダードといってもいいと思います。

でも、テープHDVはあれがあるんです。ドロップアウト。

ブロックノイズじゃない。ブロック部分がテープに記録されない。

だから、不自然なカット割のようにこま落ちが起こる。

キャプチャエラーもあり、困ることだらけ。

だからテープレスが進んでいるのだと思います。

SDメモリーカード32Gを4枚も差し込んで、そこに記録したいんですよ。

つなぎが悪ければスイッチすればいいので。

テープチェンジもいらない。16Gで1時間。32Gで2時間くらい撮れる。

HDDならもっと転送も速いはず。160Gで10時間。

テープデッキ部をごっそりHDDに入れ替えれば、miniDVサイズの

HDDはあるのだから、出来るはず。

これはショックや電気ショート一発でデータが全部消えてしまうのが

まだ不安なんでしょうねえ

なら一回記録したら記録しっぱなしのテープメディアや

BDメディア記録がいいのだということになります。

HDDのメディア記録をテープやDVDと同様に出来るかどうかが問題ですね

今のミルキーの完成テープはHDDへのデータ記録に徐々に切り替えています。

完成テープを金庫に保管することはなくなり、

BDや、どこかネットワーク上のサーバーに保管しておくことも可能です。

カビに悩まされることはありませんが

取っておくべき物かどうかのよしあしは、わかりません(笑

|

« AVと映画の音の違い | トップページ | 車社会は終わったのか »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AVと映画の音の違い | トップページ | 車社会は終わったのか »