« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

blu-rayイメージのテンプレにしてみた

雨が多いですねえ

今日は雪

花粉症が遠のいてうれしい。

m2tというファイルがすこしわかってきた。

扱えるツールが少ないのと、テープの制限がないので、

なかなか理解しづらかったのだけれども、

やっとわかってきた。

どんどんテープレスに。でも転送が遅すぎる。

1993年、FDは1Mのファイルがやっと、

1999年、CD-Rは640Mで画像だけ

2003年、DVD-Rは軽い動画でなんとか

2008年、BD-Rはハイビジョンの無圧縮は2時間くらいが限界

どれも容量に比して転送速度が遅すぎる

で、今は外付けHDD。これは容量が1Tまである。

でもこの転送はUSB2.0が汎用。内蔵のSATAより転送には

時間がかかる。

これじゃテープレスの物理転送は追いつかないので、いずれもっと早いのが

出てくるのは間違いない。USB3.0がSATAより早いといいなあ。

BDMVのオーサリングも早くなってくれないと。

m2tは意外と使いやすくて、BDもDVDも作れるから、

これをバックアップしていくことになりそう。

完成テープの再キャプチャから開放される。

QUADコアはまあまあよくて、結局メモリ、OS、マザー、編集ソフトの

バランスが取れれば、QUADを上げて電気バカ食いさせなくても動きそうです。

windows7でraid実装、メモリ8Gにしたら、HD環境はかなり改善するのでは

この辺から、パソコンは高速、省電力高効率の時代になるのではと思います。

省資源減税が今日通った予算案の中に入ってる。

省資源マシンを買ったら、一括償却ということ?

してみると、テープをやめて高性能HDDに保存するなら、

省スペース、脱石油燃料のシステムなら30万以上でも一括償却してくれると

言うことかな?

ハイスピードモザイク機が導入できるかなあ。

HDCAMEXという放送カメラはテープレスになったのですが、

これだと取り込みデッキもテープも必要なくなるので、省エネ、省スペース。

これも落ちるかなあ。ぜひ検討したい。

Czm201 Czm202 Czm203 Czm204

Czm205 Czm206 Czm207

渡瀬晶さんのCZM-02。これは発売当初は寸評いまいちだったのですが、

一つ一つのシーンがよくできていて、

いわく、思い出に残る発射シーンが随所にある作品。

一撃一発と、濃い発射がバランスよく入っている。

おかげで最後のぶっかけの影が薄くなるほどに。

たまに問い合わせがありますが、片面二層の

再プレスはなかなかできないので、復刻は勇気が要ります。

復刻とか再販とかあらかじめ考えてうちはDVDを作らないので。

そのとき最高のものが出せる環境があれば、ベストを尽くしたい。

後で不都合が起きようが、満足してもらえれば。

商売っ気がないのかあるのかよくわかりませんが、

アダルトDVDはほぼ100%委託販売になってしまったので

すこし売れなくなると旧作がどんどん回収されていきます。

で、amazonやオークション、中古が盛況となります。

セル勃興期には需要があるのに回収騒ぎが起きたりして、

お客さんの方に商品を早く確保しておこうという意識が

強かったのですが、

最近は悩んで手を出さないでいるうちに、廃盤で無くなってしまった、

という事態が起こります。

ダウンロードで満足できればいいのですが、DVD製品でなければ

安心できない、という方や、新しくセルの世界に入られた人は、

ビデオと違って一枚単位では生産できないDVDの短所を

味わってしまうことになりそうです。

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

ブルーレイ、じわっと売れる

汁王子君が最近奮闘してくれています。感謝

最近やる気のない若者ばかり見ていたので新鮮です。

タイヨーさんといろいろやってました。

一ヶ月くらい折衝して、最終利益19円。とりあえず19円。

それもサービスしちゃった。売上0。ここだけ見ると彼の汗は無駄に終わってる。

今の人は目先の金ばかり追うので、こういうことがなかなかできない。

後でよい方向に向いてくれればいいですね。

今は暖簾に腕押しで、何をやっても駄目。これはつらいけど、

あとで「あのときよりはましだよ」と彼自身がどこかで

もっと若い人に言えるようになるかもしれない。

よかったのは、ミルキー内部のいろいろな問題点をあぶりだせて、

バグつぶしを出来ていること。

今はPSD03の写真をセレクトしてくれています。

出来上がり次第販売開始。

いぶきちゃんファンはもうすこしお待ちください。

一ヶ月に10日くらい来る情報技術部長は、すごい。

3日で2か月分の仕事をする。

モザイク主任は、優しい軍曹ですか

顔は鬼軍曹なんですが

モザイクの質は向上しています。もっと早くは、禁句ですが(笑

隠れキャラのバイト君もいる。この人は、面白いですよ。

無修正が大好きらしい。でも現場は嫌い。見るとやるとは大違い(笑

共通点は、みんなまじめな人。

類は友を呼ぶのかなあ

ザーメン物って言うのは不真面目を絵に描いたような人たちが

推進していた感があるのですが

やまだちんもなんとか一緒にできないかいろいろ考えていますが

恐慌のせいでハングアップしている。

ミルキーキャットドットコムというのはヤクザですか、と聞かれたりするのですが、

まあね、あるともないとも?

汁王さんが意外とアナーキストなので、最初汁王子はかなり驚いたようです

事業主税払うとみんなそうなりますよ。

最近レンタルでブルーレイを集中的に借りています。

やはり、あるとBDの方を借りるようになった。

慣れたら、戻れない。

不景気でみなさんダビ10デッキやPS3を安く買えた方が増えたのか

すこしづつ注文が。

マニアモノのBDはちゃんとプレスすると1万円くらいになってしまいますから

1000円下げるのはどうかと思ったのですが

やはりソフトが効率化したのに価格を据え置くわけには行かないですから。

3月に円高が無ければ4月に景気が戻る可能性があります。

余裕ができたら一度見ていただければ。

| | コメント (2)

2009年2月25日 (水)

DVD40%OFFセール終了します

忙しくていろんなことをやってなくて、

サイト見直しをしています。

DVDのセールもそのひとつなのですが、

なぜ放置しているかというと、お客さんが買いやすければ

こちらが安い方がいいだろうということで、

在庫がある限りはとほうっておいたうちに本当に忘れていた(笑

本日在庫チェックをしていたら、完売したり、在庫調整してしまったものがあり、

旧作をコンプしているお客さんなんかも出てきて、

そういう古い作品を見つけてしまった場合お店の価格とも乖離が生じてしまって

安くなりすぎてしまうので、

2009年3月15日をもって終了します。

40%オフセールのことですよ(笑

在庫数に応じて15%から20%オフセールは継続します。

で、ウチにもなくなってしまった旧作なんですが

[都内(品番など細かいことは要問合せ)]

タイヨー新宿店さん

たちばな書店秋葉原/西新宿/池袋

VIDEO MAX 初台店/調布店/神奈川鶴ヶ峰店

関西

岡山ブックメイト福江店

さんは昔扱っていただいていたのであると思います。

BBD-07この名作もいつのまにか残り数枚。いまだにネタになります(笑

この価格で片面二層の豪華版

001_3 002_2 003 004

005 006 007

BBDはもともとブルマー緊縛なのでまた作ってもいいんですが、

似合う女優さんがなかなかいません。

倉本安奈さんや君嶋もえさんのような神がかりな女優が

出てくると、作る気になります。

ただ10月からの金融危機の影響がこの業界もひどく深刻で、

お店によっては売り上げ7割減

メーカーも50%減など、どこもひどい状況で

モデルプロの営業を見ると撮影が各社減少しているようです。

この業界出荷数を売り上げとカウントしたり、利益率を複雑な計算で

わからないようにしているところもありますから、

そういうところはそもそも利益率すら正確にわからないのですから、

こういうときには損益率もわからないのではないかと思います。

うちもご他聞にもれず冬はもちろん、春の撮影資金まで無くなってしまっており、

男優募集はすごくたくさんいただいているのですが、

社員の給与や家賃を滞納してまで撮影するわけには行かないので、

お知らせするのは夏か、下手をすると秋まで一本も撮影しないという

事態になりそうです。

| | コメント (0)

2009年2月24日 (火)

ニュースキャスターは偽善が商売

いやあすごいですね。

これ以上ないというくらい暗いニュースの連続

ニュースの方も悪者にされては困ると思ったのか、

トップニュースはなるべく経済や政治と関係ないものを持ってくるように

苦心していますね

いろんな問題を突き詰めていくと結局自分の問題になるとわかったのか

映像制作の現場という最前線では20そこそこの若者が寝ないで働いて、

殴られけられ貶されて月に自分の年齢分ももらえるかどうかというのが

TVや映画などの映像業界。

局側の正社員は東大や早稲田慶応の学閥が幅を利かせ、

プロデューサーや局側の人間は最前線の兵隊を睥睨しながら

年収2000万もらって合コンや豪遊。

タレントはさしずめ用心棒か。広報効果、利用価値が無くなれば切る。

議員さんも同じかな。4年おきにテストがあるのでそこで勝てないと、ね。

現場の人間は決して局にはなれない。制作会社の社長で独立して、

制作費を落としてもらうよう日参営業する運命になるのがオチです。

放送法のようなもので既得権を構成し、外部参入不可にする。

この壁は封建制度そのものなのに、新聞とTVとラジオが結託しているので、

なかなか具体的にいえない。

インターネットという放送法に縛られない業種が出てきて、問題点が

わかってきた。

AV業界も、現場は似たようなものですが、

アダルト業は意外と景気がよかったので、ADが寝ないで働いても

その辺のサラリーマンの倍は稼げていた。

男優はサラリーマンの3倍から4倍、女優は10倍以上。

できる人が限られるので、暇になって人がやめると、

次に景気がよくなると足りなくなってバブルが来る。

その繰り返し。

女優はレンタル/セル/ネットと媒体がよりハードで怪しい方へ変わるたびに

スターがいなくなっている感がありますが

AVのプロデューサーに、具体的な仕事はありません。

現場の監視員、お金配り、メーカーのアンケートや制作会議の意向を

監督に伝える、くらいですか。現場監督と意向が違っても、

そこでケンカになるくらい押し合うことはまあ、まず無い。

男優さんはチンポコが立つか立たないか、絵になるかならないか、

女優さんも同じで看板になるかならないか

と普通の人間とは違うタレント要素がありますが、

メーカーの人間は元請/下請けの関係しかなく、

その違いは放送法でもないので、実はメーカーには誰でもなれる

可能性があります。

制作会社で下積みをしたひとは、AV業界にも放送法のような

人間では超えられない不文律があるものだとなんとなく信じているところがあって、

どんないいものを作っても、結局売れなくしてしまう

目に見えないあやしい神通力があると疑っている人が多い。

だから、AVの制作会社に入って下積みをしたひとは、いろんな業種をやっても

結局下請け制作会社の社長監督を頂点と信じる傾向がある

自分が見た限界がそれだけだから、とはなんとなくわかっているのですが、

安心感を求めてしまうのでしょう。

そういう人に限って、その地位につくと天下を取ったような顔をして、

下積みの人につらく当たってストレス解消をする。

かくして、下請地獄が増幅されていくわけです。

メーカーにいたときの汁王さんを知らない人は、制作会社が

背伸びしてメーカーをしているように見るであろうし、

メーカーの中にいた人は、メーカーから制作会社をみるような

視点で見ている可能性もあります。

女優さんからみると、男優として見られるであろうし、

男優仲間から見ると、転職背伸び男優みたいに見られます。

取引をしている会社の人から見ると、社長としてみるのであろうし、

通販部に電話してきたお客さんからすると、ただの電話番に見えるでしょう。

(たまに気づく人がいますが)

汁王さんは階級固定がいやなので、このように見る人の環境によって

キャラクターが変わるのをとても面白いと思っています。

でもそれぞれ、視点が変わるときがあります。

メーカーならメーカー同士でそこそこの金額の取引が成立したとき、

下請けは下請けが満足する金額を発注したとき、

男優は使ってもらったとき、

女優もダクションも継続的に契約したとき

つまりお金でカンタンに視点が変わる人々が多い。

だからAVは伝統的に現金契約なのです

20歳くらいの女の子は一晩考え込むと気が変わることが多くて、

即現金化、というフレーズが非常に効きます

いやらしい話ですが、これは仕方が無い。

だからといって100万、200万、300万と自分から

値段をつけようとする人は総スカンを食う。

値段を吊り上げ始めたら、汁王さんはbidを降ります。

このブログも相対しないで自由に書いているので、

商売をしたことの無い人には税制なんかわからないであろうし、

AVにしか興味の無い人はワインの話は退屈かもしれません。

粗利売上の5%の預かり消費税を納めたことの無い人は

自分のお小遣いの5%の消費税ぐらい、と思うでしょう

政治や経済の話で検索してきたらAVの変態話ブログで?と思う人もいるかも

してみると、年収数千万円もらいながら

自分と庶民を重ね合わせるようなニュースキャスターのように

偽善とみなされる可能性もあるわけです。

でもそれはそれで面白いのでは

突然このブログが終わったら、億万長者になったときかもしれないですね

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

フリーメールでも決済できるようになります

会員エリアでの不正利用がかなり多かったので、

フリーメールでの決済はほとんど禁止しておりました。

ところが、昨今のヤフーなどISPサービスの変更や多様化で、

いままで使うことのできていたメールドメインもフリーメールとして使用できたり

その逆もおきたりして、かなり多数のアドレスがフリーアドレスとして

ETのサーバーに登録され、決済ができなくなってしまいました。

いくらなんでもこれでは不都合なので、見直しをして、

フリードメインでも決済ができるよう処理をしました。

ただyahoo.com、hotmail.comは使用できません。

それ以外はフリー/フリー以外と区別の難しいものについて、

利用できるようになっていると思います。

ミルキームービーのジャンルわけページ、英語フランス語ページについて、

一部仕様変更を行いました。

新作情報を載せたいのですが、あまりに忙しくて

整理ができません

長谷川さんのもえMoeぶっかけはFB-07として発売しようと思っています。

が、まだモザイクのチェックにも入れません。

| | コメント (0)

2009年2月21日 (土)

休日出勤

ミルキームービーでSMK-02のダウンロードがおかしかったので

修正しました。

ついでにDMC-02を公開しました。

あと、ミルキーキャットの商品が60店舗ほど追加で置かれるようになります。

結構大きいお店で入っていなかったお店でも

置いてくれるようになります。

全部で860店ほどになりますので、

宜しくお願いします♪

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

進化のピーク

技術進化にはピークがあります。

そこを過ぎるととたんに進化のスピードが落ちて、製品が似通い魅力が無くなる。

バイクは私も好きなんですが、今のバイクはツーリング重視で専門外。

ハーレーと日本車が競うと、日本ではビッグスクーターになったように、

進化して、今はまだその途上

96年ごろが内燃二輪車の技術的ピークだったような気がします。

80年代のバイクはまっすぐ走るか、コンパクトにまとめて小回り優先か

どっちかに偏っていた感じ。

オンロードだとNSR50

オフロードだとKDX200SRというバイクが出て、一気にツーリングからレースに

進化が進んだ。

ただのツーリングトレールが、モトクロスフレーム、倒立サスが付いて

モトクロス的な進化に変わった。

どのメーカーも落としどころを探して、いろんなバイクが出ます。

草レースも盛んになります。

それにあわせて、レーサーレプリカの進化が早くなる。

みんな曲がるのか、まっすぐなのか、パワー優先なのか考え方が違うから、

形も走りもばらばらで、ニューモデルが出るのが実に楽しかった時代。

TZRの後方排気なんて、まんまレーサーだし、RMX250なんて、

バッテリーも積んでないほぼ逆輸入車

ここまで来ると使える人間が限られる

結局、オンロードは2ストの終焉と規制で進む方向がわからなくなって、

リッターバイクに振り回されてしまう。

こうなると輸出ビジネスの発言力が大きいので、目的は売り上げに左右される。

言い方を替えれば、これ以上進化しても劇的な変化が期待できなくなったともいえます。

250や400という分野ではこれ以上やっても素人が扱えない

オフロードもCRFや非レーサーのXRという新しいフォーマットに進みだす

4ストリッターバイクもいろいろ考えられましたが、

レーサーなら2ストの進化限界のままだから形も走りも似通って、

どのバイクもあまり変わらない。タイヤの違いが一番大きいとか。

それ以外ののりやすさ、を考えだしたら、ハーレーと方向がかぶってしまった。

ハーレーはじめとするツーリングマシン市場が今度は拡大していった。

2ストの終焉が、開発そのものの方向を変えてしまったのだけれども、

スポーツフォーマットはもうピーキーすぎてその先が無かったんじゃないか

と考えるのです。売れなくなったから、とも言うかもしれませんが。

今乗ってもCRMやRMXは面白いし、KDXなんかは曲がりづらくて

ああ、こんな欠点があったのか、まだ途上だったのか、と実感できる

パソコンも2007年がピークだったのでは?

quad以上は本当に「みんなに」必要なの?

デスクトップはビジネス上、売れなくなったので全部ノート化してしまった。

チップもマシンもコンパクト、省電力がもてはやされる。

電気をバカ食いするquadが本当に必要なのはハイビジョン編集。

600Wぐらいの電源と冷却能力がないとハングしてしまう。

より多くの電気を食わせるためにcore2という省電力を開発して、

フォーマットを変えてcore4や8に進化していくのか

400Wでcore8とか動くようになったら、ある以上はだれもその処理能力を

使い切れない

そうなったら、その技術は、下火になってしまうか、もっと省電力へいくのか

フォーマットを変えざるを得なくなってしまう。

個人レベルで必要な人がアダルトビデオのモザイクいれする人だけなら、

需要が低すぎますからね。コピー制限が多いハイビジョンは編集を楽しむ

素材とも思えないし。

ここが、技術的ピーク。進めるのだけれども行き詰まりそうで進む意味が無い。

河岸を変えて出直そう、となる部分。

自動車はさしずめ2008年。

AVは2007年。レンタル女優ビジネス限界、モザイクモノの限界。

ドラマ重視ハリウッド映画は75年。

特撮CG映画は2006年。

今は特撮が安くなって米のTVドラマが面白くなった

日本のTVコンテンツは2005年、6年?ブロードバンド限界速度を出したとき。

あるいは2009年?広告費が減って番組がひな壇モノしか作れず、

女性タレントの卵はデビューすら危うい。着エロも行き詰まり。大変だそうです。

他に河岸を変えて出直せればいいのですが。

| | コメント (5)

2009年2月18日 (水)

車社会は終わったのか

去年はガソリンがどんどん上がって、2013年ぐらいまで高くなって、

ガソリン車の終焉とともに暴落と思っていたのですが、

そのサイクルがたった半年できてしまいました。

6年ぐらいかかるかと踏んでたんですが。

100ドルから上の原油高はベアスターンが3月に注入された公的資金で

最後の大博打を打ったからだ、とか

今になって出てきていますが

とにかく今は安い。まあそれはよい。サーチャージ終了!

問題は車が売れないということです

世界中で車が売れない。だから不景気といってもいいでしょう。

日米欧どこかで車さえ売れていればこんな状況にはなっていない。

自動車というのは原価が結構安くて高く売れる。

キャベツ一個とは利益率が違いすぎる、それが農業とのビジネスの違い。

その間にさらにいろんな産業や工場を挟みこむので、

車工場があれば現代都市が一個作れる。これは他の産業ではなかなかない。

原発は中間産業は育てませんからね。

かように自動車は雇用、産業、教育、消費のピラミッドを作ってきたわけですが

これが崩壊してしまった。

原因はアメリカの景気後退と言われていますが、

アメリカ市民がバブル崩壊をきっかけに

「一人一台のガソリン車依存社会」に決別したともいえます。

いえ世界がガソリン車依存をやめるときにきたのでは

一人二台は無理!ガソリンもディーゼルもエタノールも

どれもCO2からは逃れられない。タイムアップ。他代替機関はありませんでした。

でも車は不要ではないんです。

数年のうちに、違う車に変わるかもしれない。

本当は10年ぐらいかけてじわじわ進めば傷が浅かったのですが

次のリソースも決まっていない段階で一気にメルトダウンしてしまい、

こんな状況なわけです

去年の段階で石油に代わるリソースが決定して、

さらにそれで走る車が出来ていれば、

却って買換え需要を喚起していたかもしれません。

短期的にはエンジンを載せかえれば済む話です。

だから、今は大変ですが、ここ数年のうちに

次のエネルギーが決まって、車のエンジンが

内燃機関なのか、モーターなのか、サイズは、重量は、マウント形式は?

はっきりすれば莫大な需要が生まれそうです。

現在内燃機関にぶら下がる産業が多すぎるので、

内燃機関以外は困る、という利益闘争がこういう状況に

したのかもしれません。儲かってればやめられないですし。

廃業するのは車関連が最初。次に彼らが消費していた産業。

安い食事やDVDならレンタルに流れる。これが今

次はどうなるでしょうか?

実際人間は低所得でも死なないもんです。

職はどっかにあるし、資格なんか現実役に立たないし。

環境の変化に耐え切れないと、暴走する人もいるでしょうが。

正直、人口減や産業構造の変化の底が見えてくると今まで

押さえつけられていた消費が爆発する可能性もあります。

消費税が3%に戻れば、上昇パワーはバブル並みになるでしょうか

いまの状況が一番困るのは、国です。

今後数年間税金が取れなくなるから、公務員が養えなくなる。

失業率は上げられないから、公務員は、給与カットをするか

カットしない代わりに国民にも公務員にも公平に消費税を負担してもらうか。

消費税を上げるということは、自分たちのカットを先送りするということと

同義だと思えて仕方がありません。

これは、カットを決断した大阪府に結論を出してもらいましょう。

国は遠慮なく国債を発行するでしょうが、一年後には

相当困った事態になっていると思います。

だからといって今をしのいだわれわれの生活が

落ちることはないと思います。

税金なんて、低所得者からは取り切れないですから

先日つい渋滞していて、車で携帯をつかったら、おまわりさんに追いすがられて

切符を切られてしまった。

いくらなんでも自転車で何十メートルも追いすがって

取り締まるとか、え?と思ってしまった。

車線変更も、携帯も、前席シートベルト、後席シートベルト、

飲酒ならともかく、「ついうっかり」が微塵も許されない気の抜けない運転。

これではおちおちのんびり運転も出来やしない。

おそろしいくらい管理、いや監視国家になってしまった気がする。

夏にもそんなことがあった。つまらない車線変更で取り締まり。

車が少なくなってくるとこういう重箱の隅つつきが始まるのか?

なら、おまわりさんの給料も払えなくなっているのだろうか。

来年は道を歩いていても、難癖つけて罰金はらわされそうな気がしています。

きまりは大事なのはわかりますが、

こんな世知辛い自動車社会では、もはや若者は

スポーツカーで颯爽と走ろうとは思わないでしょう。車が売れないわけだ。

いつもビクビクして、周りに目を光らせながら走らないと

何を言われるのかわかりません。

結局、行き過ぎた禁止や取締りは、

若者の自動車離れや裁判社会を助長するだけになってしまい、

禁止事項の破戒はストレスの裏返しだとしたら

いずれおおきなおおきな暴力的反動になってくるのではないでしょうか。

こればかりはリーダーが国のあり方を変えてくれるのを待つばかりなので、

われわれは自分の仕事をするしかないようです。

私にやれといわれてもⅠ国でも六大学でもないですしね

| | コメント (6)

2009年2月17日 (火)

HDVはフルハイビジョンではありません

HDVはDVとDVCAMと業務機の壁を取り払ったと書きましたが

実はHDVは放送機器との越えられない壁も作ってしまいました。

民生機(電気屋においてあるやつ)

業務機(今は民生機のプロ版プロ用の安いやつーDVCAMとか)

放送機器(TV局で使っている予算無制限の機材、ベータカム、デジベタ)

というのがそもそもありまして、HDVは

民生機=業務機(HDV。違いはマイクとレンズ程度)

放送機器(HDCAMはじめフルハイビジョン)

と二分化しています。技術の進歩で民生機のほうが業務機より使いやすい?

じつはこの業務と放送の壁も至極怪しい。将来なくなるかもしれない。

業務機のHDV

テープレスのデータ使用機材(XDCAM)

放送機器(BDに記録とか)

と、ごちゃごちゃしてわかりづらい。

フルハイとHDVの違いよりも、カメラのレンズやCMOS/CCDで

画質が決まっている感がある。

再生デッキも編集機器も変わってしまうので、使うほうにとっては大問題。

業界人が「プロ用」というときそれは「放送機器」をさします。

レンズひとつとっても価格も10倍以上、あらゆるものがぜんぜん違います。

コンデジと645デジの違いといえるか。

ビデオだと、昔はコンパクトデジだったものが今は

デジタル一眼のD3Xになったといったら表現できるかな

D3Xと645デジの違いは、あまりわからないでしょう。

HDVとフルHDとの違いもそんな感じで、フォーマットよりレンズや筐体で

左右されている感がある。素人目に画質差はわからん。

業務機は安い機材で妥協しているという感覚もありますが、

本当は、撮影~DVD製造まで一貫して予算も手間も

フォーマットも時間もメディアまでダウンサイズできる機動性の

高さから業務機を使用します。なんでも自分ですぐに安く出来る速さが売りです。

テープは最悪コンビニでも手に入る。電池も持つ。

制作会社だと、予算の都合だけで使用しているところが多いかもしれませんが

納品先も、楽なはずです。

だから業務機の画質が放送機に近ければ、それは機動性が高いほうがいい。

HDV。これはハイビジョンであってハイビジョンではない。

ハイビジョンはフルハイビジョンのことを言います。

だから本当はフルハイの業務機を出すべきなのでしょうが

フルハイビジョンを楽しめるテレビすら、まだ殆どないです。

放送もフルハイ機材で撮影~放送までちゃんとやっているのはNHKだけ。

規格開発者だから当たり前でしょう。

他の局はもうDV、HDV、HDCAMの使い分けです。

ジオングと、ニューガンダム、SPEEDまで入り混じり状態。

それぐらい高くつく上に将来フォーマット変わりそうだし、

固まってもいない。

当面は、機動性と価格、DV互換性で、HDVを使用する。

だから、HDVの性能の底上げで、TVの電気代もかかる今のフルハイは下火に

なる可能性があると汁王さんは考えています。

フルハイのスペックダウンのようなもので妥協するのでは。

だから、HDVで行きたいのですが

それでも高画質すぎて撮影がとにかく大変。

性能が上がりすぎてピーキー。

ちょっと照明が変わると飛んでしまう。手ぶれもビンビン。

DVDにすると白飛びしたり。BDだとOKとか。

HFD-02 の椎名りくちゃんはかなり工夫しています。

HDVアダルトのスタンダードといってもいいと思います。

でも、テープHDVはあれがあるんです。ドロップアウト。

ブロックノイズじゃない。ブロック部分がテープに記録されない。

だから、不自然なカット割のようにこま落ちが起こる。

キャプチャエラーもあり、困ることだらけ。

だからテープレスが進んでいるのだと思います。

SDメモリーカード32Gを4枚も差し込んで、そこに記録したいんですよ。

つなぎが悪ければスイッチすればいいので。

テープチェンジもいらない。16Gで1時間。32Gで2時間くらい撮れる。

HDDならもっと転送も速いはず。160Gで10時間。

テープデッキ部をごっそりHDDに入れ替えれば、miniDVサイズの

HDDはあるのだから、出来るはず。

これはショックや電気ショート一発でデータが全部消えてしまうのが

まだ不安なんでしょうねえ

なら一回記録したら記録しっぱなしのテープメディアや

BDメディア記録がいいのだということになります。

HDDのメディア記録をテープやDVDと同様に出来るかどうかが問題ですね

今のミルキーの完成テープはHDDへのデータ記録に徐々に切り替えています。

完成テープを金庫に保管することはなくなり、

BDや、どこかネットワーク上のサーバーに保管しておくことも可能です。

カビに悩まされることはありませんが

取っておくべき物かどうかのよしあしは、わかりません(笑

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

AVと映画の音の違い

ブルーレイで音が違うとか言ってますが、ただ違うと書くと

それで終わってしまうので一言

映画の音は基本「ライトセーバーと爆発音偏重」です。

これは地鳴りの様な低音の迫力を出すため

TVの音をオーディオ用のスピーカーから出すと高音が硬すぎて中音がなく

聞けたもんじゃありません。ので、TV内蔵スピーカーを使うと

疲れずに聞けます。(TVの内蔵SPは大体フルレンジ)

映画は大雑把に言うとこの高音部を落とすのです。

テレビを「聞く」と、SEや音楽より、人間の声だけやたらと浮いて

聞こえるのはそのためです。だから好まないCMや番組を傍で聞いていると

イライラしてしまう。映画を副音声(原音)でTVで聞くとセリフが小さく聞こえます。

英語がわかる方ならよくわかると思います。

くぐもって、よく聞こえない。あなたのヒアリングが低いわけではなくて、

もともと高音を落としてある

だからハリウッドDVDはサラウンドなんか使わなくても、

出来のよい2chで十分楽しめます。
(余談ですがJBL全般、TANNOYの安いやつがいいです)

5.1なんか下手に入れたら他のソースを聴く時却って問題が出ますよ。

故長岡鉄男翁の連載を汁王さんも読んだ口ですが
(当時は貧乏だったのでステレオ誌バックナンバーを図書館で読破(笑)

オーディオでは、TVの音を「生々しい」と表現します。

AVにはこの「なまなましい」音がうってつけなのです。

だから、録音方法でなにもかも違ってしまいます。

AVの録音方法は3つ。

1、VX2000など民生機カメラのステレオマイク

2、PD150などVX2000の業務機についているモノラルガンマイク

3、音声さんが付いてガンマイク差し出すTV放送式

3は予算も人員もかかるのでレンタル物ぐらいでしか使いません。

使ったからといって抜けるシーンではあまり威力を発揮しない

なぜなら引きでもアップでもカメラの距離に関係なく音をフラットにするためです。

賛否あるでしょうが、実はAVでは1が一番よいとおもっています。

これはVX-1というカメラの登場ですべてが変わってしまいました。

小型カメラが三脚から離れて部屋でも外でも縦横無尽に飛び出したためです。

これは撮影どころか、VX1000というカメラへの進化でAVそのものの

作品傾向まで変えてしまいました。

見ている人が自分で好きなものを取ることが出来るようになり、その

生々しさが受けたためです。それがセルビデオ。

視聴者が正座してありがたく見せてもらうべきものだった、映像が、

視聴者が見たいものを、これ、といって主体的に提示できるようになった。

これはTVとインターネットの違いにもすこし似ています。youtubeでさらに進んでいる。

だから、カメラマンは素人でも撮りたい映像がはっきりしていればよく、

音声はアップならぐちゃぐちゃ音や吐息がはっきり聞こえているほうがいい。

監督=カメラで映像制作に集中できるのがいいところです。

引きで男の声やスタッフの声がチラチラ入ると困るので、引きはすこし落としたい。

民生機ならステレオ音声だし、高指向性だし、マイク雑音トラブルとかも

ないし、20倍ズームとかでなければこれは都合がよい。

しかしHDVのようにフォーマットが切り替わってしまうと、高画質の業務機を使いたい。

で、応急的に業務用モノラルマイクを使うわけです。

昔のDVCAMはそうせざるを得なかった。10万払って機材+音声さんを雇い、

リハーサルをして時間を何倍も無駄に使わないためには、それしかないから。

DMC-18は業務用のどでかいDVCAMを使用しましたが、

やはり動きに制限が出た。

音声はまあまあ。男の声が聞こえないので

最初の頃はよく使ったんですが。

DMC-06、07の屋外ではVX2000が大活躍。

この音の生々しさをもっと伝えたかった。

でも集団の周りの音も全部入ってしまう。

いろいろ苦労したんですよ。

今はどうでしょうか?

HDVはDVCAMとDVと業務カメラの壁を取り払ってしまった。

DSR500以上の性能がサイズダウンで手の内に。

でもマイクは昔のまま。というか、

SONYさん、OEMのしすぎでしょうか。

最近のSONYは高級機ですら音声はコストカットの対象なのか、

すこぶる性能が悪い。レンズやズームの向上にマイクだけついていかない

代替品も「ほとんど」ない。つまり金を出せばいいというわけではない。

ここで3に戻る可能性が出てきました。

音声さんの仕事創出なのかなあ

でもマイク一体カメラに慣れた人にいまさら戻れとは無理な話。

そこで、ミルキーは工夫しました。

私の不注意で別の現場でトラブルになったのですが、今のところ大丈夫

でも今度は感度が高すぎてしまい、ボリュームが小さくなったり

そこでどうするか

編集ソフトの進化で編集時に思い通りのサイズとスピードで調整が利くのです。

ですからごっくんの音は、本当に撮ると首にマイクをつけても

なかなか取れないし、タイミングも見た目とは違うわけですが、

小さく取れたその音を、コントロールしてごっくんタイミングどおりに

その音でかぶせることが出来るようになりました。

ですから補完する方法もあります。

もっと進んでいくと、まったく違う音を持ってきて

ごっくんやぶっかけの音にエフェクトをかけれそうです。

これはどうなんでしょう?偽装なんですかね?

パッケージの修正も度が過ぎれば偽装になるのかもしれませんが、

今のところ元写真が同一人物であれば、

パーツを挿げ替えても偽装として問題にはならないようです。

AVはかように実体世界とはかけ離れているのが問題ですね。

官庁天下りどころかそれで成り立っているといってもよい業界なんですが、

あまりフォーカスもされないところをみると

この状態が居心地がいいんでしょうか

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

ブルーレイ検証

ブルーレイのタイトルが増えてきたので

ランボー最後の戦場とスターシップトルーパー3を見てみました。

最近の作品なので撮影もBD用にちゃんとしているはず。

うーむ。DVDとは確かに違いました。

特に音がすごい。

スピーカーにつなぐとよくわかります。

ドルビーデジタルよりもいい、というよりか

使えるデータ量が多いのだと思いますが

映画はアフレコ音声なので音声自体もエフェクトバリバリの擬似なので

AVとしてはあまり意味は無いのですが

映像はやはりベールが一枚剥がれた感があり、クリアーです。

SFXもそれほど浮かない。HDやBDを目的に撮影されているので

フォーマットの決まっていなかったハリポタより進化してます。

でも

でも問題が

120分間延々と人間が細切れになる音と映像が生々しく続く

特にランボーはひどい

ほとんどがリアルに人間がミンチになる映像の連続

ホラー映画を借りてきたわけではないのに

画像をクリックしてグロ画像を開いてしまったときのあの感じ

意図せずこうなったのだと思いたいのですが

痛みを見せるためにここまでやったのなら

ここまで続くのは逆効果ではないかと

考えて見ればランボーでM60とかでかい機関銃をぶっ放しても

人間には撃たなかったようですが

ここでは禁断の、というか、対戦車砲なみの機関砲で

機械でなく、人間満載の車両や集団の何もかもを

容赦なく破壊。一回ぐらいやりたかったのか。

つい悪ふざけが過ぎたのか

ブルーレイで見る映像がすごすぎて、演出とはまったく違う方向へと

誤解されてしまうと、これはDVDの方がよいのでは

で、いろいろ見たら、最近の映画もTVもガンガン人が死ぬものばかり

殴るけるだます傷つける殺すけなす差別する

そういう要素がない温まるものでラブコメ以外を探すのは一苦労。

子供にはとても見せられない

こんな番組にばかり囲まれて育った子供はいったいどんな人間になるんだろう?

われわれ80年代人は極大モザイク入りのAVに

15年以上囲まれて育ったためか知りませんが

ぶっかけや痴漢、フェチみたいな挿入行為とは縁遠い特殊な性行為に

興奮する人が多いような気がするのですが

ビデオ予約録画やCDで育った90年世代は他人をコントロールしたがったり、

同意とか得ずに顔射とかするのが好きなのだろうか

インターネットや携帯世代の00年代は傍若無人か、何でも受け入れる

メイドのような女性を求めるか、どこでも自分の部屋か?

子供の頃に触った利器によって感覚の違いがでるのでは

なんか関係がありそうな気がしませんか

話し戻って当たりさわりないブルーレイ、動物か宇宙か世界遺産しかないです。

ドキュメントしかないのか、イメージビデオのほうがいいのか。

あまりリアルに精液が見えてしまうと、

ゲイの方の方が楽しめるのかもしれないですね

AEBNはゲイも同列で出ているので、海外はすごいと思う。

| | コメント (3)

2009年2月12日 (木)

DRCのブーズロン

神の雫効果でワインが品切れとか。

あれはお得なワインがおおいので、それはそれでいいのですが、

個人的に好きなワインが手に入らなくなると困るので

あまりヒットしてほしくない気もします。

サイコドクターでお世話になる予定だった方なので

すごいなあとは思いますが

でいずれでてきそうなワインが

DRCのブーズロンです

Img10014352788 アリゴテはたぶん出てこないから他のでしょうけど

ロマネコンティのオーナーのヴィレーヌさんが一人でしこしこ作っています。
(今はお子さんがやっているようですが)

赤白5種類ぐらいあるのですが、とても安いのと、

正規輸入が2007年くらいからなので、すぐなくなってしまいます。

ブーズロンアリゴテはアリゴテなのでシャルドネに比べると劣りますが、

食前酒にぴったり。

アリゴテとしてはドーヴネが最高と思いますが、あれは見ることすらないので、
ドメーヌルロワに5000円出すなら、こちらでも十分おいしいです。

メルキュレもおいしいです。

ネットではないんですが、なんとうちの近くのスーパーに一杯並んでいます。

3000円くらいのワインなのでDRCの~と枕詞が着いたPOPが貼られる前に

見つけてしまうと買えますが・・・

でも、実のところそんなに血道を上げるようなワインではないかと。

飲んでみると、わかります。

DRCは足しもしない、引きもしない、DRCは昔からDRC。

モノによっては神の雫にもなるし、水のようなワインだったり。

それがよくわかります。

2005のDRC、各デパートの内覧会広告ですら見れなかった。

どこかにたまっているのなら

いずれ半額になって、買えそうな気がする

ユドロバイエがあれば、その方がいいけど、

数が無いし、買えるやつだと少し薄くて飽き易いので、他の新酒がいい

1万円以下のブルの赤ワインは実は新酒がおいしい。

C.ミュジニーは特にお勧め。

一年寝かせると沈んでしまうものが多いから、

新酒はとにかくわかりやすいのがいいところです。

今2006のエシェゾーなんかが金融危機の影響ですごく安く買える。

こうなれば下手な村名よりも、2006は特級一本がいいです

2007、2008はもっと安く買えるでしょうが06は05にもっとも近い。

だからもし5000円~10000円出せれば赤はすこし高くても今2005を買った方がいい

後世まではずさない、いつまでも思い出に残る特別な濃さ、味わいが2005には

高級ワインだけでなく、普段飲みの安いワインにもあります。

エシェゾー、しかも所有権が離れて07以降生産されていないもの

ともなれば、未来永劫手安価に手に入ることは無く、これは垂涎物です

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

約70リットル

小便風呂の容量ですが、今作では

約70リットルでした。

体液換算だと7万cc

精液ならざっと14000人分

ウチの風呂は120リットル

もう少しほしいけど人間が入るという前提なら80か90くらいでやめとかないと

あふれて滑って転んでしまう

煮えた小便でやけどとか、小便風呂で滑って頭打って救急車とか

最悪に恥ずかしいので男優の皆さんも気をつけてください

Dsc04242 Dsc04252 メガネは鼻フックで使ったので、使いませんでした

| | コメント (6)

2009年2月 5日 (木)

小便の長さ

今インデックスを打っているのですが

ものすごい小便の長い人がいます

なんと5分20秒間おしっこを出している

人間の限界ってすごい

Psd05 Psd06 この人

この人はレギュラー決定です

小便系は収録時間が短いです。

Psd07

小便風呂はこんな感じで着々と作られていきます。

男優さんですが削除したのは新規登録の方のみです。

昨年参加された方は継続されていますのでご安心下さい。

でも携帯登録の方は携帯各社がさらにスパム設定を強化した

可能性が高いので、わからない方は念のために

再度「登録確認」とか書いて男優募集にメールしてください。

自動返信メールが届かない方は携帯キャリアが

自動返信メールを受け取れないようロックをしています

| | コメント (3)

2009年2月 4日 (水)

PSD-03春妃いぶきちゃん

3月にPSD-03春妃いぶきちゃんの小便風呂を出そうかと思います。

Psd304

今からジャケット作りですが

ゴタゴタしていてまだオーサリングに出していない

価格は若干お安くしようかと思っていますがどうでしょうか

同品番で価格を変動させたくないので

PSDではなくなるかもれません。

といったらPSX?PISS?

紛らわしいのでPSDのほうがいいでしょうか

Psd301_3 Psd302_2 Psd303

このシリーズではパッケージ撮影でも本物の小便を使用します。
ザーメンだとこうは行きません。

内容はPSD-02から食尿が無くなった感じです

小便地獄と何が違うのかといわれると風呂としかいえないのが困りモノですが

小便地獄は次あったとして徹底してグロにしますので混同しないよう分けます

その分他がパワーアップ

課題は一応全部クリアーして見ました

ザーメン風呂はできませんが小便風呂は可能ですね

やってみたらやっぱり時間が余ってしまう

なんで風呂がダメなのかピンとこない方は

これを見られたらよいかもしれないです

溜めて風呂入った、で、後はどーすんの?

これぐらいしかやることが無いんです(苦笑

小便だから分かる部分は、ザーメンだとまったく分からない気がします

ほとんど私のマンガの実写版なのですが

実はこのシナプス(最終回)は出版社がつぶれてしまって

未公開になっています

| | コメント (0)

2009年2月 3日 (火)

撮影

突然ですが次回撮影を延期します

1月までに登録いただいた方は一度すべて削除してしまいましたので、

お手数ですがまた折を見てご登録下さい。

次回がいつかというのは未定なのですが、

もしかしたら眼鏡モノをまた撮るかも知れないし、

そうでないかもしれません

交通費程度のまったく僅少なお金は出せるかもしれませんが、

基本無料でお願いする可能性があります。

ですので往復2000円以上かかるような方、かかりそうな方の登録は

ご遠慮下さい。

ウチの撮影は本当にいつやるかわからないので、無いときにいつですか

と聞かれてもどうしようもありません。

本当に「なぜ前回来なかったのですか、残念ですね」としかいえないのです

プロダクションさんの営業は結構多いのですが、

売り上げもそんなに上がってないし、素材もあるので

急いでやる必要がないです

知り合いの監督も軒並み失業中。

外注制作はもう裏素材を撮って配信に売るところばかり

今摘発したらイモヅルどころか北方領土のタラバガニ手づかみクラスです。

みんな追い詰められています

そんなわけで女優さんも配信に出まくっている方は申し訳ないのですが

撮れないとお断りしました

そしたら撮影が全部できなくなったんですよ

それは冗談なのですが、増えているのは事実なので

今までは鷹揚に見てまあいいかと撮影を決めていたのですが

しばらくは様子を見ようかと思います。

撮影にしても、その撮影で稼いだお金で裏配信なんか見られたら

何のためにまじめにやっているのかわかりませんし

単体にしてもレンタルが出回った後にタイミングよく無修正配信に出たら

これは完全に合法的な裏ビデオの広告ですよね

セルが女優のデビュー元媒体のレンタルをつぶしてしまって

女優不足に陥った轍をもう忘れてる。もうバカかと。

男優や女優、制作会社は撮影予算というオアシスを探してあるところあるところ

常にさまよっています。これは人情です。

彼らにとって現場は水と同じで、水がなくなったとたんに消えてしまいます

もう瞬間的に。だからなんでもいいからその日の水(現場)を求める

水は楽に手に入れば入るほどいい、でも国内ではどの井戸も枯れて

かなり深く掘らないとくめなくなった。つらいのはいや

法律に引っかかるかも分からないけど外国の水を買って来よう

あれ、沿岸警備隊も持ち主も何も言わないぞ

ヒャッホー

これでまじめに国内で苦労して税金納めてまで井戸掘りする

バカがいるんだろうか

ええ、だからもうまじめに仕事するのはやめにしてしばらく

休みます(笑

売れなきゃ税金も払わなくていいし

小さい事務所探して引越しでもしよう

お客さんも自分が配信を見るたびに外国へお金をやみに流してしまって、

国内の資金還流が滞り、最後は自分の給与が減るという

海外資金流出の根本原理をやっているということに

気づいてくれればいいのですが。ミニ外需拡大です

それぐらい巨大な資金が毎日毎日海外へ流出しているのに

阿呆は12000円配らなきゃと必死なのでやる気がなくなるわけです。

来年はこの国の予算は税収不足で壊滅的な打撃を受けて、

あらゆる公共サービスがショックか停止状態になる可能性が

少なくとも20兆くらいの追加国債の調達が必要に、え、赤字国債50兆?

刑務所のご飯も出せないし、おまわりさんの給料も払えない

生活保護も母子家庭も給付停止、介護保険もほぼ機能しなくなる

病院の補助金も出せなくなるだろうし、救急車も消防車も出動制限が

ヤミAVとかヤミ売春の時代になったらいやだなあ

犯罪者の増加で破産した中期江戸幕府みたいだ

個人や、小さい会社はチャンスですね

大企業や応用の利かない歯車は悲惨の一言でしょう

電話代も払えなくなってインターネット接続が低額プランか、できなくなったら

ブロードバンド壊滅。またDVDの時代になるな

ツタヤの半額レンタルかな。うーん。

これで消費税上げが確定したら、未曾有のデフレ恐慌突入!

ユニクロ500円、マック30円になる可能性が

そしたらたんつぼ女子校生を100円で配信してやろう(笑

| | コメント (12)

2009年2月 2日 (月)

天地人を見ていて

まあ毎度毎度なのですが、今回は第三者の目から見たので

面白い話が

直江と織田信長があったとき、秀吉が忠告をするシーン

「わが殿のご機嫌損なえば命がいくつあっても足りぬ、すぐ戻られよ」

と来て、反対意見を述べたがためにほんとに殺されそうになる

似たようなことに何度かあります
命取られかねないこともありましたがさすがにここでは書けない

全盛期のエムズの松本さんがこの手の瞬間湯沸かし器で有名なんです

ひとにらみでたいていの人間は縮み上がる

ほんとに怒らすと何年かけても、何百万使ってでもライバルは買収か追い落とそうとする

対立したら相打ちで命捨てる覚悟で当たらないと事がうまく進まない

まあまさに織田信長な感じ。でも警察にはからっきし弱いのが面白いところ

シャトルさんとエムズさんは仲がよかった上にそもそもAV業界でないので

こんなところも共通していた

セルAV勃興時にまったくの外野から参入して独自の流通と商品を

作り上げたグループです。

目黒、恵比寿、渋谷を根城にしていたので白金グループと

私は呼んでいますが、このグループは織田家みたいな感じ。

空気がすべて

意に沿わない余計な一言を言うとその場の雰囲気が凍りつく

その瞬間凍りつかせた人間はクビが決定。

微妙な空気の変化で人間のクビが飛ぶ異様な集団です

人間味も何もあったもんじゃありません

気持ちを読む読まないが仕事につながるのですから

言葉の一瞬一瞬が真剣勝負なのです

自然無口になり、人の心を考えに考えてものを言うようになる

常に神経を研ぎ澄まして気持ちの読める人間でなければ生き残れない

そこでペーペーから始めて生き残ったのは山形健さんですが、

松本さんはさすがに苦手だったようです。

山科女運記なんかではかなり緊張していた

私はエムズの店舗からの腐れ縁なのでそれなりに慣れてはいたのですが・・・

ただこういう特殊な環境というのは普段存在しないでしょうから

よい経験になったのです

最近は掲示板でめちゃくちゃいう言って逃げが通用するので

おかしな人が増えてきた感じですが、相対して話をすると

特別な人間の持つオーラというのはものすごいのです。

信長や項羽というのはその頂点のような人だったのだと思います。

それを知らない、鈍感人が爆発的に増えている感がある。

相対しただけで涙が出てきたりする人間というのが現実にいる

そういう人間集団の中で仕事をして認められていく

そんな経験をすると、どんな仕事でも苦労を苦労と思わなくなります。

もちろん欠点もありまして、自分さえ崩れなければ

部下はいくらでも代わりがいる、という概念が基本ですから、

業績が下降し出すとたちまち団結が崩れて空中分解します

一人の天才がその他を金や利でなびかせ、

最後に情で身内をひいきして格差をつけるというシステムです。

これも織豊政権の特徴ですな

指導力や金がなくなったら身内でないものは子々孫々まで出世できない

徳川政権というのはその隙を突いたのですが、

最後はやはり身内を優遇してしまった、でも明治維新でも同じだし、

最近のキャリア官僚システム、二世政治家もそんな感じ。

これは日本特有の性格ですね

どういうグループも巨大になって安定すると

かならず身内を優遇して近くにすえる。

下降しだすとえこひいきが一気に加速して混乱する

次期社長の身内にどれほど早くなるかというのがリーダーに

なれないもののウデの見せ所となるわけです。

会社ではこんな人が増えすぎて、禿げたり、メタボったり、うつになったりしてしまう。

目標はいかに身内になって取り入るかという会社の業績とは

およそ関係ない政治になってしまう。ヒラにまでそれを強要するのがダメ会社。

それがいやならこういう一触即発の会社にいてみるのも面白いと思います。

会社でなければ自衛隊ですか

行く末は結局同じなわけですがライバルがすぐ消えるだけ

自分がリーダーになれるチャンスがある

一瞬一瞬が命のやり取りなわけですから辞めたとしても3年も続けば

人間が3周りぐらい大きくなること請け合いです。

こういう会社の社長さんから話を引き出せたら他の人間が20年逆立ちしても

得られない情報をたくさん教えてもらえる

凡人は恐れて控え黙っているだけ

あなたはどっち?

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »