« 忙しいけど撮影 | トップページ | 混迷の先 »

2009年6月20日 (土)

有難うございます

某店舗で6枚入荷したGKS-03がその日のうちに完売したという
連絡をいただきました。大変有難うございます。

いろいろ話をしていると、わかっている人、わかってない人の差が
結構あるので、リクエストといえどもいろいろ難しいですね。

腐ったザーメンというのはリクエストの上位に入っているのですが、
いざやってみると汚すぎて困る。
臭いがきつくて

実際売れ行きを見てから考えようと思っているのですが、
あれば無修正対策という側面もあったので。
モザイクほとんど入ってない物をいくつか作ろうと思っていたのです。

でも基本はダイナミックなぶっかけやらごっくんがメインで、
まだまだありますから、いろいろなものが選べて楽しくなるように
作ろうとは思います。

なんか一部気に入らないと全部腐ったザーメン
ばかり作っているようなメーカーのように騒ぐ人がいますが
もうすこし落ち着いてくださいと
いろんなもの作ってるんで。

今はDMC-21のモザイクチェック中です
7月は無理か、8月になるかもしれませんが
初心に帰ったマルチなぶっかけになりました
それで不満を持つ方もいるかもしれませんが、
そこのところもちゃんと考えてあるので、
あまり気になさらずに。

小川あさみさんとかいちおうあるんですが、
他社が独占拘束しているので、このまま引退してしまうかも
しれませんねえ

|

« 忙しいけど撮影 | トップページ | 混迷の先 »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

ココ最近「腐ったザーメン」を強調しすぎだからじゃないですかね?
個人的には余り好きなプレイじゃないんですけどね
需要があるのかも知れないですけど

個人的にはオーソドックスなブッカケの方が良いです
そんな訳でDMC-21に大期待です

投稿: P | 2009年6月21日 (日) 01時16分

汁王さん、こんにちは。
他社の独占拘束には腹が立ちますね。
小川あさ美さんは好きなので、どうせならミルキーキャットさんで数本出演して引退でもなんでもして欲しいものです。
あまりリクエストするのも忍びないですが、実現する事を祈っています。

投稿: ponta | 2009年6月21日 (日) 10時32分

Pさん
いろんな趣向の方がおられるんで私は売れる売れない
ぐらいでしか判断しないですが、どんなプレイも好きですヨ
スカトロも結構好きですし、女優モノも好きです。
ザーメンモノは時間が経っているのでいろんな細分化が
起こっているのだと思います。
その中のひとつとして許容されるかどうかは、
ザ・眼射のように長い時間軸の中で判断されるだろうと
思います。

うちの問題というか特徴は、いろんな作品の
時間が経ってしまっても現役だということです。
古くはDMC-02や倉本安奈、人間コンドームなんかは
すごい需要があります。人間コンドームは海外での
評価がすごい。
場所によってはミルキーのアイコンとなりつつある。
何年も経ってから、やっぱり見たいといわれる。
だからなんでも思いついて、すごそうだったら撮るように
しています。
ただお客さんの方では
ハードなザーメンプレイとけったいなプレイが
ごっちゃになってしまって風変わりならなんでもいいという
話をする方もいますが。これはメーカーの素人監督にも
多いですね。
うちのがハードなのかキワモノなのかという線引きは
相当微妙なものであるのは事実で、
そういうものを見てキワモノと一言で片付けようとする人も
多いですが
そういう人はそもそもお金を出さないだろうから
意に介してはいないです。
やりたいことをやるだけです。

pontaさん
それがこの業界の実態だと思います。
どのメーカーも視聴者本意といいながら
実際は自社の利益が最優先であり、
その前にはお客さんの意識は無益なものとして
無視されてしまうのです。
これは予算が売れた分しかかけられないうちもそうですが
ダクションの問題もあるし、女優個人の問題もあります。
でもそのメーカーではザーメンモノも作るかも
知れませんから、
お客さんにはこれでがまんしろ、ということなんでしょう。

売れっ子AV女優さんの最後というのはなかなかさびしいもので、
最近思うのは、最初はちやほやしておいて、高いギャラを
払い、海外ロケや専属活躍なんかをさせて、
後になったら何回もハード系の監督面接を繰りかえし
何が何でもザーメンモノやぶっかけものなんかの
ハードモノに出演させるという人買いまがいの方法は
どうかと思うことです。
急に売れた大手メーカーはいずれもその傾向があります。
だからアイドル系女優は後になるとどんどんザーメン系の
比率が増えてきて、納得できないまま撮影を
強行する場合もあります。
ちゃんとアイドル系の売り方でセールスを上げたのなら、
なぜ最後に人間関係を壊してしまうような誘導をするのか
理解できないのですが、何が何でもぶっかけやごっくんで
〆なければいけない事情があるのではとかんぐってしまいます。
要するに結局それしか売れてないとか。

ミルキーとしてはあまり売れっ子の女優さんでやると
いうより、最後に専属をはずされてしまったような方でも、
内容に納得してがんばっていただけたらという
話はしています。

でもこういう話をすると、掃き溜めだの
堕落だのくだらない罵詈雑言を並べたり、
わざわざ女優さんのブログまで出張して
毎日誹謗中傷に精を出す狂った人もいるので、
女優さんがそういう言葉に傷ついて
引退してしまうということもあり、
キャストの話はなるべくしないようにしているんです。

投稿: 汁王 | 2009年6月22日 (月) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忙しいけど撮影 | トップページ | 混迷の先 »