« ブルーレイ発売日 | トップページ | メーカーと制作会社の違い »

2009年9月 3日 (木)

ブルーレイ見まくり

下書きと日時の設定を間違えてアップのタイミングが
めちゃくちゃになってしまった。

レミーの話を昨日しましたが実はずっといろんなものを見ています。

最近お昼のテレ東の映画もすごくイイやつをやっているし。
ターミネーターはブルーレイがあったのでこれも見た。
これはさくさく動作。
あまりギミックに凝らないほうがいいかも。

プリズンブレイクもかなり面白い。
気になるのは毎回監獄に入れられているのに
出演者がどんどん太っていくこと。
リアリティない。
プリズンは、面白い編集方式をつかっているので、
最近ミルキーでも使ってます。

きれいなOPとかクレジットとか、普通のAV会社はそういうところに
こだわるのですが、うちはあまりやってないのです。
あくまで本編。行為。その連続。
水曜スペシャル、木曜スペシャルのUFO特集がごとく
エグく、剛健に。だから本編主義。

でも、OP映像はもっとCGや3Dを使ってシャープに決めたいと
思うことがおおい。

鼻フック360は作ってて面白いのですが、
最近手馴れてきて女優さんもすごくなって
オーバークオリティになってきたので
DMCに格上げしようか考え中。
でも人数、シーンともに増やすと間延びする。
あのメニューを突き詰めるのがベストかも。

最近汁王子(兄)さまの要求がきつくて(笑
どんどんハード化してしまいがちなので
こちらがブレーキをかける必要を痛感しています。
今はダクションさんもHPを見ていたりして、
HPの印象が、まあめちゃめちゃにしますよーみたいに
作ってるじゃないですか。

あまりこればっかり押してるとみんな恐れてしまって
できる女優さんがいなくなってしまうんで
男と同じで、第一印象というのは大事ですよ。

DMC21はそういう感じの作品なんで。

君嶋もえさんのZGはやはり出来がよくて、
単体女優さんを使ったZGの拡大版とか、じつは
それはもともとのBLT品番なんですけれども
そういう小道具をあまり使わないものを作ってみたい。
ごく普通のぶっかけとかいわれちゃうと
売り上げがアレなんでなかなか冒険できないんですが

こちらが訴え方を考えればいいとはいえ、
ロリでない人にロリともいえないし、
人によって感じ方違うし。

BBもしばらく作ってない。
あれも君嶋さんのが最高傑作なんで、
アレ以上のものは女優さんが出てこないと作る気がしない

日高ゆりあちゃんはそれを超えられると思って
撮ってみたら、その後とる気が出ないくらい
すごいものが出来てしまった。
BBXは、だから一本きりでとまっているんです。
宮地奈々ちゃんが引退してなければ撮れたかもしれません

このように悩むのは、最近のお店の棚の問題があって、
棚というのは大体90cm、そこに背表紙と表紙をメンチンすると
あまりたくさんの枚数は置けないので、
そうなると昔のVHSみたいに棚にスペースがないですから、
背表紙ばかりになって、平置きは新作中心になる。

こうなると、シリーズの価格はあまりばらばらにしないほうがいいかな
と思ったのでむかしみたいにいろんなシリーズや価格を
混在させずに、なるべくわかりやすくまとめているんですが
効果は上がっているでしょうか?

ごっくんが出来る人なら
GKはまた撮りたいと思っています。
でも、予算がない。DVD、新作はいいんですけど、
去年のような勢いがないので、
撮影がなかなかできません。
困った

|

« ブルーレイ発売日 | トップページ | メーカーと制作会社の違い »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーレイ発売日 | トップページ | メーカーと制作会社の違い »