« 新年に向けて | トップページ | HD原版をBD2R保存が可能に »

2009年9月26日 (土)

とうとうテープレス化へ

今、ミルキーのビデオはすべてハイビジョンで撮影しています。
1080iHDVなんですが。フルハイは、カメラが大きすぎてまだ無理だろう
ブルーレイはフルハイにアプコンされているはずなので多分
大丈夫でしょうが

いまテレビでフルハイビデオ一杯売ってるじゃないですか。
あれ、限りなくインチキです。

こないだ某コンパクトビデオでフルハイとい書いてあるものを
手に入れたんですが、
ほとんどの小型カメラは1080iAVCHDです。
これはMPEGのフォーマットが違うので、MPEG1とか2とか3とか4とかと
同じです。編集は最近対応しているから替えてもいいんですが、
まだ信頼性が怖い。

AVで広く使われているのはDVテープを使うHDVです。
DVのキャプチャや編集システムがそのまま使えるからです。
8年かかってやっとDVキャプチャを覚えたような制作でも使える。
(これは冗談ではなくて、撮影しかしない監督には
いまだにプレミアどころかノンリニア編集そのものがわからない人がいる)

名実ともにフルハイビジョンと呼べるものは、実はテープではなくなっている。
一部テープもありますが、もはや一般人の理解を超えている機材なので外します

で、AVCHDのいいところは、テープを使用しないところ。
HDVの悪いところは、テープを使用してもノイズが減らせないところ
昔はプロ用のDVCAMというテープ速度が速いのがあったのですが、
HDVになって、テープ速度は全部同じになってしまった。

DVでもDVCAMでも関係ない。しかしテープノイズが多くなった。
解決するために、なんと「HDV用」と書いた高価なDVテープが出回っている。
でもこのテープを使用しても出るときは出るんです。つまりあまり意味がない。

で、最近のHDVはテープをやめてCFに記録するのが増えています。
なんでCFかわかりませんが、確実性を取ったのでしょう。
AVCHDがフラッシュメモリを使用しているんだから、
実は関係ないと思うんですが。
このせいで読み出しに大変な苦労をしているんですがね。

このCF記録。慣れてくればいいことづくめです。

CFからHDDに読み出すときは、2Gの転送制限があるので
使いづらいと思ったのですが、ブルーレイに焼けば
転送可能です。

だからCFからBDにバッファして、HDDに移し、aviに変換して
編集する。ということができるようになりました。
(本当はaviに変換しなくてもできるんですが、
重いんです。m2t。モザイク5つかけたら止まりそうです)


ミルキーの素材もこのようになっていくと思います。
なんといってもノイズから開放されたので。
ついでに63分という収録時間からも開放されました。
90分ぐらいはぶっ通しで撮れる。

だから今、うちではCF記録が本チャンで、テープは
バックアップとなり始めています。

次期HDVは民生機までもすべてテープレスになっていくと
思いますが
CFよりもフラッシュメモリにしていただいた方が使い勝手がよくていいですね
地味にAVも技術革新が進んでいます。

もし次回の撮影で余裕があったら、実況中継をしたいんですが
モザイクがかからないようにするのが大変ですね。

|

« 新年に向けて | トップページ | HD原版をBD2R保存が可能に »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

時間があったんで、東京駅行きましたよ。
なんか色々できてますね、地上も地下も。
迷って結局vironに行ってまいました。やっぱうまいす、あそこ。
BALZACだったかな、フレンチぽい店で。他にも、一見、気になる店いくつかありました。
また今度行ってみます

投稿: ゲルニカ | 2009年9月28日 (月) 15時53分

あそこの駅地下はかなりかわりましたねえ
VIRONは東京駅からだとちょっと遠いんで
ボキューズで終わらせてしまうこともあり。

特攻弁当というか、すごい低価格でやってる
シャリアピンステーキ弁当が名物で、
時間があればお試しを。
仰々しい名前ですが要するに
鳥もも肉の照り焼き丼です

あそこは夜10時くらいまでやってるのですごい。
お勤め品はさらに特攻価格。もうやぶれかぶれ。
これが一番安いんですが、もう腐り始めてるのも
あるのでご注意下さい。

腐るというのは保存料0の証拠だから
いいことなんですが
日本の人は衛生神経症なので
あまりクレームをつけないほうがいいと思いますが

投稿: 汁王 | 2009年9月29日 (火) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年に向けて | トップページ | HD原版をBD2R保存が可能に »