« 税がらみのやばい話 | トップページ | DMCR-18 »

2009年12月 9日 (水)

さかきいずみ先生の単行本

さかきいずみ先生の単行本があります。

Dsc00910

編プロがつぶれたときに原稿と一緒にいただいたものです。
ずっと取ってあったのですが、
取っておいてもしょうがないので通販サイトで販売しようかと思います。

もう中古でも手に入らないとは思いますが
どうでしょうか。
サインを書いてみた。

Dsc00911 うーん。
毎日描いてないからなあ。どうでしょう。
milk candyは処女単行本。
ラビリンス
奴隷学園の順で発売されました。

ちんこ汁娘は単行本になってないんです。
すごいタイトルだ。
最終話まで描いたんですが、未発表。
どうせ好きな人しか読まないだろうし、
コンビニに並ぶことも三省堂に並ぶこともないだろうと
思って、神保町仕様なタイトルにしようかと。

今読んでも、ミルキーの予言書ですねえ。
スカトロも二本描いてるんですが、これは
臭くてビデオにしたくなかったので。
92年ごろでたサド先生の完訳版を読んだときに、
桶にウンコためてカビが生えたころに中でセックスするとか
いうのがあって。
実際にやるならどれぐらいがいいかなあ、と思いつつ
描いてみたものです。
松本さんがビターやるときにサド読んだか
聞いてみたんですが、読んでなかった気がする。
知らないかもしれない・・・

フランス革命のころの漫画に、アリストクラートに
みんなが尻向けてウンコ一斉掃射するような漫画とか、
ありまして、学生時代びっくりした。
今、読売新聞で官僚様に民衆がウンコ投げるような
風刺漫画、絶対見れないでしょう。

さすが18世紀まで下水なしでウンコ道に捨ててた人たちは
慣れ方が違う。
初めてパリ行ったときも、道端でホームレスのおばさんが
歩行者のほうにマンコ向けて思いっきり小便してましたから。
座ってないんですよ。
前屈姿勢で、マンコ出して、じゃー。
モザイクなし文化恐るべしと思った。
漫画もちんぽこありき。克明に書いてある。

だから、さかき先生もちんぽこを克明に描写した。
日本のエロ漫画は白い棒だったので、
衝撃的だったのでは。編集にも怒られたし。

そういう文献を知っている人はなんでもないんですが、
ビデオ製作者というのはあまりそういうのを知らないのでは。
youtube世代のAV作家はかなり大変ですよ。
みんな日本にいながらにしてあらゆるAVを見れてしまうから、
海外の珍しいものを輸入する、なんて難しい。
外国語に精通してないと、AV監督にすらなれないかも。

さかき先生の漫画というのは、絵があまり美しくなくて、
デッサンも狂っていて、なんかあまり美しくない部分があるのですが、
それは男優をやりながら一人で描いていたから。

毎月なんか描く訳ですが、ネーム終わって下書きやって、
さああと10日でペンいれて完成というときに、
5日くらい男優の仕事が入ってしまう。
8日入るときもある。OFFは10日あればいいほうなので、
当然その予定を立ててるんですが、作業の合間に
仕事が入ってしまうと、勢い、乱暴になってしまう。

実は私、ペンいれ苦手なんですよ。

milkcandyに処女作が載ってるんですが、
きれいな絵を描くには何回かペンをなぞらないと線が枯れる。
二回ペン入れしているようなもんで、これが
量産が効かない理由。

それもあってちんこ汁娘の最後2話は筆ペンなんですが。
筆は筆で時間がかかる。
結局漫画でめし食うのは向いてないのかもしれない。
93年ごろ、持込をしていて、

「学閥臭い編集者が黙ってせりふを変えたり、企画のほとんどを
作ったり、コマ割からせりふの一言一句までケチケチ
新人をいびりつぶして、若者をただの絵描き奴隷のように扱っていたら、
漫画産業はだめになってしまうんじゃないか」

と思っていたのですが、なんかいまそんな感じですね。
ずるずる続けなくて、よかったのかも。
AVだとmilky-cat.comは世界で知られてますから。
ただしお金はそんなにないのがツライ。

実写のほうが楽なんですけど、凝った話が作れない。
最近はお客さんの傾向が変わったのか、業界が進化したのか、
ネットの影響か、パケは内容の説明ではなくて、
内容の性格づけのほうが受けるようになってきたので、
正直内容にストーリー性やキャラ性がなくても、
パケや販促で醸成したり、教唆したりできるので、
(とはいえキャラとあらすじは大体似たようになるんですが)
作品のイメージをつけやすい。

ようするに
Exaggerated explanation of contents in bliefです。

Psd04 裏表紙モザイクない上まだ作成中

楽しいけど、時間がかかる。

ああ、そういえばこんなのもあり。

Dsc00912

これはまた次回

長谷川さんのはクリスマスプレゼントです(笑
実はまだサイト用のジャケにかかれません。

|

« 税がらみのやばい話 | トップページ | DMCR-18 »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

なつかしいです!
3冊とも持ってるしw
ちんこ汁娘は見たことありませんでした。なので興味あります!
ちんこ汁娘の通販は・・・

何だか文面を読んでると分らなくなってきたんですが
さかきいずみ先生=汁王さんでよろしかったでしょうか。

投稿: m-n | 2009年12月11日 (金) 03時06分

どうもです。
まぎらわしいので、ちんこ汁娘は
汁王名義で書いています。

最後のほうは1年ぐらいかけてちまちま描いていたので、
結構気に入ってます。
絵のほうは、トップページのCGに
一部載ってますので。
単行本にしてくれる出版社の方、求めます。

投稿: 汁王 | 2009年12月11日 (金) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 税がらみのやばい話 | トップページ | DMCR-18 »