« 君島もえちゃんの足コキ動画お待たせ | トップページ | 地殻変動が温暖化の原因だとすると »

2010年6月 2日 (水)

温室効果ガスは温暖化ではない

という説がある。
よくかんがえたらどこにも証拠はないので、
ほかの説も検証してみました。
石油の掘りすぎ説というやつです。

石油文明拡大に伴い二酸化炭素は急激に増えていますが
これに伴って石油の採掘量も増えていますね。
だからこの石油の採掘量のデータは表に出てこない。
サウジアラビアも非公開にしているだろうし。

石油というのは地殻の隙間にたまった液体なわけですが
人間でいうところの膿とか、血まめとか言ったほうがいいか。
血豆というのはあってはいけないものだから出さなきゃならない。

でもないといけない血豆だとしたらどうでしょうかという話です。

石油が地殻の隙間から吸い尽くされてしまったらどうなるんでしょうか?

サウジアラビアは水を注入しているようですから、なんかたまるんでしょうかね。

石油より水のほうが重いから、ちゃんと入れば問題ないとも言えるし、
問題ともいえる。
今メキシコ湾でアメリカが下手打って栓を抜いてしまいましたが
これはまだ吹き出す一方。
吹き出すということは圧力が内側からかかっているわけで、
石油以外にもいろいろなガスがあったりしているから、
もしかして水入れたらいいわけではないかもしれない。

問題なければいいのだけれど。

もしこれが問題だとしたら何が問題だろうか?

メキシコ湾の栓抜きでそれがわかるかもしれない。

一つは、海底の地殻というのは薄いので、地殻に隙間が空くことによって
なんらかの変化がある場合。
アラブの石油なんて100年ぐらい出てくるわけだから、
地盤沈下するとしたらすごいことになるかもしれない。
どのくらい起こっているのかわからないけれど。

地球の重みからしたら大したことはないけれど、
地殻の薄いところは重力が小さいというのは昔理科で習った。

地殻を薄くすると重力場が変わってしまうのか。
そうなると海底が薄くなるとわかりやすいですね。

もし地球温暖化が石油の掘りすぎだとしたら、
メキシコ湾の油を抜いてしまうと、わかりやすいかもしれない。
オバマさん禁止してしまいましたが。

予想通り鳩山さんやめましたがオバマと同じで
誰がやっても問題大きすぎで何もできない総理になりそう。

石原さんに文句言われて話し合いで・・・とかいってるようじゃだめですよね。
鉄砲満載の外国と「丸腰で話し合い」しかできないんじゃ話は進まないだろうし。

威勢のいい人だと株価も上がるかもしれませんが。
第三次世界大戦はやめてほしいなあ。

占いによると
オバマさんは何もできないでかけごえ倒れに終わる
次の大統領選では再任されず、強硬派が大統領になり
反IRSの暴動が起きる。ドル安、通貨危機が再び進む。
2012年までに英国は破たんし
ロンドンオリンピックは中止になる

現実になると悪いほうの確率は上がりそうです。

いいほうの占いは
オバマは再任される。
通貨コントロールが利かなくなり、
2015年までにハイパーインフレに伴いアジアにバブルが起きる
2017年から2019年にブラックマンデー並みの大暴落が起こる

あくまで占いですが、5年早いか5年遅いかの違いかもしれません。

私はいくつかのサイクル根拠から2019年バブル崩壊説を取りたいのですが
鉱物資源の上昇
石油危機
債務国の増加
パワーシフト
という戦争のサインがバリバリに出ているので
先入観なく注視していったほうがいいのかもしれませんね。
アメロというのはアメリカ人が大笑いしていましたが、
トンデモ商品投資詐欺の一環というほうが大きいそうです。
でもgold2000ドルになるようならなんらかのサインが出ます。
ならなければ信用しなくていいのかも。

リアルヒャッハーになるならどこかのスタジオを占拠して
毎日ぶっかけサークルをやりますよ。
がはは。

|

« 君島もえちゃんの足コキ動画お待たせ | トップページ | 地殻変動が温暖化の原因だとすると »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君島もえちゃんの足コキ動画お待たせ | トップページ | 地殻変動が温暖化の原因だとすると »