« MRLなんだけど | トップページ | milkycat.com »

2010年8月27日 (金)

ミルキーキャットの自慢は首尾一貫性です。

ミルキーキャットというのは、メーカーです。いちおう。
汁王さんというのはメーカーの社長なのか、監督なのか意見が分かれています。
名前がPNのようなので、一般的には監督と思われているようです。
ただ監督と言う割には、生涯に100タイも撮っていないので、
プロの監督が一年に撮る本数にも達しないわけです。
そうなると監督、というのも怪しくなってきます。

ここだけの話、監督としては、他のジャンルの作品も名前伏せていろいろ撮っていて、
かなりブームを作っている感があるんですが、
いかんせん汁王の名前出すとその瞬間にブランドが変わってしまうんで、
言ってないのが結構ありますね。

マンガはHPに書いてあるぐらいですからみなさんご存知でしょうけど。

AV以外の他のジャンルでたった1タイで2000マン円売ったAV監督って言うのは、
なかなかいないんじゃないでしょうか。
こういうと簡単にやったように見えますが、結構時間かけて
いろいろやったんですけど。

普通AVの監督って言うのは多分98%著作権持ってません。
豊○薫大先生は持っているかなあ?
ただ販売権がないかもしれない。
著作権だけあって販売権がないのはガソリンのない車と一緒です。
価格決定権を持たないから。

AVの著作権はメーカーが持っています。
メーカーが監督に発注するからです。
社員監督も同じです。著作権は持ってません。

著作権を持たないものはどれほどの本数を売っても自慢するに値しない。

これが私の持論です。
自分は売ってないんだから自信持つなら内容だけでしょう。

ばらしてしまうと、女優はメーカーが用立ててますから。
監督は撮るだけってのが普通。制作費には口出しできません。

他人に金を出してもらって作る程度のものに魂は入らない

漫画家臭いですね。考え方が。

AVの監督って言うのはクリエイターではなくて、現場監督と
言うべきが現実の姿です。

私があんまり撮らないのは、実のところ撮影すると翌日は疲れて
動けないから。もう疲れて疲れて。

他の人はよく毎日撮れるなと感心するぐらいです。
男優だと毎日やっても疲れないんですがねえ。不思議ですねえ。

外注だと売れなくてもメーカーが吸収してくれるし、
売るのはメーカーが考えてくれるし。

残念ながらこの業界は著作権も販売権も持たずに、いや知らずに?
監督をしている人がほとんどです。
売れた売れたと自慢しているから聞いてみたら、
出荷数とか、問屋の販売数とか、
自分とは関係のないところで出回った数を必死に監督ネームとか、
自信のよりどころにしている。

知らないところで自分の売り上げにもならないものが何万枚売れたって、
それは売れたうわさだけであって、証拠はなにもない。
画餅というのはそういうものです。

スーパーがプライベートブランド会議やって、価格を先に決めて、
この価格に見合う牛乳造ってくれ、というと販売権をもたれている
生産者は逆らえない。まあこの構図と一緒です。
だからほとんどの監督は作った本数、売れた本数だけが強みになってしまう。
そこにお客さんが文句を言ったって、直るわけありません。
関係ないんですよ。売り上げと撮り方は。

うちはそういうわけじゃなくて、売れたら売れただけ入ってくるので
大量生産はやってないです。
売れなければ入ってこないから、無駄うちはできない。

気づいてみたらかなりの寡作なので私の好きなピーターガブリエルとか
夢見たものに近くなっている感触はあります。
あの人も販売やってますからね。
寡作だし、似たような才能の後継者いないし(笑
貴族出身じゃないのでそこは違いますけどねー

実際3ヶ月のうち、撮影は1日か2日なので、あとは社長業しています。
編集は実際あまりこだわっていません。
HFDなんか新シリーズを撮るときは撮りながら考えて、
撮った後編集して、考えたのと傾向が変わったら、
シリーズ物なのですこし奴隷の性格設定を変えるとか、
SSを書いたら隠語の印象が強くなったので、そのようなテイストに
変わっていくとか、そういう感じなんです。

最近は撮影中にある程度編集ができていて、
映像見て話しつけていくときもある。三題話みたい。

やまだちんは絵コンテ切ってくるんですけど、私のは
絵コンテどおりに撮ってもつないだら違う話になることが多いんですよ。
だからほとんどは撮りながら編集が半分ほど終わっている。
(ちゃんと構成切って話し作ったDMC-02があれだけ売れているくらいだから
ちゃんとやった方がいいのかもしれませんが
でもあれは女優のリアクションの方が大きいかも)

脚本や絵コンテもなしにいきなりシーンのセッティングをやれ、
これこれこういう奴隷になれ、と言い出すもんだから、
女優さんやスタッフによく怒られます。

でも結果的には編集作業もそんなに時間かけてないので、
ほとんどは月額のマーケティングとか企画を考えたり、
新作の売り方とか、エロイ妄想とかをやっているばかりです。

妄想というのはかなり重要で、面接した女優さんを
頭の中でプレイしてみたり、そういうことをかなり長くやっています。
AVを撮り出したばかりのころは見たことのない映像が多かったので
何にも考えなくとも妄想していましたが、
今は見たことのない映像はなかなかないので、
ナチュラルに妄想するのが結構大変なんですよ。
多分一般のAVを買われる方とは
まったく違う妄想をしていると思います。

そういうときに「早く金払え」とか、「メール送ったけど見たか」という
どうでもいい連絡が入ると激怒ですね。

あれ?あまり社長業の取引業務みたいなのは入ってないなあ。
営業も広告戦略作るとこまでしかしないしなあ。
ああそうか、年末の営業方針とかを考えているから、
なかなか言葉にできないのか。

やっぱり妄想タイプの社長みたいですね。
そんな社長いないか。

してみると、監督なんですかねえ。

販売畑のこと考えてる監督も知らないしなあ。

社長が畑に出て肥料やって育てて取ってきて売るみたいな
メーカーなので、ガチな安心感というのはあるでしょう。

農業や漁業など自然を相手にする商売は大資本は失敗するという話があります。
自然相手に需要と価格の見込みが立てづらいからです。
ワインも同じですね。価格を決めたくても決められない。
仕込んでも瓶詰めしてさらに発売したら味変わったとか。

だから価格優先で品質工夫の大量生産じゃなく、
少量生産で下手に工夫せず、目の届くところだけやっておくという
安全安心・地産地消農法が21世紀の作り方になるという話。

ミルキーは最初からそういうメーカーなので、そうなったら時代の先取りを
していたということでしょうか。
こんな制作・販売まで一貫したアイデンテティが確立したメーカーは
多分AV業界には他に存在しないのではと思います。

自慢はそれぐらいなので地鶏の有精卵と思って、買ってください(笑
そうか、今は卵も4種類くらいあるんだった。

1:ブロイラーが電灯ともされて24時間ぶっとおしで4個生むやつ
2:ブロイラーにビタミン剤入れたえさやってすこし工夫したやつ
3:鶏舎で結構密集しているが一応地面で買っている鳥、平飼いのグレーゾーン。
4:鶏舎からちゃんと出して雑草とか虫食わせる鳥の卵(普通の平飼い地鶏。

アメリカで虐待と問題になった大量生産鳥でもいちおう3ですから。
地面でうごめいていたら、一応地鶏になっちゃいます。
あと、冷蔵庫で長期間保存されているたまごとかもあるらしい。
1パック10円ってこれかな?
4で有精卵までいくと、6個で450円~うこっけいあたりだと1000円ぐらいです。

うちのAVはさしずめ4だけどブロイラーですかね
3だと300円ぐらいで売ってます。
なにしろ鶏舎から出して育てたら、あっという間に草原が禿山に
なってしまうくらいだからたくさんできないはずなんで。
(草津に向かう山の中にこの手の鶏舎があります。剥げまくりです。汚い)

卵ひとつとってもこれだけ奥が深い。
AVも結構奥深いですよ。

|

« MRLなんだけど | トップページ | milkycat.com »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MRLなんだけど | トップページ | milkycat.com »