« 5/1からの連続公開 | トップページ | 新作か~ »

2011年4月30日 (土)

気を注入中

戻ってきた在庫に日焼けや破損があるので、一枚一枚クリーニング作業で手を入れています。

背表紙の日焼けやケースの破損を省いて、ディスクに傷がないのを確認して、
工場へ送ります。

DMC15とか、かなり長い間日焼けしているものがあります。
背表紙が焼けているので、面だしされてなくて、ブック並びされていたことがわかる。

お店から送られてきた商品を見ても、その店長の性格、仕事ぶり、ミルキーに対する気持ちが
箱を開けた瞬間一目でわかる。

いい店、悪い店の判断基準でもできてきた。

私が自分でクリーニング処理をしているのをみて、
そんなことする人いませんよ。
といわれた。


これがメーカーのひとつの仕事だから当たり前で。
(本当はもっと高度なことをやっているけど、これもやらないとダメ)

そういうこともしないでキャバクラだのラスベガスだので遊び歩いているから
だめになったんだ。
と。

悲しいことに私の持論がまたひとつあたってしまった。

あたらしいジャケット、包装された商品はやはり光り輝いている。

長い間棚にあって日焼けしてしまった商品をなでながら、
おつかれさん、という感じで作業しています。

これがセルDVDの根幹なのですね。


|

« 5/1からの連続公開 | トップページ | 新作か~ »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/1からの連続公開 | トップページ | 新作か~ »