« 困っているのは流通では? | トップページ | ブルーレイのフォーマットを作り直した »

2011年8月30日 (火)

中古の話と景気回復のサイン

前の話題でmattoさんが中古について

セルショップで買う大半のお客さんは一週間以内40%下取り目当てで買ってると思うし
DMC-18みたいな良作でも中古でぐるぐる回って悪循環起してますよ

という大変貴重なご意見をいただいて、まさにこれは中古コミックというか、ブックオフとのかかわりでも
あることなので大変興味深いご意見です。
それについてひとつ。

AVの買取は非常に騰がってますが、もともとは中古のコミックやVHSは安いものでした。
10%もくれればいいほうだったでしょう。

リサイクル商法といって、これだけでお店がもてるぐらい昔から有名な商売です。
構造としてはラーメン屋にもちょっと似てる。

ブックオフは有名ですね。
これは買い取り値段が安いから大きくなったんです。

翻ってAVは買取がかなり高い。

AVといってもDVDですが、このDVDが高めのレンタルになっている。

あくまでセルショップのついで、というならよかったのですが、最近景気が悪いので、
どっちかというと買取を標榜するレンタル屋のような店舗もあります。
ちゃんと差をつけて数字を出してくれればいいのですが、
そうでない場合は、メーカーとしてはメリットがないので下げないといけません。

中古価格との比較にされてしまうからですね。
メーカーから商品が来るのは一回きりで、あとはお店と不特定のお客さんの間を
一枚の商品が行ったりきたり。
永遠に商品が補充されないけどその20%とか30%が1週間ごとにお店に入るだけになってしまう。
これは本来の意味から外れてます。

レンタルなら最低5回分の回転料を取らないといけない。レンタル禁止と書いてるけど
構造はほぼレンタルに近い。
だって買い取り価格が高ければそのお客さんはミツバチ化して戻ってくるでしょう。

普通の問屋さんは数字が上がらなくても商品下げないのですが、うちはしがらみがないので
これからは下げていこうかと思っています。
中古買取を禁じる法律はまだないのですが、当然ながら納品してもなしのつぶてで売れないところに
いちいち電話するのも送料ももったいないので。

うちだけかとおもったら、他のメーカーさんの店舗データもけっこうひどいものだった。

メディア自体はデータを受け渡す箱でしかないから、メディアのありがたみも薄れてきてますが、
1500円とかの商品ですらあんな数字でメーカーはやっていけるのかなあ。
これだとお店と問屋/メーカーで手数料のやり取りしてかろうじて持ちこたえているように見えるのですけど。

ストリーミングも20分ぐらい余裕でかませるので、今後はVIPがメインで、人気があったら
BDやDVDでトースターという流れが一番いいのかもしれない。

お客さんにとっては無駄が省けていいかもしれないけど、
ダウンロードは海賊に拡散するのでDVDと同じになるのかな。

AVの中古なんてよほどのものでないと人の使ったオナホみたいで嫌な感じだけど
VHSみたいにボタン押してダビングする楽しさがないからはやるのは仕方ないのでしょうか。
この不景気はいつまで続くのかなあ。

2005年ごろに女の子が世の中のこと完全無視でケータイやネイルや美容機器の中毒になってるのみて、
いやー電気無駄遣いに慣れてるとあとでえらいことになるぞーと思っていたんですが、
まだ堪えてないようなのでこれからもっとひどくなるかもしれない。

景気がよくなる前は子供やら若い人に夢の○○みたいなものがでて
流行が激しくなるんですが
今はまだかつてのゴージャスとか便利さにしがみついてXXだからヤダ
になってます
サインは○○したいからXXだろうが断固する。
(たとえば東京に行きたいから月明かりを使ってでも勉強する
超絶リスペクトな職人になりたいから寝ないで丁稚して働く)

というベタな風潮なんですが

ご存知のとおり(学校行けないから金恵めや総理コラ)
などとそんな話は聞かないので

まだまだ底割れは続くかもしれない憂鬱な時代ですね。

好き勝手したいから自由業を続けたい、というのは
今にして思えば起業できる人だけに許された特権であって、
みんなができるわけじゃないのかもしれない。
マフィアのボスがそんなことできたら俺だってメジャーリーガーになれたんだから
そんな教えは大嘘だといっていた。
カツマーみたいなの?自己啓発書の中毒みたいなもの。

誰でも望めば有名になれる、タレントになれる、アイドルになれる、AV女優に、AV男優になれる
社長になれる、経営者になれる、要するにそれらを経たうえで
功なり名を遂げてお金持ちになれる。
こういうへんな平等性が吹き荒れたのが1990から2010までなのかもしれない。
いろいろ屁理屈こねているが最後はカネだ。

ものづくり起業もできずに40過ぎても都合のいい雇われをふらふらしているのだったら
これは45歳までプロになれずにアシスタントを続けながら必死に持込を繰り返したあげく、
やっともらえた小さな小さな連載で300%全力徹夜を続けて脳梗塞でぶっ倒れ、半身不随になった
アシスタントの先輩より不幸なことになってしまうのではないか。

彼は自ら望んでいたことだからそれでいいけれど、
今のフリーターにそこまでの覚悟があるんだろうか?

少年漫画のデビューは24まで
連載で売れるのは35歳まで
とだいたい目安というものが業界とか人間世界にはあります。
そのデッドラインを置いて死ぬ気でがんばるんです。
死ぬ気でやるから、ダメならさっとやめられる。

30までに何がしかのものづくりで独り立ちして、開店のドアを開けられなかったら、
よく生き方を考えたほうがいいのではないでしょうか。
コツコツやって野菜をそだてて毎日晩酌するのがなぜ悪いのか?
そういう人が一番幸せだと、最近はそう思います。

でも先週目の前をF40が走っていて、ほしいなーと思ってしまった煩悩おやじですが。

|

« 困っているのは流通では? | トップページ | ブルーレイのフォーマットを作り直した »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 困っているのは流通では? | トップページ | ブルーレイのフォーマットを作り直した »