« 日高ゆりあちゃんのめがねぶっかけ残り2枚 | トップページ | PSD05サンプルアップ »

2011年11月30日 (水)

PSD05ジャケット作成中@ツタヤの中古問題

新ギャラリーの制作とPSD05のジャケットで忙しいです

撮影は組みたいのだけど予算が怖いのでたまっている新作プレスのほうへまわしたいです。

ツタヤが盗品買取でけちがつきましたがこれは不景気と店舗の自動化(無人に限りなく近いリサイクルショップ化)
の典型的な弊害ですね。
中古の買取仕入れは店側にとって見たらただに近い仕入れで10倍の価格で転売できるおいしい商材ですからね。
メーカーは儲かりませんが。

そういうわけでメーカーはもちろん誰も味方なんかしないでしょう。
利益率を見ても、新作で一回仕入れたものを3割4割でまた貸ししているに過ぎない。

日本の最大手がこれなのだから、ましてや小規模店が多いアダルト業界では
店舗のリサイクルショップ化がかなり進行しており、
新品展開をしているような看板を掲げていても事実上8割は中古のリサイクルというお店もあります。
こういうお店は利益率に傾注する傾向があり、質の向上(質を上げたければそもそも中古化を嫌う)
や店員の教育などありえるはずもなく、
すべてがザルになっていくのは自明の理です。

今や店長といってもかつてのマニアの選別など知らない世代、
深夜のアルバイトにそんな選択眼が身につくはずもない。

大体いつ何が売れたかいつなにを仕入れたかすら覚えてない。気にならない。
目の前を通り過ぎていくいろとりどりの裸体万華鏡としかみていない。

でうちのDVDを下げると他の委託DVDが入るだけ。
メーカーのポリシーのなさも確かにあるのですが、
商品を作っているのはメーカーなので、往々にしてメーカーはさらに低価格商品を
作ったり、委託セットを作ったりで対抗します。

商品を作れるのがメーカーである以上は、これだけ販路が電子化されると
商品を借りるしかない実存店は良好な信頼関係を築くしかないです。
メーカーもそれに応えようとするところはちゃんとする。

が、ゆがんだ構造がすでにあるので店もメーカーも個々のメーカー、個々の店、
ましてや個々の店長ではがんじがらめでどうにもなりません。

お店にできることは、安い中古買取にシフトするかリスキーな商品を置くしかないわけで
今回図らずも中古”買取仕入れ”に一石が投じられた以上、規制側の意思が見えたという点で
重要なサインかもしれません。
灯台と言うのはわかりやすく見えやすいところに、誰もが見えるように置かないと
注意するように、という意図が伝わりませんから。

うちは問屋の縛りがなくなったので、こういう関係を築きやすく、回っているお店はすごい回ってます。
反対に、入れても入れても棚の隅に押しのけられて導入半年間新作さえ売り上げゼロというお店もあります。

200店舗程度でこれなのだから、全国3000店舗まで拡大してしまうと、
陳列管理など望むべくもない、という状況です。

エロDVDの洪水は起こるべくして起こったのですが、
さていざこういう状況になると、いったいどのようにして店舗あたり数百枚ある
旧作新作含めた在庫を回収して収束していくか、というと実は私自身、まったく考えたくも
ない案件だったわけで、このタイミングで問屋がつぶれたということは、
収束点を見出すため背中を押された格好もある。

きこりが毎日切った木材を山になるまで放置しておいて、それを人雇って送料払って半年一年かけて
別の場所へ移動するなんて考えたくもないですよ。普通。

うちはいろいろ協力してくれたスタッフがいて、6ヶ月で回収と清算が終了したのだけど、
他のメーカーはいったいどうなったんでしょうか?
市中在庫は回収も清算もせず問屋だけが変わってそのままだというメーカーがほとんどなのでは?
旧作をみたらかなりの数が売れていて補充報告がされていない状況だったので、
こういうところも作業して始めてわかりました。

問屋がぐうたらだという話もできるのですが、時代の流れかもしれませんね。
メーカーもいよいよネットで中古販売を始めました。
こんなの簡単にできますから。

うちはDVDよりはVIPですかねえ。

|

« 日高ゆりあちゃんのめがねぶっかけ残り2枚 | トップページ | PSD05サンプルアップ »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日高ゆりあちゃんのめがねぶっかけ残り2枚 | トップページ | PSD05サンプルアップ »