« DMC-25サンプル公開 | トップページ | 6/1オリジナル京野ななかちゃん&重要な告知 »

2012年5月29日 (火)

アマゾンの割引価格がめちゃめちゃに

旧作がいきなりでたのでなんだろうと思ったら、
アマゾンの割引が物によって0~30%と大変動していた。
割引が15%以上になったものから綺麗になくなっていたという次第。
いったいどこから見つけてきたんだろう???

探してみると相当安く買えるのでカートに入れて待っているといいのではと思います。

割引が大体10%だったのが去年からセラー登録でいろんなベンダーが
送料つきで同じ商品も出品できるようになったので
送料が0~750円くらいとわけわからん感じだったのですが。

送料無料が厳しくなったのか、死蔵在庫にならないようにランダム割引を導入したのか。
楽天みたいに週末セールじゃないのでいったいいつ割引が終わって始まるのかわからないところが
つらい。

問屋が倒産したあと、いってみるとあの問屋さんはうち以外にもいろんな商材を扱っていて、
結構な数の商品が古くなったり売れないのにおいてあったりして、店舗の死蔵在庫に
なっていたため、店舗の一角が未だに人を寄せ付けないごみためのようになっている
(死に棚、といいます)
ケースがあり、ひとえに店主の怠慢なわけですが、アマゾンにも同様のメーカー品があって、
物により70%OFFとかやってます。
4000円が760円とか。それでも順位を見ると桁がうちの売れないとは違うぐらい売れない。

そこまで割引しても売れないならもう止めればいいのに、おいてあるわけです。
これは作り手側からすると偏愛
セールス側からいうと叩き売りメーカーと言うことの宣伝
になるので、ミルキーはベンダーメーカーなので7割8割引いて売れないなら、
下げるのですけど、
DVDで数万枚作ってしまって死蔵在庫がメーカーにも山積みされているので
メーカー側からすると、一店舗でもおけば売れると、返されてもおくとこがない、
死蔵在庫の置き先を探す片道切符の旅になっているところが相当数ある。
お客さんがカネもらってもいらないよ、という商品であるかどうか関係ないのです。
メーカー在庫にされると、困るわけです。

アマゾンもAVの粗製乱造はそろそろ気づくだろうから、いつこの死蔵在庫予備軍を振り分けて、
強制返品の嵐が吹くかと言うことに一歩近づいたのかもしれないです。

オンラインアナリティクスの状況と、ロジスティクス倉庫の激増振りから見て、
利の少ない(価格の安い)商材の扱いについて、エロDVDの死蔵は文庫本の絶版や
個人出版とはわけが違うほどの大量の粗製乱造があふれかえる、という
ことにあの倉庫が許せるか、バランスの問題かもしれない。

とにかく一部のAVメーカー、特に売り手を兼ねているようなメーカーに
多いのが、腐らない大事なDVDを捨てるのはできない、もったいない、量が多すぎる、
がため、何年も何十年も、1円10円まで下げてでも
在庫品を売り続けようとする悪い癖です。

問屋の悪いところは本部の回転率で陳列状況まで把握しないので、
ろくに陳列しない商品であろうがなかろうが売れない、というデータ上の
判断だけで、改善の余地があるのに回収かけて、結果さらに回転が落ちるという
悪循環に陥る。しかし気にしない。他に売れているメーカーがあれば気にならない。

店舗さんは能力のあるほど店長の気に入るメーカーで棚を作るので、
こういうところは気に入るいらないで数字がかなり変動する。

それぞれ一長一短がある。

アマゾンは倉庫の在庫がなくなっても運よく再入荷すれば売れないこともないので、
オンラインデータベース代わりに使うこともできる。

売れなければこのオンラインデータベース代わりにして、購入があったらメールで
発注がとぶ(楽天の店舗に問い合わせ機能)みたいなものの
実装が近いかもしれない。

いずれにせよ、うちはけっこう廃盤にして、お客さんも再販に期待されるぐらいですけど
こういう風に思い切って廃盤するメーカーと言うのは、実は皆無に近いということが
わかってきた。

うちの常識は業界の非常識、なわけです。

お客さんの常識は業界の非常識、でもある。

といってお客さんの常識はうちの常識ではない。

ただうちはお客さんの常識がなんであるか、という観点を少なくとも通常のAVメーカーの平均よりは
理解しているということをうちだけでなくお客さんにも理解していただいている
ということです。

ただお客さんの常識をそのままやっていたら商売にならない。

いずれも温度差の原因は”身銭を切らないので無責任に好きなことを言える立場かどうか”

というのが主要因です。

恒常的に作りすぎるのが常識のメーカーなら、死蔵在庫は死活問題だし、
ハメはレンタルで十分、というお客さんの常識を鵜呑みにしていたら、
ミニラやアンパンマンがハめるだけの夢のないレンタルがあふれてしまう。

それぞれ立場気持ちを理解できたうえで、という決断をしないといけないので
不景気の昨今は厳しい舵取りです。

DMC25が幸先良いスタートを切って安心したのですが、ああいう作品はもう作りたくないので
自分が満足したらもう作らないでしょう。

お客さんとしては、かわいい女優でみれれば満足だ、というならなんとか考えてできない方法が
ないわけでもないですが、どうなんでしょうね?

お客さんがお金を出してまで見たいAVというのが現実を越えた夢の世界を手ごろに、であれば
なんでもいい、になりつつある感じが最近します。

地元で有名なお城のような結婚式場(@遊園地のハリボテ)で十分満足でそれを最終目標としている人々に、
欧州の本物の城や宮殿での電飾でない暖炉やガラスでないシャンデリヤに囲まれた結婚式のイメージを見せたところで、

価値観が違いすぎてわからないというのがありますが

どうもミルキーも今は問屋のカバーがない分、
手軽なマニア物、というのも含めいろいろやらないといけないかもしれない。
まめになんかやらないとお店の人が隠してしまったり、問屋さんが放置したりするためで。

今後出るいくつかのシリーズはそういう傾向が強くなるのではと思います。

決め手としては、DVDの物量販売を可能な限り抑えて、いかに小数店舗で
効率よくやっていくかと言うことです。

ようするにできるだけDVDを作らずに、売り切れたらおしまい、の季節洋服的なやり方に
近づいていかないと死蔵在庫でエロDVDのゴミためになってしまう。
そのためには流れのお客さんをオンラインに引っ張ることが回答なのかというと
店舗で何気なく買っていた方も、ネットになるとなかなかポチらないので
その傾向が現れてしまう。だからネット通販は思ったほど伸びない。

店舗を軽視すると店長さんのモチベに影響するので、店舗向けにもいろいろ考えないといけない。
女優イベント、などはまさにそれでしょう。音楽もCDの販売よりも、ギグ収益に変わっていくと思います。
ギグと同じで、全国の市町村であまねくやればいいってモンでもない。
狙って絞って効率化しないと、すぐ疲れて倒れてしまいます。

モザイクは今年からだんだん早くなってきたので、もっとモザイクの量を減らして、
効率よくやればいいのではと。MSみたいなものは自分も好きなんで。

こんなことを考えながらエロDVDの企画考えても疲れるだけなので、最近は昼間仕事しないです(笑


|

« DMC-25サンプル公開 | トップページ | 6/1オリジナル京野ななかちゃん&重要な告知 »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DMC-25サンプル公開 | トップページ | 6/1オリジナル京野ななかちゃん&重要な告知 »