« イベントで特別上映できるかな? | トップページ | ○○即売会 »

2013年3月13日 (水)

NB-A03藤原愛音発送開始

リアル店舗、通販向けに新作順次発送開始いたしました。
よろしくお願いいたします。

DVDは製造コストが安いのと、プレーヤーの進化でアプコンが反映されだしたこと、
ブルーレイが量販に向かない、という理由でなかなか減りません
やめたくともやめられない、というのが各メーカーの実情なのでは。

売れない理由と売れない要素分析は、もう業界ではいろいろ出てきますが、
じゃあ何が売れるの?という分析はようされません。

私が得意なのはなぜ売れないのか、という現状分析より、
いずれ売れなくなっていくだろう、いずれ売れていくだろう、という未来予測に対する現状分析なので、

売れない理由あげつらうのは本位じゃないのですが、
いずれにせよ、中古流れが増えるのは所有欲が失われたことの証左なので、
所有欲を喚起できないまま駄々漏れ的に出てしまうので横流しの対象に
なるわけです。

所有欲を喚起するのが、いわゆる良い商品、なわけです。

制作費が高いのは良い商品とは限りません。

所有欲を喚起するものを創造できる、ということは、正直私のような作っているもので
かろうじてわかる部分があって、占いに近い要素です。

己が手を加えたものが他人の所有欲を喚起する、というのが
我々マニアックビデオでよくある方程式で、
監督別にファンがつくのもそういう理由です。

女優別のファンはもっと即物的ですが、離れやすい。

両方がミックスすると、なかなかよろしいものになる。

ヴァイオリン職人がつくったヴァイオリンのようなものです。

どこのヴァイオリンか、でなく、誰が作ったヴァイオリンか、が要素のかなりの部分を占めてくる。

ヴァイオリンそのものになんの差もなくなってくると、わずかの差が重要視されるようになる。

DVDはそういう要素を差し引いても、ゲームソフトと同じ問題を抱えているので、
ゲームソフトの提案したある方向に行かざるを得ないでしょう。

それが何か、を言ってしまうと、大変難しいことになるので実は怖くて言えないのですが。

この3年で、DVDをめぐる環境は大きく動いていくと思います。

私としては、買いたいといっていただけるヴァイオリンを作り続けられれば
それでOKなのでがんばりたいと思います。

|

« イベントで特別上映できるかな? | トップページ | ○○即売会 »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベントで特別上映できるかな? | トップページ | ○○即売会 »