« 4/10汁王の日から5/9ごっくんの日までキャンペーン | トップページ | MS-02発売と同時に品切れとイベント予定 »

2013年4月11日 (木)

完治しない尿道炎!AV業界の前立腺炎の恐ろしさ

AV業界と性病は切っても切れない関係にあります。
性病といっても日本のAV業界では100%STDです。HIVはゴムなので基本ありません。

最近撮影会社が死亡寸前でゴムなし現場が増えているので、HIVのリスクは増しています。
ほとんどが新宿の某での検査なので、その検査は短期間で有名ですから、
なんらかの事故が起きてここの信頼が崩れた場合、本物の陰性証明書はでているわけですから、
一気にHIVが広まるリスクはあります。
生中も生もそういう意味で、よくないです。
といって生もしないたいした接触もしない汁男優まですべて全頭検査しないといやだ、
とか極端なこと言われてもそれは絶対いやだから無理を言っているのか、
勉強不足でしかないので撮影自体振りません。

汁男優はそういう意味では風俗以外はあまりリスクはないのですが
(貧しくて風俗にいく金がないか、一般の人で家族がいるので行くに行けない)

たまにちょっと頭が弱いかな?という人に運よく仕事が回り込んでくることがあります。
または判断力が鈍く、何日もオナホを使いまわすとか、
汚い手でオナニーするとか、清潔とか手入れとか、そういう衛生対策を
取れない人がいると、そこに付け込んで病気が蔓延します。

うちが警戒しているのはそこです。

うちではこういう性病予防対策を掲示しているのですが、
大変申し訳ないのですけれど、頭が弱い、としか言いようのない人は
こういうページを作ってもまず見ることはできません。
探せない、クリックしない、自分の都合のいいようにしいか認識しない

こういう人に何を言ってもすべて逆に動くので、ほとほと弱っています。

現在あやしいのは前立腺炎です。

星沢さんのGKSで精液のような血が出る、というのがあって引かれた方も
多いと思いますが、最近それが増えてきているようです。

この精液に血が混じる、というのが新しいタイプの尿道炎ウイルスじゃないかと疑っています。
(泌尿器科ではひとくくりにされますが、コンジローマでもすぐ直るのと、何回切っても
しつこく沸いてきて液ひとかかりでも移る伝播性の高いのとあります)

前立腺炎と書いても、タイプが大きく二つあります。
加齢や体調の極度の悪化など自然、一過性のもの
尿道炎ウイルス由来のもの。男優に多いのはこっちですが、大変診断も治療も難しい。

実は知り合いの男優と昔、牛や豚の臓物のなかで絡むというビデオをやったことがあって、
そのあと彼は神経質で、何回泌尿器科に行っても尿道からピリピリが消えない、と
言って、よくよく病院を変えたら非淋菌性尿道炎の原因ウイルスが
生き残って、前立腺に到達し、前立腺の中でウイルス繁殖するタイプの前立腺炎だった

ということがありました。
前立腺は抗生物質が効きづらいので、ここに逃げ込まれると尿道炎が表面上治っても、
前立腺の中で生き残って繁殖しだすのです。

そこで私も尿道から膿が出たのになんの菌も出てこないとか、検査しても異常がないのに血や膿のような
ものが出るときは、前立腺を疑います。

普通は前立腺炎の症状は、ほとんど出ません。
神経質な人でもまずわからない。

性感染症ウイルスというのは、淋菌以外のかなりの種類のウイルスがあって、
実はどんなウイルスでも尿道炎を起こしえます。

この淋病でもクラミジアでもない不明確な非淋菌性尿道炎が、汁男優に襲いかかるのです。
問題なのは、排尿時の痛みもなく、ぼけっとしている人ほど気づかない点です。

普通の人でもそんな感じなのだから、
パンツが膿だらけなのに平気で現場に来るとか
指摘されても病気じゃないです、と言い張るとか、とにかく隠すような頭の弱い系の人だと、
どんどん悪化する。

病院にいったとしても薬を飲んでもすぐやめたり、いいかげんに考えているので
知らない間に前立腺に達し、繁殖して食い荒らされます。
まさにシロアリの巣のような状態になり、
精液は白く、量もかわらないのに、精子だけが死滅します。

種無しになりながらハンハンぼくAV男優ルンルン、なんてやっていることに相成る。

ある日、イ、イ、イクッという快感とともに茶色か鮮血色の精液が
噴出して卒倒するという次第。
それでわかったとはいえ、その段階で果たして完治するのか、どれほど精子が損なわれているかは
実は不妊治療するまでわからない。
新しいタイプといえ、よくないことに変わりはないでしょう。

性病科はあてになりません。
町医者クラスの泌尿器科も当てになりません。

普通の性生活ではかからないこういう特別なウイルス性のは、あまりわからない。

大学病院か県立病院クラスの泌尿器科で、いろいろ調べた上に前立腺検査をする以外、わからない。

それも、わかったところで前立腺というのは抗生物質が入りづらいところに
あるので、薬が効きづらい。
いったん症状が治まっても、なかに菌が残っていることが
ほとんどで、種火が残り続け、結果数年かけて無精子症へされてしまう。

一般の人でも、ヘルスやローションプレイ、フェラ、スマタ、テコキなどでも、入り込む可能性はあります。

怖いのは入り込まれて残ったが最後、排尿痛が直っても前立腺に食いついた菌は
痛みも感覚もなく、じわじわと薬も効かず食い荒らしていくところで、普通の人でも治すのに苦労します。
カルテに残ったSTD用に処方された抗生物質では、効きません。
もうSTDに効く抗生剤も、耐性が増えてそんな種類がなくなってきています。

子供を早く作ったほうがいい、というのは女性だけじゃないのです。
男性も、たいしたことない尿道炎が、浅はかな知識で放置したために
前立腺の中身を病原菌の住処にされて精子が死滅する、ということが
結構な確率で起こる可能性が高い。


前立腺検査をやればまあわかりますが、なぜわからないかといえば、
まず精液をみないと検査するかどうか、判断しない。

精密には病院のトイレでシコシコして、精液を出して、それを菌検査することになるので
薬で治るうちに大きい病院にいかないとかえって悪化させます。

最近は前立腺の奥にちゃんと効いていく抗生剤もでたので、
多少は治りやすくなっていますが、下手に教えると現場の前に意味なく
抗生剤を飲む「予防飲み」をされて抗生剤が効かなくなるので、
病院へ行って聞いて下さい、ということにしておきます。

バイアグラ飲んでごまかす三流男優が
抗生剤の予防飲みをしたのが、血液発射の温床になったのかもしれないので、
素人男優はとにかく注意してください。

ちんぽこ勃起させて血を絞り出していたら、ばからしいことこの上ないですね。


一番の問題は頭の弱い人はこういう文章を理解しないとか、自分は性病でないんだ、とか
もっとやばいのは行く病院を間違える、間違った病院にいく、藪医者にいってだまされる
そういう部分です。

これでは結局いろんなことを言ったとしても
肝心の受け取った側の自己判断がメタクタなので、馬耳東風となります。
恐ろしいのはかくして現場にき続けて、ほかの人に接触していく、その部分です。

とにかく毎日おしっこを見ることで、ある程度予防はできるでしょう。
おしっこが透明になっていたとしてもなにか汁が出るとか、いつもと何か違う、という
場合は、すぐ病院へ行きましょう。

毎日おしっこを穴が開くほど見たのに、異常に気づかない、なにが悪いかわからない
膿と精液のしみの違いもわからない。
何回見てもわからない、何を言われているのかわからない。自分が何をしていたのかもわからない。

こういう頭の弱い人は数回様子を見ますが、大変危険なのでうちの現場では切ることにしています。


全頭検査が義務付けられて、しつこいくらい検査しても、
前立腺炎のような本人にしか影響のない、移りづらい病気も多いということは、肝に銘じてください。

|

« 4/10汁王の日から5/9ごっくんの日までキャンペーン | トップページ | MS-02発売と同時に品切れとイベント予定 »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

私も一度、非淋菌性尿道炎は掛かりました。強い排尿痛がありましたね。
お店で関係を持った若い子なんですが、声が枯れていたので酒焼けかタバコかと思ったら病気だったのですね。
医師に利用した店と日時と場所の申告し、2度ほど注射処置、また指示に従い、関知するまで性行為、飲酒を禁止し、内服薬を飲みながら養生しました。
痛みは数日で治まりましたが、用心して3週間ぐらい掛かりましたね。
尿検査の数値から、むしろ医師が真面目に守りすぎていると驚くほど。辛い刺激物も控えましたし。
たいてい痛みが収まると治ったと思って治療を中断したり、飲酒や性行為に走る人が多いらしい。
この程度であなたは運がいいほうです。以後、注意してくださいと言われながら、治療を終えました。
むしろ連絡のしようが無い、自覚症状がない女の子が重症化したかもしれません。逆ギレされても困りますし。
撮影という仕事でも、またプライベートでも、性行為は信頼できるパートーナーであることが必要ですね。またブログ、ツイッターでご教授ください。楽しいものだからこそ、正しく怖がり安全に楽しむ。

投稿: 白子武蔵 | 2013年4月11日 (木) 21時17分

お世話様です。
それはいつのことか?が今回問題です。
おっしゃられている経験は、通常の対応で、注射であったらなかなか強力なのを打ったと思います。
今回問題にしているのは、排尿痛もあまり感じないパターンです。
せいぜい「ピリピリ」です。

性関係由来の炎症は、性病科はうそついて間違った薬出すし、
泌尿器科は前立腺がんや老人向けの前立腺肥大の経験は豊富ですが、
こういう特殊なものは経験のあるお医者さんを探すのは至難の業です。

都内だと大久保の社会保険中央病院(ここは痔では日本一で有名です)がもっともよく
御茶ノ水の日大病院も予約できてよいです。
大学病院の泌尿器科でしつこく検査すればまあいいでしょう。
小さいとこだと恵比寿のえびす皮膚泌尿器科は昔から業界で有名なところです。
高円寺の三上皮膚泌尿器科もよいですが、先生高齢でとにかくモノスゴイ外観で普通の人は
恐ろしくて入れないでしょう。

都内23区外だとどこも当てにならないので、
大学病院か県立病院を当たって下さい。

今の病院はとにかくお金がないのでまともに診療しなくなりました。

投稿: shiruou | 2013年4月11日 (木) 21時38分

もう4年ぐらい前ですね。最初は喉が痛く風邪かなと、4日ほどして排尿痛で病院に行きました。
知らなかったので、ネットで調べて都内の千駄ヶ谷の中央医院でした。血尿はなかったですね。
行為者との性別は女。内容と日時、いわゆる69をしたこと、治療中の日常生活の注意点を聴いたりしました。
必要であれば、検査します。
>前立腺の中身を病原菌の住処にされて精子が死滅する、ということが
結構な確率で起こる可能性
これは怖いですね。自覚症状がないのは。
昨今の無精子症は、配偶者に過去を言わずに放置が原因なのかと勘ぐりたくなりますね。
見てる分には関係ないですが、いいかげんな検査でぶっ掛け中出しをするメーカーさんは関係者全員、汁とての商材、作品としての商品を壊す行為ですね。
しかしオナホを使いまわすはアホかと。
先の病院でも、誰かが処方された薬を病院内のゴミ箱に捨てているの見ましたが、どうやったら要らないと判断できるのか理解に苦しむ場面を見ました。

投稿: 白子武蔵 | 2013年4月11日 (木) 23時47分

現場を長年見ていると、アホと呼ばれる以上にひどいレベルから、大学研究員のようなスーパーエリートまでを
一度に見ることになるので、どんな非常識がでても驚かなくなります。
よく言われるのですが、いろんな人がいる、ということです。
病院名まで出しても科を間違えるとか、たどり着けないとか、平気であります。
ここがアフリカだと、もっと神話のようなことが起こるらしいですからまだましなんでしょう。

投稿: shiruou | 2013年4月12日 (金) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/10汁王の日から5/9ごっくんの日までキャンペーン | トップページ | MS-02発売と同時に品切れとイベント予定 »