« 日高ゆりあさんの特典ブルーレイちょうどなくなりました | トップページ | 大城かえでさんイベント情報<NEW> »

2013年5月18日 (土)

えらい男優?

昔話で恐縮ですが、汁男優をはじめたころ、初めてAV男優に会った話。

汁男優といまでは言われていますが、先日汁王子に聞かれて思い出してみると、
当時は電話でいちいち制作会社まで出向いて面接して、やっと仕事がもらえる
インターネットも携帯電話も無く、ポケベルは高い、
仕事の電話は家にかかってくるといった時代で

実はどんなに高額なギャラを払っても、怖がって誰も汁男優になんかなろうとしない
時代でした。

まさか女の顔に精液をかけるだけの仕事があるなどと誰も信じなかった時代です。
雇われるほうも怖ければ、雇うほうも怖いといった風に、5人集めるのも難しい時代です。
その時代のほんの数人の汁男優が、後に素人男優の世界そのもののビッグバンの大元になる
のみならず、ギャラも出世ももっとも恵まれた時代を手にしました。

そんな中で後に初期10傑となっていく素人男優集団が出来上がるまで、2年近くを要するわけで、
最初はみんなバラバラに呼ばれていて

あとは今と変わらず

見た目が普通で
ちゃんと来て
発射が早くて
余計なことを言わないが非社交的ではない

人が月一回、二回と増えて呼ばれていく。

そういう時期が一年近く続きます。

つーわけで、汁男優とはいっても、最初は人もいないので、ぶっかけでない現場に
ずーっとピンで呼ばれていたわけです。

エムズさんの第一作目に出てくる隆速麗華さんという人が当時
いまして、ちょうどエムズからマニアモノが勃興したもので、
この人は端正な顔なのにハードエロをこなすので、よく出ておられました。

57dk00010jp17

2601

というか当時はこういう美女が実はものすごいスキモノのド変態マジエロと聞いても、
まったく信じることができなかった。

最後はウンコぶっかけまでやりますが、あれは松本さんを相当信頼してたんでしょう。

エムズのお店でもスーパーグレートな真っ白いスーツ系の私服で遊びに来ていた時にちょっと話したりして
「あなたと絡むのはいやじゃないですよ」とか言われて
絡んだことは無いですが印象の深い人でした。

この人とほぼはじめての現場に近い現場で一緒になることがあり、
そこで絡みの前にチョイ役で出て、そこにはあるAV男優さんがいたんですが、
彼はエムズさんやほかの現場ですでに絡みをやられていて、なかなか能力があった。
(今にして思えば遅漏という決定的なビハインドを持っていたので寿命が長くないことは明白でしたが)

彼は彼女とも何回か絡んでいたわけです。回るところが一緒だったんでしょうがない。

まあ初めて男優さんにお会いするもので、何も言わなかったんですが、
この人は無愛想で有名で、目もあわせないし何も話さない。
つまらなさそうに、だるそうにゴロゴロしているだけ。
狭いスタジオで場慣れしたプロにうっとうしがられている素人の私、という構図です。

そこに麗華さんがスタジオ入りしてきたわけですが、彼は挨拶をすると思いきやいきなり


「またお前かよ!」


と大声で叫んだのでびっくりしてしまった。

今まで静かだったのに。

どういうつもりでいったのかはいまだにわかりませんが、
少なくともそばで聞いていた私にとっては、

失礼じゃないのかな??

と感じました。普通の反応でしょう。

そんなこんなで着々と現場をこなして、私は絡みの前にスタジオを出されてしまいますが、
ちゃんとやったようです。

私といえばこの経験から、すべて彼の逆をやることにしたのですけど
(彼はその後遅漏と無愛想と傲慢で仕事が減り、田舎に帰った)

もしかしたら麗華さんは意外と喜んでいたのかもしれない。という点です。

なにしろ業界に入ってから、男よりも女のほうが見かけによらない、という現実を
そのあとも何度も目の当たりにするもので、そういうこともあったのかもしれない。

私としては傲慢や無礼、タメグチや挨拶しない、
ぶすくれて無視する、という扱いを男優はおろか監督からさえその後何度も受け、
彼らがいずれも無職になって没落していったことを考えると
(なぜか成功してスタジオ経営や制作会社の社長に収まる人にその傾向が強かった)

私としてはなるべくやわらかくしたいわけです。
(今は逆に硬くするのが大変ですが(笑))

AV男優というのは、とにかく絡みをこなすまでは徹底的なアウェイでボッキさせていかなければ
そもそも無理という仕事なのです。
そういう中で生き残ると、傲慢になるのも仕方がないのかもしれない。

男優も女優も、10年先の自分の未来を考えるだけで恐ろしくて夜も眠れない
不安にさいなまれるので、成功するほどに精神を病む人が多い。

ただし、男女の仲とは面白いもので、一見無礼な言い合いも、むしろその方がいい、
という人もいたりします。

一面だけで外野が誤解をしやすいのもこの業界の特徴といえます。

私の中では、あの気持ちが誤解だったのか、正確に彼の人格を判断したのか、
いまだに判然としない部分があります。

傲慢といえば即座に干されても文句を言えない傲慢さだし、
親しい付き合いといえば、もうお前とやりたくねえよ!というニュアンスの言い方は究極の愛かもしれないし。

AV男優というのはその宿命上、ガラスの心を持っていますから、どこまでが本気なのかわかりません。

最近は、逆にズケズケとモノをいわれて傷ついてしまう男優も多いように思います。

有名で偉い男優は何人もいます。

その中でもキャラクタとして、排他的で人を無視する男優と、
輪を作っていくタイプの人がいます。

今は、排他的な人は劣勢のようです。

バブルのときは、逆にそういう人の評判が高く、月収2百万とか稼いだり。

それぞれを見てしまうと、どちらがいいのかわからなくなってきます。


だから、そういう人が人気のときは、私は

時代が間違っている。これはいずれ業界そのものが必ず没落する

サインだと思うことにしています。


だから、自分の目で見て、足を運んで、話をして、数字をつかもうと
つぶさに見て回ることが大変重要なのです。

次は、商売が運足からネットへ移行し、それが進むほどに、
逆に人材やデータはネットから運足の時代になるでしょう。
純度の高い有用な人材や情報を得ることが、難しくなる時代。

素人感覚が主役の時代から、情報に金と手間をかけられるプロの時代が再びくるのでしょう。

爛熟し、人がすさんだ業界は滅びる。
人に嫌がられ、石ころのように扱われている業界は伸びる。

この法則を、今古典から確認しているところです。

|

« 日高ゆりあさんの特典ブルーレイちょうどなくなりました | トップページ | 大城かえでさんイベント情報<NEW> »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しています。そんな時代があったんですね。でもこうやってブログやっていることなんて10年前ではかなり希でしたよね。完全なる勝ち組のブログって感じがしました。イベント楽しみにしてます。かなり今度の新作には期待してます。同時に緊縛されてマゾな女性にすごく興味を持っています。よかったらブログをご覧ください。

投稿: | 2013年5月18日 (土) 21時55分

ご訪問ありがとうございます。
よく言われるんですが私は勝ち組とは思っていません。
男優としてはまったくの、負け組みです。
なにしろ男優としての仕事はもうまったくないので。
メーカーをやっているから勝ち組といわれると、私のメーカーなんかちっちゃなもんで、
セルビデオ店に行くとそうそうたる巨大メーカーの林に押しつぶされそうになってます。

今の汁男優とか
かつて一緒に仕事してまだAV男優を続けている人
メーカーから仕事を請けないと生きていけない制作会社の人たち

からすれば、メーカーとしての生活や苦労はわからないから、勝ち組と
陰口を言われたりすることはあります。

実際は、高額な女優も男優も使えませんし、制作会社に何本も
制作をお願いするほど儲かっているメーカーじゃありません。

あまりにも立場がめまぐるしく変わったので、何年か後に
私の立場や環境があまりにも変わっているので、以前から知る人はよく勘違いされますね。

私はそもそも自分でぶっかけビデオをとりたくて、でもお金も無く、ネットワークも
なかったので矢も立てもたまらずとにかく参加した、のが理由なので、
私の中では最初から

メーカー志望の男が誘われるままいろいろ仕事をしていた、なんです。

メーカーを知らない人からすれば、勝ち組に見えますが、メーカーとして生きている
多くの会社から見れば、取るに足らない
総販問屋にだまされて逃げられた二棚がいいとこの負け組みメーカーですよ(笑

立場が違えば見方も変わるものです。

投稿: shiruou | 2013年5月18日 (土) 22時21分

こんばんは。さっそくのお返事ありがとうございます。そんなご謙遜を笑。素晴らしい作品ばかりではないですか。いつも買ってます。飽きない感じが素晴らしいです。僕もM女さんの相談をよく受けるのですが、なかなかうまく答えられません。調教も頼まれてしますが、気持ちがあまり最近入りません。いつも縛ったり、女性の内面を表に出すのがうまいですよね。女性の気持ちを感じ取るのがすごく難しいです。女性の相談に悩んだらミルキーのDVD貸すから見てのほうが早そうです笑

投稿: | 2013年5月18日 (土) 22時28分

調教師の方ですね?
恐れ入ります。
なんとかやってます。
すこしやる気が出てきました(笑

イベントはお店がメインになりそうで、ファンイベントはいったいどうなるのかギリギリまで
さっぱりわからないのですが、ファンの方と話すのも楽しいので
いずれにせよ、やって行きたいですね。

女性のことはじつは私自身、あまりわからないのでほめごろしかと思ってしまいますが
最近役に立っているのはマンガで賞も取れなかったどん底のころに、
図書館で読んだ占いや、心理や、書道芸術、フランスの文化や料理のことが
大変役に立っているようです。
アダルトとはまったく関係ない部分です。

いずれも足で歩いて自分で探して、実際にほんとかな?と捜し歩いたところです。

このブログでもフランス旅行のページだけ別のブログで紹介されていたりして、
やっぱり情報としては自分だけが知るものを出してあげると、
女性は喜びますね。

男優をやっていたときは性病の勉強ばかりしていたので、お医者さんのように
いわれていました。

今は、いかに自分の望むプレイ、望むつぼを美女に上手に責めさせるよう
流していくか、というノウハウビデオを作ってます。
たぶん8月に出せるのではないかと思うのですが。

投稿: shiruou | 2013年5月18日 (土) 22時51分

お返事ありがとうございます。そんな調教師だなんて趣味の一環です。やる気が出ていただいてよかったです。リンクとかしたいのですが、何かいい方法はございませんか。私のブログにミルキーさんのリンクをはりたいです。また、できたらリンクとかしていただけると助かるのですが。。お願いします。アドレスのほうに詳細を直接書いていただけるとさらに助かります。よろしくお願いいたします。

投稿: 涼 | 2013年5月18日 (土) 23時25分

うちのリンクはご自由にどうぞ。
リンクはhttp://www.milky-cat.com/web/からできるはずですよ。
アクセスはそっちのほうが多いと思います。

投稿: shiruou | 2013年5月18日 (土) 23時33分

お返事ありがとうございます。挑戦してみます。
ところで素人さんなどが応募していますが、みなさんお美しい方ばかりですね。うらやましい限りです。自分のブログではこんなに集まりません。おまけにドタキャンが多く。大勢の女性が今も素人応募されているのですか?

投稿: 涼 | 2013年5月19日 (日) 20時38分

うちも同じで、キャンセルが大変多いですよ。
風俗系のようなHPだと信頼感が上がるようです。
ブログ拝見しましたが、文字ばかりで読みづらいかな、という感じです。
株式系だと文字や数字だけのブログをけっこう読んだりしますが、不思議なものです。

投稿: shiruou | 2013年5月19日 (日) 22時29分

こんばんは。写真とか数字入れてみます。でも女優さんでドタキャンとかはありませんよね?個人的には素人のみくさんに初めてハマりました。その後、由美子さんとはまっていきました。どなたもお美しい方ばかりでほんとうらやましい限りです。ひとえにKINGさんの尽力なんでしょうが。みなさん、M女さんなんですか?これだけ美しい方だとかなり面接で素人さんをふるいにかけていると思うのですが。大勢申し込まれているのですか?

投稿: 涼 | 2013年5月19日 (日) 23時01分

涼さんがM女に何を求めているかいまいちわからないのですが、
うちの場合は、長くやっているから多少信頼関係があがりやすいのかもしれないですね。

投稿: shiruou | 2013年5月20日 (月) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日高ゆりあさんの特典ブルーレイちょうどなくなりました | トップページ | 大城かえでさんイベント情報<NEW> »