« なかなか死なない斬られ役コント | トップページ | マイ強壮剤 »

2013年7月24日 (水)

性病検査証は免罪符ではない

最近性病検査を定期的に受ける汁男優がすごく増えた。
大変よいことである。
なんでも、もっていない、よりも
もはや持っているほうが現場が増えるので大変都合がよくなった。

という理由だそう。

生現場や中出し現場がやたらと増えているという事情もあるようですが、
生のほうがボッキ確率が格段に跳ね上がるので、からみ男優気分を
手軽に味わえる一面もあるでしょう。

生本番は、ゴム本に比べ、成功率が何倍にも跳ね上がります。
ゴム本番でボッキを維持してカラミをみせて発射までいける人は1000人に1人いればいいほうですが、
生本番だと1000人のうちの500人くらいは可能になります。

だれでもできるレベルに跳ね上がるので、配信等が増えている理由もあるのでしょうが
検査証があると大変都合がいいのですね。

海外では一回HIVのパンデミックをやったアメリカが非常に厳しくて月1,2回は
みんな通うのですが、日本だとそもそも病院がほとんどない。
通販のキットくらいしかない。

そういうわけで、
「検査代を自腹で払うなんてイヤイヤ、全部出してよ全部やってよ、お金ないから男優なんて無理!」

そういう勘違いしたクソバカ野郎が出てくるのですが、
そういうクソバカ野郎はたとえ検査なしにしてもそもそも「足をくじいたので今日はいけません」
または電車代もけちる貧しい状態だと予防知識や衛生管理も推して知るべしの危険な
環境の可能性があるので使えないし信頼に足らない。
思い切ってきり飛ばしてはどうか、
とずっとまあ考えているわけです。


昔は確かにゴム本しかなかったので、検査なんてそうそうありませんでしたが
それをいったら80年代はゴムなし検査無しでバンバンやっておったので
時代が変わったということでしょう。

ただし勘違いもあるので、それをお伝えしたほうがいいかなと。

まず検査証の5項目はあくまで最低限の致命的なものであって、基本の性病原因菌は数百種類
以上ありえる、ために完璧ではない。
たかだか深刻な5項目がシロだったからといって、なんでもやっていいわけではない。

検査は免罪符でないので、そこんとこをよく承知するように。

HPVにしてもたちの悪いのに変異したり、腸にいる菌がなぜか玉に入り込むとか
いろんな不思議なことがあるのです。

子宮頸がんにいともかんたんになるようになったのは、私の感じるところでは、2000年以降のように
思う。とにかくいとも簡単に子宮頸がんや子宮がんになって、ころころと全摘される。
しかも若い娘が。
がん細胞は白い食べ物が好き、とかそういう予防のレベルではなくて、
細菌が原因じゃないかといわれてHPVになりましたが、HPVは昔からあります。


海外での五項目はアナルファックが常態化しているために大変間隔が細かいが、
これも業界レベルで厳しいゆるいがある。
フェラだけなら二ヶ月でもいいよ、とかそういうケースもあります。

性的な接触をしないのであれば、あまり深刻でなくともいいだろうと思います。
なにしろ今の医療で完璧に調べつくすことに土台無理がある。

今の医療を100%信じるのであればともかく、いまだにインフルも防衛できないし
薬もできていない、HIVは直せないし、ある日突然HPVががんの原因と発表したりする。
肺がんの原因もタバコじゃなく、自動車の排気ガスじゃないかと思いますが
今の医学では別に関係ないらしい。
ここ二年、急に30代以降の心臓発作や心筋梗塞による突然死が増えたようにも
思うが、原発事故との関連性は認められない、という、あれです。

3.11-3.31まで都内に居て雨を浴びたり、水や食事を普通にした人はすべて対象に
なる可能性はある。
来年からは東京湾の問題もある。それもおそらく関連性は認められないのであろう。
関連性を認めないのではなく、研究しないだけではないかといい加減思うけれど。

私は現代医学は完全ではないと思っている。

普通の人は自分に都合よく、検査したから医学的に完璧だ、と思ったり、
都合が悪くなると医学的にOKなはずはない!と怒ったり、ころころその場の状況で変わる。


そういう状況で、検査証を免罪符みたいに使うのも問題があるので
検査証を生本の免罪符に使うという行為は、ある程度は自己防衛の意識を持ってほしいです。
うちはカラミがないので関係ないのですが。


じゃあ、それで病気になることなんてあるのか?という話ですがね。

聞いちゃう?

聞いちゃうの?

言っていい?






ものすごいくさい。

マンコとか尿道が。


何をやったらそうなるのかは武士の情けで言わないでおく。

性病ではない菌であるのは間違いない。

そういうわけで、病院というより、異常をきちんと捉える能力を
磨かないといけない。


病院の先生はそういうことは気づかないです。膿が出ない限りセンセイは診断しない。

性器の匂いというのは、普通は多少するものであって
35を過ぎれば性器の加齢臭、というのもある。
したがって気にしすぎるのもよくない。

気になるようなら、風引いたときにでも病院にいけば抗生剤くれるので
飲んだら一時的に消えます。おんなじ薬だから。

ただ臭いを抑える為にSEXの前や毎日抗生剤を飲むことが
いかに狂った行為であるかは、よく考えないといけない。
抗菌ウイルスの温床にもなるし、
第一体の中カビだらけになりますわ。

そういう意味でソムリエになれないとだめですな。

素人が免罪符検査証を手に、やりたい放題というわけではない、と
これはよく覚えておいたほうがよろしい。

ただし女優は検査証があれば、やりたい放題でかまいません。
いかに忙しくとも現場が少ない
性病検査は主として女性のがん予防向け
いくら検査をしても性器を酷使すればリスクは自然と上がる。
負担をかけながらがんを予防することは不可能

だからです。

運転をする回数が多ければ事故にあう確率が上がったり
男性が精液を毎日発射しながら大量に濃くするよう努力するのと一緒で、
負担をかけないのが一番の予防になる。

外を歩いていて眼になにか刺さるのが怖くて高額の保険に入らないといけない!

そんなことが気になって保険に入るようならそもそも外に出るな。

そういう話です。

というこれは私の思想ですが。

|

« なかなか死なない斬られ役コント | トップページ | マイ強壮剤 »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なかなか死なない斬られ役コント | トップページ | マイ強壮剤 »