« 百田まゆか先行公開中 | トップページ | SMK-05通販部予約特典 »

2014年3月18日 (火)

格安性病検査機関を作ります

性病検査は実のところあまりあてにならないのですが
日本では仕組みが遅れているので、なにかあったら寄付しようかと思うんですがだれか
格安のものを作っていただけないかと思います。
うちはお金あったとしても資格ないので。

海外では月2回ぐらいみんなやっているのですが、それでもHIVがでたのは知っている人は
知っている話です。

で、なぜ二回もやるか、なぜそれでもHIVがあるかというと、
アナルセックスがデフォルトだからです。

特にアメリカはアナルが多い。
欧州は病気怖いのほうが強いので、思っているほどないです。
アメリカよりは少ないということですが。

そういうわけで、フランスなんかは日本とあまり変わらなくて、ゴム本アナルなしなんて
仕事も割と多く、検査についても現場によっては神経質ではないです。
とはいえ現場の前に行かないという人はいないでしょう。

そういうわけであちらでは検査機関も定期検診が受けられるようちゃんとしている。

日本というのはそういう意味でもあちらほどリスク自体は少ない現場です。
国単位でシャットアウトしているうえに、ゴム本メインでアナルがない。
ゲイが圧倒的に多いのは、その場でこそこそやることがゲイはとても多いからです。
相手も流しで捕まえることがあるので、どうしても衝動で起きる。

あとは子供。子供はなにもわからないから、高校生の羅漢率は高い。
妊娠率と比例している。
黙って中出しされるからわからないうちにかかる。


現状ではHIVよりもHPV(コンジローマ)のほうが圧倒的に危険。
HPVの男性検査はまったくない。目視しかない。
男性で自分がコンジローマもちだとみてわかる人はじつはほとんどいない。
認めたくない。

めんどくさいから。


それはともかく、基本5種はなぜ基本5種かというと、かかったら治らない、致命的なものを
5種と言っています。

ほかのはかかっても治るから指定されていないだけです。

だからあまりあてにならないといっているのです。
かかっても無視する人は無視するので。


日本でも月2回までは保険が効くようにしてくれるとかなり防げるし、高校生の感染も防げると思う
保険がきくというのは10年単位でかかるし日本はお金がないので、
やはり民間格安5種検査機関を作ってほしい。
お薬ノートとか金の亡者みたいな仕組みを押し付けるのはやめて、
(あれはいくら売った、いくら売りつけられるという売る側の売り上げ計算のデータどりでしかない)

若者向けに自分の検査履歴カードを持たせたほうがよほど安全だ。
いざというときの献血にも使える。

日本は血液検査所が少なくて、大体3か所くらいしかないし即日で出るのは2か所くらいしかないので
非常に高額です。これが検査行かない温床になっている。
ブライダル10種検査とか、あきらかにオーバースペックなものとか、
とにかく1万円ほしい、という感じ。
1万円以下はほんとうに最低限しかない。
ようするに検査機関にだすならあまり意味がない。


これが4000円ならみんな行くと思います。

また検査機関も神経質に細かくやりすぎるので、全部、完璧に、を優先しすぎて、
早くないし手間がかかる。献血の例をみてもすり抜けるのはすり抜ける。

抜本的に手順を見直したほうがいいと思いますが。

女性男性4000円で5種検査を4日でできる検査所を作ると、さぞかし啓蒙に拍車がかかると
思うので、切に願うところです。

HIV感染を防ごうとか声高に言うんじゃなくて、民間検査でも保健所でも、
5種というのははっきりさせて、高校生の保健体育できちんとチェックするよう
教えたほうがいい。

まず病気の写真を徹底して見せる。
SEXは明るいところでやってもよい。(むしろ明るいところを推奨)
必ず相手の性器を観察すること。(オーラルセックスは最適なプレイ)
中出しビデオを見せるのは結婚まで完全禁止して、顔射やごっくんを見せる(爆
(中出し作品の氾濫に比例して中出しやり棄て生み捨て継父なぶり殺しのシングルマザーが激増した)

※結婚したら中出しAVを思う存分見れる資格を作れば、さぞかし結婚が流行るだろうとおもうのだが

5種検査をできれば高校、大学の定期検診に入れる。


できれば高校女子の触診をいれればもっとよいのですが、あまりにもうれしすぎる仕事になるので
無理でしょう(笑


できるころには現場需要がなくなっているかもしれませんが。

|

« 百田まゆか先行公開中 | トップページ | SMK-05通販部予約特典 »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

市町村レベルの行政や市民団体など多少なりとも動きを知っていますが、役所や保護者会などがHPVの予防接種の副作用の懸念や予防の是非を声高に叫んでも、
性の現場を知らないので頓珍漢なことが起きますね。
彼らの議論で男性器の目視は話題になったことがない気がします。
また私も5種とはなんでしょうというレベルです。
例えば母乳プレイも感染症のリスクはあるのは知っていますが、中には全くの無知もいますし。
そもそも母乳はなんだろうと知識がないと「?」のままプレイをしてしまう。
母乳プレイは個人的には一度してみたい興味はありますが。
また自分も生が好きなので、最低限のリスク回避でケガや口内炎などの時は控える。
プロの方でも普段はゴムでも直感でコイツは安全だろうと判断して生プレイをすると聞きました。
病気の写真を徹底して見せる。は名案ですね。

投稿: 白子武蔵 | 2014年3月21日 (金) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百田まゆか先行公開中 | トップページ | SMK-05通販部予約特典 »