« ミルキー月額会員のアフィリエイト | トップページ | 日本製の海外ブランド? »

2014年9月30日 (火)

恐ろしい未来

ネットのバカ発見器が精密さを増しているという話題が増えていますが、
この記事はなかなか的確に表していてよい

実にリアルなので一読をお勧めします

さてこんなことが続いていくと未来はどうなるのか?と。

インターネットはうちは1998年からやっていますからいろんな人が出てくるのを見ています。

最初は画像掲示板が人気で、ダイヤルアップで世界からファンも来たけど、
キチガイも来た。

いわゆる殺戮系のやつですね。グロ画像じゃなく、完全なサイコパス。

掲示板は酒と同じで人間の本性をゆがめていくなあと思っていたのだけど、

ここのところ掲示板はあまり元気がなく、どうもスマホに代替されるブログ系に
浸食されているようだ。


まとめブログはスマホで見やすいから、スマホに読者を取られたと。

うちでも社員は半分くらい携帯で交信するので、めんどくさくてみてないということもある。

プラットフォームが違うと、大変なことが起きます。

キーボードとフルHDで見ている同じものを、
スマホで片手間にみると、見え方が全然違う。

同じダイヤなのに一方はダイヤモンド、もう一方はルビーに見える。いや見えてしまう。

一つの考え、一つの言葉、ツイッターの何気ない一言が

個人個人のレベルの違う”不快感”をきっかけに増幅し、

”あなたの意見は不快である”という感情が
”あなたの意見は間違っている”という巨大な批判になって大騒ぎになる。

バカ発見器がバカ拡散器になってしまう

これがひどくなると暴動になる。


だからあと数年すると、LINEやツイッターのような勘違いしやすいスマホ用ツールが蔓延して

今はいじめやリンチに使われているけど、

暴動のきっかけにもなりかねない。


この日本で渋谷や六本木で暴動なんて起こるわけがないと思われるかもしれませんが

つい30年前は子供が日本に生まれて本当によかった、素晴らしい国だと思うのが当たり前で

つい20年前は日本は働かなくとも生きていける夢の国で

つい10年前はインターネットは未来を拓くビジネスの最先端であった

今は子供は公務員になりたい、か、早く日本を脱出したいといい

働かなくとも生きていけると安心していた人たちは仕事もなく年金も減り、保険は値上がりし電気が止められて怯え

大富豪へのカギだったインターネットは無線スマホにビジネスのカギを取られてしまった


絶対になくならない、女性は思い切れば高額なギャラが手に入る、と言われていたアダルトや風俗でさえ、

かなりのメーカーが撤退し、

それだけでは半数以上が食っていけない時代になってしまった。


太平洋戦争の時、左翼が一晩で右翼になるなんてことがしょっちゅうあった。
幕末の京都では、朝玄関を出ると手首が落ちていた、なんて斬りあい事件が横行していた。

だから私はあらゆることが反対になる可能性もよく考慮しています。


ネットとスマホとクレーマーの増産は密接に関係している。

だからそれが爆発しないとは、それこそ誰にも言えない。

そういうわけであまり人があつまる場所に行かなくなった。

気功をやったからかもしれないが、昔から気分が悪くなるので、でも最近は輪をかけて億劫になった。

これ、どうすればいいかというと、話は実は簡単で、


他人に対してやさしくなればいい。


ゴミひろい、掃除、席ゆずり、なんかを自発的にやる癖をつければある程度身につく。

小学校でもやらされることですね。


ちょっと気に食わないと金返せとか、タダにしろとか、絶対に許さないとか、毎日電話して困らせてやるとか


そういうことをやると必ず自分に返ってくる、ということを忘れてしまったから起こっているだけで。

自分だけ少々きつめにやっても因果応報なんてないだろうとタカをくくっているわけだ。

要するに世の中舐めてるんですよ。

山や海をなめちゃいけないですね。

でもこの大原則、忘れている人が結構います。


漂流したら海水を飲めばいいとか、真面目に言って実行する人がいる。


だからキーワードは、ぐっと我慢して、やさしく見守る。
受け入れられる人なら教えてあげる


ちょっとした不快感を損と思って大騒ぎするのになれると、

いずれ1円2円の損でも大騒ぎするようになる。

会社の上司にそれをやられて、部下にもやる、家族にもやる

ちょっと気に障ると大騒ぎしてみんなを困らせる

恥ずかしいという気持ちがない上に、やさしさもない。


とまあやさしければ回避できるのですが、たぶん回避できないでしょう。

これからやさしくない人はどんどん増える。

もっともっと、爆発的に増える。


世界はしらないが、日本の社会は思いやりを忘れて、一瞬の隙も見せられなくなる。


笑いが減り、感情が消え、油断のならない雰囲気が充満する。


これは始皇帝の秦の時代にちょっと似ているが、情報伝播力が格段に違う。


おそらく油断のできない世界に生きる人

人前に出ずに、自分のビジネスで上手に生きていく人

の二つに分かれて行ってしまうんじゃないだろうか。

それはそれで少し面白い世の中かもしれない。


政府が狩りをしだしたら、終わりのような気もしますが。


|

« ミルキー月額会員のアフィリエイト | トップページ | 日本製の海外ブランド? »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミルキー月額会員のアフィリエイト | トップページ | 日本製の海外ブランド? »