« 今週から連続で百田まゆか特集からの~ | トップページ | DMC/R-27 Release Note »

2014年12月13日 (土)

TV見なくなったなあ

最近TVを見てないけれど音がなさ過ぎて困るので、DVDを借りてきた。
The Walking Deadというのを以前から見損ねていたので一気に見ることにする。

ゾンビ物はいっぱい見たけれど、これはかなり面白い。
教科書どうりなんだけど、ほかのゾンビ物はなんでつまらなかったのか、と思うと
どうも24以降のアメリカのTVドラマシリーズがキャラクター造形が日本の漫画のようになってきているようだ。

このドラマも原作は漫画なので似ているのはしょうがないけれど、
最近ディズニーなんかも大勢で人間掘り下げていく作り方をしている。

漫画家と編集者がこいつはあーでもないこー動かないこんなこと言うか?なんて
何時間もネチネチ突っ込みを入れまくる

「打ち合わせ」

という奴を、30人くらい集めてやっている。

今まで日本のコミックは編集者がNGを出して、作家がどっかに失踪して
壁に頭を打ち付けたり、髪の毛全部抜けるまで苦しみぬいて
ノイローゼになったり、白いワニを見たり、いきなり情緒不安定になって
殴り書きになったり、白紙原稿に近かったり、

近年そういうコミックをご覧の方も多いと思うけど、人間としての
精神の均衡を削りつつ、キャラクター造形をやっているのが日本のコミック作家。

日本の編集者というのは基本”文句をいうだけ”で何かを作ってくれるわけではないので
結構無責任な存在である。

言葉は悪いが

いうことだけはご立派だが一向に実行することはできない万年野党のような存在だ。

日本では作家はまず一人。

ところがアメリカではこれを分析したのか、自分たちなりに醸成したのか、

いろんな人が集まってあれやこれややりだした。

2000年代までハリウッドも”脚本家”という個人がかなり映画のカギを握っていたのだけど

シンドラーのリスト、で脚本家が下りたとか、交代したとかありましたが、

だんだん分析的になってきた。

もしかしたら日本のコミックはこれからどんどんダメになって、アメリカのアニメに
お株を奪われてしまうのかもしれない。

ジブリでも、ガイナックスでも、作家性というのは基本一人がになっていたりする

85年ごろからアニメの脚本はかなりないがしろにされて、映像表現に偏ってきたので、
相変わらずすごい個人、が一人で引っ張る構図が多い。

これはちょっと気をつけねばいかんな、と思います。

AVですらこれからはキャラクター表現がしっかりできないといけないんじゃないかと思い、

○○をやったらいいなあ、というよりも
(お客さんからのリクエストは100%これですね)

○○な子がこう汚れたらどうだろう、この子はなぜこうなるのだろう?
なぜこんなことが好きなんだろう?いったい何食べているのか、
何時に寝て何時に起きるのか、どんな家族背景なのか、どこを目指していくのか、
趣味は何だ、彼氏はいるのか、なんでチンポ好きなんだ、なんでだ、なんでだ??
日常にザーメンはあるのか、ないのか、あったらこの人はどうすると我々は興奮するのか?
というのをずっと私は作ろうとしているわけですが、

もう少し高度にしたい。

何しろメニューがエグイのでイメージ先行してしまって

いつもいただく意見はメニューのリクエストばかりなのですが、

よく考えると、うちは15年くらいほとんど同じことやっているんですね。

同じことやり続けていると飽きられますが、なかなかファンの方がついてきてくれている。

同じことをやって飽きないようにするには、キャラクター性をつけないと、今後は
他社との差別化にしても、AVの販売にしても、難しいかもしれない、と思うわけです。

AVはDVDやメディアは今後下火になって(中古VHS>廉売>中古店閉店>メディア死亡の流れがDVDでも起こりつつある)

いろいろなチャンネルでの販売になると思いますが、シーン自体はだんだん短くなっていくと思います。


今のように20分の尺の内、状況説明と導入に10分以上かけたら時間切れになってしまうのです。

3~5分で全部説明してついでにつかんでしまわないといけない。

漫画でいうと、扉絵の前後で主人公がすでに出ていて何と戦うかとワクワクさせないと
”読んでもらえない”
と言われる、あれです。

30Pの読み切りで主人公が出てくるまで5Pだらだら説明して、
あまつさえナレーションで”来るべき近未来、人類が○○となった社会で生き抜くある集団がいた”

とかやってたらその原稿灰皿ですよ。

そういうわけでうちのドラマ物は突発的にいろんなイベントが起こることが多く、
シュールなものが多いのはそのためです。

アダルトでやると、どうしても何かシュールな絵になってしまう。

そういうわけで、キャラクターを掘り下げていこうと思っているんですが

女優さんができるかどうかわからないし、できたとしてもろくに稽古もキャラクター設計も
醸成できる時間がないので、
ほとんどの場合3分で頭の中で整理して終わることが多い。

これではいけない。


といってちんこじる娘のようにしてしまうと、状況説明が難しくて、やりすぎてしまう。


DMC15くらいがちょうどいいのかもしれない。


|

« 今週から連続で百田まゆか特集からの~ | トップページ | DMC/R-27 Release Note »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週から連続で百田まゆか特集からの~ | トップページ | DMC/R-27 Release Note »