« HDがテレビをダメにしたの? | トップページ | MVNO導入その後 »

2015年12月24日 (木)

年末セールそろそろ

メールを希望している方にはそろそろ行くと思いますが、
通販部のセールが始まります。
28日に閉めるのに大丈夫かなとも思いますが・・・
早い者勝ちのものもあるのでなくなってしまったらごめんなさいメールが行くでしょう。

blu-ray、もうちょっと安いほうが助かります、という意見もいただいたのですが、
これ以上安くなりません。
むしろ高くなっていくと思います。
通販部では割引をしているので、定価を安くなのか、売価を安く、なのかがわかりづらい。

いったいいくらが買いやすいかも人それぞれだから、こちらの損益分岐点の都合で決めています。

一つ言えるのは、販売数を増やし、いろんな方に買っていただいて結果売価を安くしていく

という販売方法はもう終わっているのでできない、ということです。

まず店舗の倒産が止まらない(3000店舗が700店舗ぐらいに減ってさらに販売力を維持しているのは
100店舗前後となり、ほとんどの店舗はメーカーの倉庫状態になっている)

委託システムの完全な破壊(問屋がつぶれる、または縮小)

メディアの販売より、問屋<=>店舗の手数料売上のほうが大きくなってきており
問屋は儲かってもメーカーが儲からない、問屋をやっているメーカーしか売り上げ減を相殺できない

店舗がルールのない中古販売をやっており、DVDの数だけ中古が増える、になっている。

なので、店舗販売を大幅縮小したのは、ひとつは中古のDVDを野放図にしたくないし、
追加製造して店舗の棚の肥やしを増やしても意味がないと思ったのです。

うちのお付き合いしている店舗さんは販売力の残った100店舗を中心に構成しているのですが、
それでも月間販売0がここ二年ほどでています。
(その店舗が販売し、買い取った中古が店舗~顧客間をピンポンしている可能性もあります)

こういうのは結局DVD販売を絞る、中古メインの店舗は卸さない、しかないのですが、
今中古やってない店舗はたぶん一軒もないです(チェーンの他店舗とかなんかのチャンネルがある)
から、中古の販売をやめなさい、なんてことは非現実的です。

今うちのDVDは数か月かけて200~500枚配ればいいほうなので、中古の枚数も比例して少ないでしょう。

DVD価格を安く維持できているメーカーは、問屋をやっているところがほとんどです。
もしくは総販、といって問屋が独占販売しているメーカーさんですね。

絡み物はともかく、ぶっかけやザーメンものなんかは制作費がかなりかかるので、
本来あまり安くは作れないはずです。
FBの3980円というのはけっこう厳しい価格です。

消費税でDVDに軽減税率がなければ、4500円ほどの価格にシフトしていくでしょう。

だから下げる、というのはおそらくほぼ不可能です。

問屋の手数料とか、なにか別の業種でファイナンスできていればこれも赤字が目立たないのですが
うちはやってないし、もしほかのメーカーさんでファイナンスできているところがあれば
それはあまり長い間続かないはずです。

Aの赤字補てんをBやCを使ってやる、というのはBやCの売り上げでBとCの製作費を回収した余りを
Aの製作費に回していることだから、補てんしなければ給料やBやCの女優のクラスが上がるのに、
それをわざわざ赤字部門のファイナンスに回す、なんていうのは
制作や経理の偉い人がそのバランスシートを見たら
よほど赤字のAが大好きなジャンルでもない限り、やめて別のほうに投資したほうがいいからです。
ほとんどの場合、単体女優を二人にしたシリーズとか作ったほうがいいです。

それならいいですがBとCの売り上げまで下がったら、
Aを補てんして作るどころの話じゃない。
(タイトル数が激減した今のザーメンビデオはちょうどこのあたりにいるのか?)

だから、コストがかかる上に女優が嫌がる、NGの処理が大変、出来も汁男優が発射してみないとわからない
こんな不安定でコストが高いジャンルを無理に安売りして続ける意味がない。
作り手で外注の監督さんにとってはブラックジャンル以外の何物でもないです。
あるいはうちみたいな専門メーカーがいるのが憎くて仕方がない
だから自分とこ一社になるまで競争する(それで残ったシェアなんて雀の涙だろうに)

それぐらいしかやる理由がない

女優男優の文句は当たり前、作ったら今度はお客さんが細かいことに文句を言う、
大人数の段取りをやり、サイン会のような人ごみをさばいて
徹夜のような撮影、編集、後片付けをやって100本以上のチンポの動画や写真にモザイクを入れる作業を
監督やモザイクスタッフはほか作品と同じ価格で行い、
挙句の果てに売り上げがほかの単体絡み物と同じだったら、単体女優の温泉ハメ撮りのほうが楽でしょう。


そういうことが目立ってきたので、うちもHFDやGKSなと、プロダクションと無駄に確執が起きるような
物は全部DMCレベルに格上げしました。

ごっくん物も女優さんに頑張ってもらうのはDMCでしか今後やる予定はないです。

で、何が起きたかというと、すごく熱心なファンの方が増えて、イベントに如実に表れているのですが、
女優さんがすごく喜んでくれるようになりました。

どの店舗イベントも必ずなにかの問題が起きがちなんですが、そういうのがないので
驚いています。

損益分岐点というのも理論上の損益分岐点は売上高=製造制作費ですが、実際は売上高x1.2.は
最低ないと厳しいでしょう。損益分岐点=製造制作費x1.5~2というのが正直なところだと思います。

それは、消費税(売り上げ税)、法人にかかるさまざな税金、維持費
店舗への送料、販売スタッフの給与、ボーナスがあればボーナス/12の加算
もっとも難しいのが長期間のモザイク手数料価格の反映
これらがどうしても裏でかかっているから、

仮に税金を払わないで、社長も無給、食事もしない、家賃もタダ、電気代もタダ、
ケータイではなく伝書鳩で連絡、打ち合わせは喫茶店でなく公園のベンチ、
スタッフもボランティアで、1年、2年、3年と一日8時間頑張ってくれたら
最低の製造制作費分だけで維持できるでしょうが、そんなことは不可能なので
現実と理論値には大きな違いがある、と言います。


そういうのを考えて、さらに通販部は値引き販売をするので、その下げしろを含んで決めています。


ここまで言えばお分かりと思いますが、ザーメンもの、特にアダルトDVDはもう絶滅寸前です。
いつ月間リリースゼロになってもおかしくないです。

”あるだけ幸せ”な状況であることを、わからない人が結構いるな、という印象です。

うちは少人数で、問屋がつぶれた時点で穴熊化したので
昔のように応援していただければ続けられるけれど、
それでもいつでもDVDをやめてオンラインダウンロードに移行してもいいように努力しています。

うちの都合でなく、例えば店舗の大量倒産とか、法律の変化(コンビニ成人誌はビニールかぶせ)など
突然の変化でいきなり店舗販売が中止になったら、在庫管理だけでも大変になるからです。

オンラインなら少なくとも在庫はないので。

AVメーカーというのは昔から売れるときだけお客さんに誠実で、撤退するときは
これでもかと汚し散らかしていくのが常です。
これもお客さんはご存じなく、何回やられても懲りない。

今までの有名なメーカーで、
1、いきなりやめて音沙汰がない、
2、突然レーベルの作品がめちゃくちゃな傾向になる(監督が雲隠れして別の人がビジネスがてらおもちゃにしている)
3.、レーベルも監督もいるのだが作品を見るとまるで別のもののような違和感がある(監督以外の首が大手の派遣に入れ替わって乗っ取られた)

3はかなりましですね。少なくとも体裁は存続しているから。

1,2がほとんどです。
ファンはなぜ変わったか?の理由を知らされることはありませんし
残されたファンに辞めます説明するメーカーなんて見たことありません。

なので熱心なファンがネット上で同じリクエストを繰り返したりすることになります。


でもやっているときは、うちは誠実です、必ずリリース、とか耳当たりのいいことを言ってます。


ミルキーはそういうのは嫌なので、多少は説明しようかと思っています(笑


生駒はるなさんのはDVD化はしていないのですが、試みにミルキームービーでブルーレイスタイルの
ダウンロードをしてみようかと今検討中です。

ブルーレイの通販がものすごく多くて、ブルーレイの限定販売も検討したのですが、
まず試みとしてやってみようと。
この方はまだ現役だから、イベントもできますが、手間がかかるのですぐできない。

ミルキーのブルーレイをお持ちの方は少数派ですが、イベントでは価値観の共有ができるから
イベントも重視していきたいです。

ミルキーの一員である=特別、というような感じになればいいのですが。





新作予約開始!!ブルーレイは通販部へ




通販部ブログ


HDダウンロード


月額会員入会はこちら


|

« HDがテレビをダメにしたの? | トップページ | MVNO導入その後 »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HDがテレビをダメにしたの? | トップページ | MVNO導入その後 »