« FB15 Uta Kohaku Doried Bukkake | トップページ | FB-15は2/13発売、通販部予約開始 »

2016年1月24日 (日)

AV男優全滅とAVバブルの歩み

そろそろかとおもうけれど、極寒の時代がくるかもしれない。
汁でなく、プロのほうで。

海外ではずいぶん前に起こっていて、AV男優が乞食になる事態が起こっていて、
さらに最近では女優の乞食化も進んでいる。
(海外から日本へ出稼ぎにきたい旨の営業が結構多いが飛行機代払うぐらいなら日本人女優のほうが安い)

日本ではなかなか進まなかったが、いよいよ男優の仕事激減が始まったようだ。
女優の仕事の激減も起こっていたのだが、さらに現場がどんどん減っているようだ。

単価が安く、現場数が少ない汁男優も経済的にはあおりを受けるだろう。

昨年から、かつてないほどに現場の削減が進んでいる。
この話の怖いところは、これから減ることはあっても増えることはないところだ。
第一女優のプロダクション自体が四苦八苦して息も絶え絶えになりつつある状況であります。

日本のAV、ジャポルノには去年からろくな話題がありません。

店舗の激減、AV詐欺の発生、マイナンバーで風俗とダブルセットで激減の危機などなど

村西時代のように売れまくっているときのネガティブな話題なら有名税なんですけど
売れてない上に踏み抜かれるのは踏んだり蹴ったりという奴ですね。

素人男優さんもうちはだんだん呼ばなくなってきて、新しい人をお願いしてないです。

正直今は応募をしたとしても声がかからないまま応募削除になっているのではないかと。
ワンパインターのような作品を作る気がないから、というのがあります。

なので人数はあまりいらなくて、たまに補充しようかなと思うんですが
そういう時事務の手が足りなかったとかいろいろ問題が発生するので
めんどくさい手間をかけなくなってきています。

なので素人男優さんは現場を大事にしてください。

現場が少ないので業界が狭くなっており、あちらを飛ばした、ギャラを優先した
女優にひかれて現場を飛ばした
飛ばし癖がついている人

全部目立ちやすくなっていまして、あちこちでマークされたりしやすいから
のこのこ舞い戻ってきてまた汁から始めます、という手が通用しなくなっています。

うちなんかも履歴は全部残すようしているから、忘れたふりしても昔無断で飛ばした人の
履歴が残っていたりします。

現場で、どうせこの人来ないだろうね、とかわかるくらいです。

現場がいっぱいあるときはいいでしょうが、なくなってくるとやめるか乞食になるかどっちかしかなくなるから
男優というのは難しい商売です。

因果な商売といったほうがいいか。

AVは面白いことにバブルから始まって、どんどんシュリンクしていく業種ですね。

86年もバブルのさなかにレンタルビデオバブルから始まって
バブル崩壊とともに急に収縮した。

96年もセルビデオバブルがいきなり始まって安売り王も突然バブルから始まった。
そしてITバブルとともに終わる。
DVD乗り換えで続いた2005年くらいまでのバブルはバブルというより戦後処理みたいなもので、
安売り王から増えたお店の売り上げをいかに吸い取りつくすか、であったように思います。

実際セルで問屋システムを使って儲けていないメーカーはほとんどダメになったわけで。

実売でバブルが出たのはやはりVHSの”ルームサービス”が最後でしょう。
あとは全部そのシステムを利用している乗り換えセールスです。
それ以降は実売でビルが建つようなバブルはなく、少しづつセールスが減って衰退しています。

2005年ごろにインターネットポルノのバブルがちょっとだけありましたが、
業界にはあまり還元されていませんね。

せいぜい減りつつあった現場のスピードがちょっと緩んだだけで
最近になってそれが急にガクンと減っています。

そろそろなにかバブルが起きてもいいような気がするのですが、
ネットはとにかく無料tubeサイトと、海賊版の跋扈が激しすぎて、
お客さんがそれにお金を払おうという意識をひどくそいでいる。

パズドラだのスマホ、またスマホの月額料金とか、データの見えないものにお金を出す、という
意識は格段に進んでいると思いますが、
やはりオンラインコンテンツにお金を払う、というところにシフトしきれていない。
それはやはり無料tubeがかなりつぶれないと、進まないでしょう。

実はポルノは広告をすればするほど売上が減ります。

ポルノは袋とじと同じで、見せてしまうと意味がないのです。
よくサンプルを見せろ、サンプルムービーがないと購入決定できない、という声をいただきます。
それは全く反対で、サンプルを見ないと買うか買わないか決断できない人は、
サンプルをみたら冷静に判断して買わないことが予測できます。
たまにそういう人がいても、ほとんどは購入しないです。

こう書くと、「私は熱心なファンでサンプルがあると非常に助かる。全部買っています」
というsakamotoさんとか貴重なファンの方々にお叱りを受けます。
確かにそうなんですが、サンプルは誰でも見られるので、
結局10人いるうちの9人は熱心なファンというより浮動層みたいなもので
中でも新しいファンや、これからのファンというのはちょっとしたことで揺れ動く。
なので10人のうち1人が喜んでも、実際に商売をしなければならない9人について
夢を壊してしまうとか、頑張ってサンプル出したら逆に興ざめされた、ということが起きます。
よくセル店でサンプル見ながらオナニーする客?の話が出るのですが、
サンプルはお客さんをそういうタイプの人にしてしまいます。

要するにxvideoやpornhubがAVサンプルの集大成です。
あれのほとんどはもはやサンプルやアフィリ誘導なのですが、
だれもそう思ってないでしょう。

つまり一回サンプルに慣れたら誰も買おうとは思わなくなりやすいのがポルノ。
だからサンプルなしで期待を演出しなければならない。
これは映画より難しいです。
だから女優が非常に大事になってくる。
今固定ファンのついた女優しか仕事がないのも、メーカーに
その難しい宣伝をする能力がなくなっているからでしょう。

だから女優もトップだからと勘違いしないほうがいいのですが。
貴女が売れているのではなく、あなただと名前とバナーだけで自動的に売り上げが出るし
お客さんが内容にうるさくない女優の顔のファンだから、契約が続いているだけだと。

なので使いつぶされない回避方法がちゃんとあるのですが、その辺わからないでしょう。
私にメリットもないので私なりのやり方でやっていますが。

さようにAVの宣伝は簡単でもあり、難しくもあります。

AVは映画と違って、予告編で見せるものなんて実はなく、
女優の顔写真一枚で足りるものです。

あとこれは重要なことなのですが、インターネット上のポルノサイトのレーティングが
どんどん厳しくなっています。
ネット検閲はどんどん厳しくなっていて、ある日突然カード決済が停止される、とかが
いくつかのポルノサイトで起こっています。
海外無修正より国内のほうが先というのがビックリですが。
レイプやロリが日本では海外より緩いので、その辺が厳しい理由でしょう。
うちはインターネット世界の基準では、レイプサイトになるらしいです。
どんなに女優が喜んでいても、見た目輪姦というわけです。

複数VS女優少数はいずれすべてこう分類されるでしょう。

そういった事情がありサンプルムービーは廃止しました。
そしたら逆にうちは売り上げが回復したのです。

お客さんがこの事実に気づけば、日本よりも禁止事項が多い世界のファンにとって
非常に貴重なコンテンツということですからねぇ。

なのでいかに理屈を言われても、”ダンピング”と”サンプルムービー”で売り上げが上がる、という説は
信用していません。

2005年からこの考えは変わりません。

販売側や出版、雑誌など業界の中ですら、サンプルムービーがいい、と言われて
要求されて、出したこともありましたが、
結果はいつも逆で売り上げが上がらないか、下がった。


なのでサンプル的に何かサービスすれば売り上げが上がる、というのはちょっと懐疑的です。

丁度96年のセルバブルの発生を間近で見ていたからわかりますが
シャトルさんやエムズさん、安売り王の勃興の時というのは
何か仕掛けをしたわけではないです。


エムズさんの場合松本さんがすっからかんで、みよしさんから譲ってもらった雑誌のおまけの
顔射のビデオを通販で売ったらちょっと売れた。
通販の広告も雑誌がほとんどないからみよしさんの静岡限定の雑誌の隅っこに出した程度。
それで売れたので店を出そうとなったが店が借りられない。
そこで不動産やっていたシャトルさんが融通してノア道玄坂を借りれるようしてあげて
開店した、広告はギャルズシャワーの枠をちょっとだけ借りた。

その程度で、シャトルさんも書店に営業しておいてもらったけどほとんど門前払いで
見つけられるところは結局自分の店(ドリームシャトル)が中心になった。

驚くなかれ、その当時は安売り王のお店、いわゆる今の○○書店、○○ブックスなど
おなじみの”セル店”は安売り王のビデオしか置いておらず、シャトル系エムズ系のビデオは
全くと言っていいほど置いてなかった。
それらがおかれるのは安売り王グループが破たんしてからで
98年ごろまでははそれらの店はコピーの海賊品を堂々と売っていたのです。

大きな仕掛けというので言えば安売り王でねずみ講みたいなやつをやったことぐらいでしょうか。
それ潰れましたけどね。

日本中のほとんどのお店に置かれるのは2000年ごろからで、それまではごくごく
少数のお店しか置いていないのに、”バブル”だったのです。
ましてルームサービスやオーロラなどお店に置いたものはすさまじい売り上げでした。

エムズさんがお店に置かれるのは、お客さんには名作の名が高く、お店には悪名高い
あのアナウンサーゴックンビデオからです。

ものすごい不利な条件で、今ならどの店も絶対仕入れられない条件なのに、飛ぶように売れて
フェラーリに化けたというわけ。

要するにセルバブルというのは誰もなにも特別なことをやっていたわけでなくて、
ただ作っていたら突然ビデオが売れ出した
それも半年ぐらいの間に急に現場が増えて売り上げが大きくなった
いくら海賊版対策で売れないようにブロックしてもブロックしてもあとからあとから売れて行って
ブロックのしようもなく売れまくった。

という感じで起こりました。

私が95~6年ごろ汁男優をしていて98年にはミルキーキャット始めているので、
3年ほどで汁男優をやめてプロ男優に完全に移行し、メーカーを立ち上げる資金を
作れていたことになります。
95年なんて汁男優の現場は年間4つくらいしかなかったから、
実際は2年ぐらいでしょうか?

これぐらいの勢いがバブルという奴です。

今はまだそういうのがない。

そろそろ出てくれば面白いのだけど。

でも足元は現場が減っていくニュースしか出てこないので、寂しいものです。




新作ブルーレイは通販部へ




通販部ブログ


HDダウンロード


月額会員入会はこちら


|

« FB15 Uta Kohaku Doried Bukkake | トップページ | FB-15は2/13発売、通販部予約開始 »

アダルト、AV porn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FB15 Uta Kohaku Doried Bukkake | トップページ | FB-15は2/13発売、通販部予約開始 »