« 撮影にくるとプレゼント? | トップページ | DMC29 Pix work finished »

2016年3月 2日 (水)

シングルマザーは風俗で働くしかない?

シングルマザーの子育てをいろいろとやっているが、
理想と現実のギャップしか見えてこなくて怖くなった。
美談(理想)として出てくるのはパートや労働しながら保育園で子育てというものだけど
これ実際にやったらほとんどの人が悲劇になると思うんだが。

いろんな制度のゆがみがあって保育園がないだのお金がないだの、
そういうのはまあ置いておいて、
普通に激務薄給というのが気にかかる。

パートや普通の労働を美談、理想、こうあるべき、として語るメディアのあり方に
ものすごい恐怖を感じる。

まるで睡眠時間3~4時間で弁当作ったり、面倒見てさらに仕事して子育てをする。
そうして当たり前であるかのようだ。

一人働けるようになるまで16年はかかる。
16年もこんなこと続けてられるかバカヤロー
となるのが普通だと思うけれど
そんなもの出てきたためしがない

すごい、ありがたい、けなげ、がんばってる、肝っ玉

そういった言葉が多い。

では現実ってどうかというと、

メディアで取り上げられる20~30代のころはいいわけですよ。

30後半から40になると、睡眠不足の影響がもろに現れる。

はっきり言うと、睡眠不足を常態化して無理くり働き続ける人は急速に老化して、寿命が縮む。

寿命が縮むならともかく、病気で動けなくなるリスクが急上昇する。

保険も保証も大してないまま、子供が中学生なのに寝たきりになってしまうパターンが起きやすくなるわけだ。

この、子供に学費が一番かかる時期に寝たきりになるリスクを
むりやり理想として強いるメディアのあり方になんかこわいものを感じるわけ。

取材されている人がどうやろうが勝手だけれど

サンプリングとして配布するのはやめてほしいと思う。

江戸時代からあるけど、働き盛りで病気で倒れる、というのは一回起こるとえらいことになる。

ケガや病気のリスクって、やらないと誰もわからない。

こないだ死にそうになったのでそのリスクをあらためて再認識したわけだけど

やった瞬間って、どのくらいのダメージで済むか、さっぱりわからないです。

シューマッハーだって、やった瞬間どのくらいのダメージなのかわからなかったはず。

結局起こってみないとわからないことのリスクは、常に一定の高さである。
そのリスクをさらにあえて上げるようなライフスタイルを強いるのは適切でない。

若いころはバイクで飛んだり跳ねたりして、こけたりしてもある程度のショックは予測できるけど
年を経るとそうでなくなる。経年変化が加味されるから。

で、どうなるかというとこれ昔からお決まりで、娘がいれば売られる。
奥さんがいれば、売られる。

となるわけ。

商品価値が一番下がった状態で買いたたかれるからかわいそうなことこの上ない。

で、思った。

今の状態で、シングルマザーや女性が、十分な収入と余裕で長期間の子育てをするには、
もはや風俗しか残っていないのでは?と。

擦り切れていない、ある程度商品価値のある状態で、やれることを何でもする、
ルックスがAV並みでなくとも、短時間で十分に稼げて
しかも10年以上の寿命があり、睡眠時間も化粧も健康も十分に取れる。

生活や教育に余裕が出る。

シングルマザーがこれを実現するには風俗しかない。


これ、本当に現実ですよ。

恐ろしい現実。

今の日本にそういう環境の女性を十全に養っていける業種も職種も法律も
はっきり言って”ない”のが、これらメディアの取材で明らかになっている

私はそう見るけど、見ている人は”私も頑張らなきゃ”、と思うように作られている。

これってすごく怖い。メディアの暴力ともいえる。

AVはルックスがかなり求められるから、だれでもできるわけじゃない。
はっきり言ってモンスターではもう食っていけない業界になった。
(昔は渋い顔して騙されてあげたがもはやもうそういう余裕はない)

その風俗が締め付けられたり、マイナンバーでやりづらくなったりしたら
これもしかしてもっと悲惨な家庭が増えるかもしれない。

国がしゃしゃり出てくるとおおむねより悪い方向に進む。

なのでAV会社が社会貢献だの、男優の組合だの、絶対やめてほしいと思う所以だが

国がシングルマザーもちゃんと働けて、あるていど年収があり、保育所もあってまっとうにやっていける
社会にします、なんて進めたら、間違いなく過労死マザー続出虐待子供失踪の世界が
示現しそうに思う。

社会というのは、裏をなくして全部表にしてしまうと、誰も生きていけない窮屈なものになるのじゃないか

光あるところに闇がある、闇なくして光なし

政府が”ファジー”なんて流行や、ゆとり、を始めてから、社会そのものも”ゆとり”がなくなってきた。

割を食うのは子供、になるのが一番怖い。

低年齢でものを知らないまま風俗や身売り、エログラビアに行かざるを得なくなるような
社会になっていくと病気のリスクがあるので
そういうのをきちんと教えなければいけない。
カネに追われると、どうしてもその辺がおざなりになる。

AV男優ですらでかいコンジローマぶらさげてのほほんと現場に来て
指摘されても”これ病気じゃないです”と言い張る世の中である。

風俗をきちんと業種としてみたほうがいい。

街の銀行がマイナス金利で融資先に困っているのだが、相変わらず医者だの保育園だの、
まっとうな先を選んでいる。
その辺みんな利益率下がっているからヤバイ。けど
運用先がないのでどこか見つけなければいけない。

結局風俗だの現金商売に行くくらいしか手堅い融資先はないんじゃないの?と言った。

いままでさんざん融資してきて焦げ付いているから貸さないのだから、今まで貸してこなかった
ところを見るしかないじゃない?
マイナス金利という非常識は、それをやれという暗黙の指示じゃないの?と思うくらい。

AVの需要は加速度的に落ち込んでいる。
無修正がいまさらなくなったところで、劇的に改善する気配はない。

風俗営業にちゃんと向き合うしか、この問題の受け皿はないように思う。

お母さんが風俗でフェラテコキばっかりしていたら教育上悪いかもしれないが
寝たきりになって買われていくよりはましだしその受け皿を作っていけば
いいと思うのだが。

男性は独身嗜好でより風俗の需要は上がっていくはずだが
法律ではヘルスも風呂も禁止の方向で大変やりづらい。

うちは一応ヘルス待機所をやれるので、やってもいいのかもしれないが・・・

頑張るお母さんは、決して美しいわけではない。
頑張らないで16~18年ちゃんと面倒見れないとだれも生きていけないんじゃないか、
と思うわけ。


性産業がどんどんつぶされて、お母さんは低レベルの労働環境しか選べない世の中になると
結局悲劇を強いているようにみえるのだ。

番組も煽るだけ煽って、そのお母さんががんで寝たきりになっても助けてくれるわけじゃない。

”ガンで余命3年の母が作り続けたお弁当”なんて美談をまた作り出すだけだろう。

そもそも癌にならない環境をつくらないといけないように思うのだけど
それでもやはり一般の”いつのまにかシングルマザー”の人々にとって、効率よく生きる方法が
風俗くらいしかないという現実に気づく。

トップ編集長や不動産会社や、トップモデル、料理研究家、ファッションデザイナー、
ファイナンシャルアドバイザー、弁護士なんかに為れる人を基準にしても意味がないような。

見るたびに気持ち悪くなるのでTVをどんどん見なくなる。



限定作品多数のメーカー直販




通販部ブログ


HDダウンロード


月額会員入会はこちら

|

« 撮影にくるとプレゼント? | トップページ | DMC29 Pix work finished »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影にくるとプレゼント? | トップページ | DMC29 Pix work finished »