« SMK新作 | トップページ | VIPの姫野未来ちゃんの眼射はDLも発売します »

2016年10月 2日 (日)

世のため人のためAV

この仕事をやるようになってずっと考えていること。

AVは果たして世のため人のためになるのか?
世の中に受け入れられているとは言えない。
というよりひた隠しにしてあの世にもっていかないとダメだ。

AVほどparadoxeな物はない。

何しろAVを見るようになってからやりたい仕事であったし、
男優の方もみんなそうであろう。

動機がえらく単純である。

ヤリたいだけ

女優は面白くて、この仕事の雰囲気がいいのだという。

体売るだけなら他にもいろいろあるのに、AV限定というから
独特の雰囲気がいいのだろう。

ギャラは昔より下がっている。

もっと上げてやれば、もっと高い女優を使えば、という人は自分がDVDを買っているか、
どこで買うか、どうやってAVを見ているかよく考えてから言ったほうがいい。
すいませんがクラウドファウンディングなんて下劣な方法は最初から却下で。
(あれは清く正しく美しい社会奉仕目的のみ許される方法)

上げたくても上げられない状況が困ったものだ。

それでも自分から飛び込んでくる女優が今はほとんど。

おおむねタレント活動に窮した、ほかに魅力的な仕事がない

これが第一だろう。

借金苦というのは昔ほどない。

昔、といっても2000年ごろより飛躍的に、変態やSMが好きな子がAVに
入ってくるようになった。
タレント崩れが適当に股開いただけで売れるだろうとなめてかかっても売れないし
華のない子がきれいごと言いながらAVやったり、
何でもできます、とか言っても売れない。

AVで売れる子は本当に才能があって、なお頑張る子が多い。
だから少しでも報いようとみんな頑張っているが、なかなか進まない。

ましてこの仕事が世のため人のためか?ということなんて誰も考える余裕ないか。

丹波哲郎さんが世のため人のため、なんて言葉を言っていて、霊界通信で
そんなメッセージを死後送ってきたというから、

なんとなく考えてしまった。

そうして考えたのが、”世界一ハードコアで狂ったザーメンメーカー”の徹底追及なのだ。

何回考えてもうちが世のため人のため、になることイコール狂ったメーカーにしかならない。

論理が破たんしているようにしか見えないでしょう。

しかし何年も何回もいろいろ考えて、お客さんの通販メールなどすべてに目を通して
考えた挙句、こうなったわけだ。

女優がつぶれてしまうかもしれないし、全く売れなくて、たたかれまくるかもしれない。
これはやりすぎです、見たくない、といわれるかもしれない。

しかしクレイジーであればあるほど世のため人のためなら、誰が何と言おうと
クレイジーに行くのである。

”○○は見たくないです”という意見がたまにあるが、もしそれをいうならば残念ながら
さらにそれを追求することになる。

その人のためにはならないかもしれないが、クレイジーでなければ世のため人のためにはならない。

そのため小を捨て大を取る。

ワンパインターも、眼射も最初は全くもって売れなかった。
問屋の社長も「たったこれっぽちか、ケッ」と苦い顔をして持ち逃げしたであろう。
思った以上に売れないのを見て、もうやめたくなったのかもしれない。

ところが今は眼射までもが、もっとやってくれ、と来るのである。

本音はだったらその時買ってくれ、なのだが、売れたらやれることには変わりない。
売れたらやるんです(笑

なんでクレイジーが世のため人のためなのかというと、

AVの、ましてそのうちの最も深いところにあるザーメンマニアや変態ビデオ、
というジャンルで、こぎれいなことを言ってもしょうがないのだ。

ザーメンどんぶり若い女の子に食わせたビデオで儲けた金で、老人介護し、
親だったら見せられるか?
保育所を作って子供を集めて、この保育所はこのザーメンどんぶりでできています、
とか親子の前でビデオ流しながら胸張って言えるか?

これを「偽善者」という。

どこまで行っても、一回でもこれで名が知れてしまったら、青学や慶応の幼稚舎の受験も通らないし
あらゆるパーティで自分の出自を明らかにできない。
してもいいがAV作ってます、プロデュースしてます、くらいの扱いか。
メーカー名いえるようになったら、もう世間一般から隔離状態。

田舎に錦を飾るわけにもいかず、何か施設を提供するわけにもいかない。
何の抵抗もなくできるのは性病に関する寄付だけくらいだろう。
それにしても何億寄付しようが病院作ろうが、銅像なんて作ってくれるわけもない。
(いたずらでザーメンぶっかけられるから作ってほしいとも思わないが)

これは”ヨゴレ”という。

AV男優も同じで、付き合った女性に仕事のことなど言えないであろう。
しかし後でばれたらまず世界中のどんな女性でも普通は気が狂うか、禿げる。

AV関係者は恋愛するときはまず最初に仕事を明らかにしないといけない。
下手をしたら親族が自由に結婚できないかもしれない。
相手が普通の人でなければ、かなりの範囲まで興信所が入る世の中だ。

ヨゴレは一生ヨゴレなのだ。

素人男優は片手間なら問題ない。
その代わり分け前は少ない。
本来なら参加費を払うくらいでないといけない。
ここは私の考えは、多くの気軽にやりたい男性への奉仕とか、
業界へのお返しという善意でやっている。

だから汁男優が調子に乗って、ギャラを上げて下さい、もっと頑張ります、と言った瞬間から
ヨゴレの宿命を負う。その覚悟がないのに中途半端にやるもんだから
10年に一回ぐらい電車に飛び込む輩が出る。
なのでうちでは汁からプロにはさせない、やらせないをしているのだ。

メーカー社員が一番気が楽か。やめればいい。

メーカー自体はすでにそういうヨゴレ世界に染まってしまった以上、
今更美しい仕事に変えたい、だの
単体女優が絡むこぎれいなアダルトビデオ、にしようだの
仕事すべてをやめないと無理なわけで、
やめないのであれば、徹底追及で喜ぶ人の満足度を上げようという話になる。
中途半端はよくない。

世の中の人すべてのためではないが、それなりの趣味の人を深く満足させる

という意味で、小乗になってしまうが、マニアメーカーだから。

こまごまとしたマニアックなザーメンマニアの要求は可能な限り追求する。
女優さんにもできるできないがあるので、できる限りにしないといけない。

人権蹂躙はご法度となりそうな気配である。

なので、AVで世のため人のため、であれば、人権蹂躙をしない
多くの人の妄想を頑張ってかなえる

これが世のため人のためになるのであろう。

なんで世のため人のため、にこだわるかというと、
面倒なことにこの”きれいごと”が商売の基本だから。

世のため人のためにならない仕事は、商売にならない。
価格を安くして世に奉仕、というのは誰でも考え付く方法で、実はあまり優れていない。
お客さんは満足しても、そのために給料や取引料を安くされた自社の社員や
業界すべてから業=恨みを背負うことになるから。

amazonなんかは一見すごそうだが、実はお客さんの感謝の気持ちとおなじくらいの
業=恨みを背負っている。
もっと還元していかないと結構悲惨な崩れ方をするかもしれない。
(だから送料無料も値引きもAV販売もどんどん渋くなると思う)

AVがつぶされないように、それでも売れるようにしていくには、
何とかしてこの「ヨゴレなのに世のため人のためとは何か?」というパラドックスにAV屋の
存在理由、La Raison d'etreを作っておかないと、立ち行かない。

AV屋の癖に思いついたようにこぎれいなことを言い出して営業しても、すぐに底が見えてしまうのだ。

AVをやりながらまともな仕事もやって、いろいろな業種展開して、というのとか、
出版社や鉄鋼屋さんが副業でAVレンタルメーカーやっていた(今はAVは解散)、という事例があった。

AVやりながら別業種展開は、いくつかやっているところがある。

何というか、タコ足企業というのはどうなのかと思う。
いや、関連業種じゃなければタコ足でもない。
人面獣身、キマイラだ。
まったく関係のないものが合体している。

神戸製鋼のように、割に合わない本業(アルミって利益率低いんです)があるから保険でタコ足展開する、とか
ソニーのように銀行が金貸してくれないから金融始めて、本業のネタが尽きたから鞍替えしていく、
考えはあるかもしれないが

AV屋の本業はそんなに割の悪い営業とも思えない。イメージは悪いが。
利益率は普通の業界からすると高い。

ただ一回でも知られてしまったら、その会社はAV屋、と未来永劫いわれるわけで、
介護事業をやろうがホテルをやろうが、どこまで行ってもアダルト屋であろう。

きっぱりやめて他に行くならまだしも、やっぱりもうかるからAV残しておきたい、というのは
それこそ上っ面の「世のため人のため」じゃないかと。

ティップネスがファストジム24をやるようにはいかない。
ティップネスがキャバクラをやるようなものだ。

アダルト屋というのはなぜか業が深いことを突き詰めるのが商売になる。

どうやって業にしないで徳にしていくかが難しい。

多くの人を様々喜ばせるわけにはいかないが、ある困った人々を深く満足させることはできそうだ。
だからお客さんに対しては、どう考えても密度しかない。
うちは密度=クレージー。

女優さんがなかなか帰らないで居心地がいいようなので、そういう現場は維持していきたい。

男優さんは相変わらず早く帰りたいようだ

今度から帰さないぞ(笑





デリヘルミルキー@いきなり営業日決まります!はこちら


サプリ汁王残りわずか。新作予約も通販部へどうぞ




毎日特売情報更新中!通販部ブログ


HDダウンロード


月額会員入会はこちら

|

« SMK新作 | トップページ | VIPの姫野未来ちゃんの眼射はDLも発売します »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

素人考えで恐縮なのですが、参加費をとった撮影だと人は集まらないのでしょうか。

投稿: キムアキ | 2016年10月 3日 (月) 02時32分

有料でもある一定数は集まります。

私は人数を集めるのがウリの現場を90年代見てきたので、ある数から集まらないのを知っています。
うちのお客さんが人数が多いのを好きなものもあり、それを私が理解している限り必要な投資です。
つまりうちは参加者に優しい現場にするためにすべてのルールを作っています。

反対に”集まらなくても取ってしまえ”という人がトップになると、すべてのルールが
”参加費を徴収して儲けること”に簡単に変わります。
すべての理屈が参加費になります(笑
2005年ごろは”素人をいじめて悦に入る”というポリシーのあほ現場もありました(笑
これでもまだお金とられないだけましですが
汁男優のイメージは悪くなりました。

ミルキーやシャトルさん以前の現場では、素人参加をだまして儲けたり
無料だったり、行ってみたらゲイだった、という現場ばかりでした。
今は時代が変わったのでそんな時代知らない人ばかりだし、ネットで小規模現場もぐるぐる回ります。
AVイベントだって参加費制だし、風俗も無料じゃないですよね。
だから素人参加のぶっかけが無料とかギャラが発生するなんて本来は異常です。

これを理解したらどの現場でどんな悪人がトップになるか・・・

徳だの業だの意識している人間なんてこの業界にいません。
地獄に落ちる人のほうが多いのでは。

ああ書いちゃった。知られたら悪人が湧いてくる。

投稿: shiruou | 2016年10月 3日 (月) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMK新作 | トップページ | VIPの姫野未来ちゃんの眼射はDLも発売します »