« つなちゃんが遊びに来てくれた | トップページ | 2016はAVの大転換の年かもしれない »

2017年1月26日 (木)

新宿セントラルクリニックが嘘診療でタイーホ

あの新宿セントラルクリニックがとうとう逮捕された。

じつは私も数千人のなかの一人である。

ただ抗生剤の知識としては一助になったので、二回だけ行ってやめた。
バレバレのでたらめ診療だったから。

以前性病に関する記事で書いた詐欺医者がこのセントラルクリニックです。

確かに抗生剤は出します。

ほかに出てくる薬がすごい。

痛み止め、胃薬、これは普通。なぜか花粉症のアレルギー薬
この辺が脈絡なくまぜこぜで出てくる。

ついでにリハビリでマッサージやっていけという。
マッサージも機械てもみ電気とまぜこぜのどうでもいいやつ。

効くわけないのですぐやめた。

こういう風に診断と関係ない薬を出したり、余計な処置をするので
これはひどいな、と思ったのです。

”医者が嘘ついて金目当てに診療始めたら世の中終わる”
そう思っていたのですがこの時にいい泌尿器科を探す難しさを思い知りました。

ほかにもいろいろ当たったけど、以来信頼できる性病に詳しい泌尿器科は
都内で三つしか見つけていない。
ほんとにひどいのばかり。

新宿セントラルは中でも飛び切り悪徳でした。

こんなことやって7割の保険診療費を国からだまし取っていたら
医師免許はく奪じゃすまないだろと思ったのですが

最近この手の保険診療費だまし取りの医者が多くなってきて
さらに医者が信用できなくなった。

企業の心療内科医とか、一斉摘発されたし、
整形外科の女医もこれで摘発された。

歯科はまじめな人が多いのか、ふつうにつぶれているようですが

知り合いの歯医者さんは、保険外のインプラントやらやるときは
にこやかに来るのだけど、やらないときは顔も見せない。
金にならない、となったら話途中でもぷいっといなくなる。

ほんとに、”ぷぃっ”て後ろ向いて出ていく。

こりゃわかりやすいな、とも思ったけれど、医者って世の中知らないな、と思った瞬間です。
腕はいいので通ってますが。

この一因は消費税だそうですが、税務署の話はしてもしょうがないのでしない。

ただ医者がそうとう追い込まれて、もうからなくなっている状況になりつつあるのは事実です。

ジェネリック強制もある。最近はジェネ希望されますか?とも聞かれなくなった。

もうそうとうやばいですよ。国に7割の医療費の負担ができなくなってきている。
そもそもバブル時に年金積立溶かしたツケを我々に払わそうとしているのが
元凶であるが、ちょっとひどい気がします。

医者ってもうかるように言われてますが、実際売り上げの7割が国からの補助で
成り立っているわけで、あまり割のいい商売とは思えません。
患者数x診療費だから、安い勤務医を増やすかしないと数を回せない。

前述の歯医者さんがぷいっといなくなるのも、毎日カツカツで詰め込んでいるからです。
でも一日10人か20人がいいところでしょうか。

インプラントすごい安いからいいけど。

私は医療に感ずるとこが不幸にしてなかったので、医学部に行こうと思わないし、
それがえらいとも思っていません。
難儀な仕事選んだな、と思います。
儲けたらその分業が乗っているのもわかるから。

医者で儲けるのは、国次第。勤務医とかの使い方次第。
自分が一人で回っていたら絶対稼げない。

さらに時間がない。休みを取るのも大変。
儲かるところは忙しい上に勤務医でこき使われるか、ひどいのを見る。
脳外科、障害小児科、心臓外科、
レース仲間のお医者さんはERにいたけど、やけどでショック死する患者さんとか
みて嫌になって整形外科に移ったら、その院長地下駐車場借り切って
マクラーレンおいていて、ビビった、とか。
その方も院長の勤務医として、こき使われマクラーレンの原資をかせがされるわけです

ま、だからといって知り合いの医者が院長やって儲かるわけではない。
世の中経営できる人と、雇われる人の二種類があって
経営できる人のほうが少ない。
経営できる人はエベレストから天保山までの高さというすごい競争社会を生きている。
経営でいえば孫正義も八百屋のおやじも土俵は一緒で経営者である。
長いものが短いものを巻く。生き馬の目を抜く。

雇われはそういうレベルでは生きなくて済む。
雇われはイチローとは比べられない、せいぜい隣の部署のだれだれさんと
競い合っていればよろしい。
かなわなくても酒飲んでとぐろ巻いていれば日々何事もなく過ぎる。
その役割って実は生まれたときに決まっているのかもしれない。

とはいえ儲かる医者は業が深い。人の命や姿かたちを変えて金をもらっている。

そこに心痛を抱いてまじめにやりすぎたら儲からない。
儲からない医者は過労で死んでしまう。

医者の唯一の取柄は、世の中で無限に誇れる、ということだけです。
もうね、これは私たちには本当にかなわない。両手を上げて降参します。
それだけだがかけがえのない尊い長所です。

どんな高い車やワインを買おうが、コレクションして見せびらかそうが、自分だけの
家を建築しようが、医者は許されます。

その代償が大きいから。

私から見ると、それぐらいしかできないし自慢できることがないのだから
世間様でとにかく自慢できる、それが医者の社会的報酬なのだから
それぐらいさせてあげよう、と見えるときもあります。

我々は女とヤルのが仕事。浮気が仕事、二号三号が金さえあれば作れる。
呼べばいいだけです。

その代償にヨゴレとして社会から排除されています。
埃にまみれても誇りは持てない、まあごみくずですな。

でも自由な時間も持てるし、いろいろと自由があります。

ただ医者というのは国の補助が成り立たなくなると、いままで苦労したり
経営をしたことがないからいきなり厳しくなる。

そこで嘘ついて詐欺を始めたら、患者は3割負担だけど実は
7割肩代わりしている国が大打撃を受ける。
世界中で無制限に誇れるという利点を捨ててまで、嘘に走るというのは
その並々ならぬ危機を感じてしまう。

このニュースの裏には、不正な社会保障費を削減しようとする
社会保障費Gメンの存在も透けて見える気がします。

ピエロが摘発されて仕事がなくなる人が増えているみたい。

6月にやられてもまだまだみんなやってたんだなぁ。

配信系はアフィリが多いから、みんな安心して、とかいうだろうけど
いろいろ考えるとある日突然止まるとか、あるかもしれない。

まあそれはうちも同じだけど。

AVメーカーはどこもある日突然止まるリスクがあります。

ネット時代になってみんなそうでしょう。

医者が嘘つくよりはましだと思うからもうちょっと鷹揚にやっていただきたいが・・・





デリヘルミルキー@いきなり営業日決まります!はこちら


限定商品多数のミルキー通販部




毎日特売情報更新中!通販部ブログ


HDダウンロード


ミルキーキャット月額会員の入会はこちら

|

« つなちゃんが遊びに来てくれた | トップページ | 2016はAVの大転換の年かもしれない »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つなちゃんが遊びに来てくれた | トップページ | 2016はAVの大転換の年かもしれない »