« FB-20 The Hair Bukkake 髪射のバイブル Madoka画像 | トップページ | 次回撮影エントリー開始 »

2017年6月17日 (土)

7年ぶりにザーメンカレーを食べた

最近体調がよくなってきたのか、
すこしパンチのある食べ物が食べたくなってきたようで、
ドッロドロの喉に絡みつくようなカレーが食べたくなり、
作ってみた。

とりあえず特売していた絶品カレーを使う。

Zeppin__1


この分野はもう90年代に進化しきって、あとは味のレシピを微妙に変えているだけだから、
昔のようにルーを混ぜるとか、コーヒーを入れるとか、
チョコレートを入れるとか、チャツネを入れるとか、そんなことをしなくても十分おいしいはず。
やはりおいしかった。

ここ数年はフレークタイプのカレーでスープカレーにして食べているのです。

で、前にミムラ佳奈ちゃんの面接で食べた中村屋のカレー以来、
Dsc00209m

いや、近所にあってライスお替り無料でライスがなくなると
ルーが無料で追加されるという伝説のインド人カレー屋ギータの
ドロドロカレー以来食べていないのでもう7年食べてない。

Dsc00475

ドッロドロカレーは食べていないので、食べようかとおもった。
小麦粉とバターでルウ作ってもできるんだが、あのべとべと感が出ない。

そんなわけでおやじの手料理歴数十年の私が最後に行き着いた作り方。

単純です。ルーは市販のルー一種類(なんでもいい)
中辛とか辛口とか書いてあるけどほんとに辛いのが食べたければタイカレーのイエローかレッドを買えばいい。

日本のカレーに辛口を求めてはいけない。

具:なんでもいい。玉ねぎのみじん切りだけはいるだろうか?あとは好きなものを入れてください。

こないだは冷蔵庫に5日放置してあったブロッコリーとしいたけと玉ねぎとキャベツのみじん切りと
鳥の胸肉を使った。
鶏むね肉が最近値上がりしているのだが、あれはすぐ臭くなるので
高くなるならささみで十分。

肉によるけど下処理がそれぞれ大事。臭みを抜くか、新鮮なものを使うか。

野菜はなんでもいい。ほんとになんでもいい。
ルーのおいしさをそのままだすならじゃがいもとか人参とかいれないほうがいい。
味がぶれる。

違うのはここから。

まずできるだけ厚めのフライパンを使います。

そこに発酵バターを溶かして玉ねぎを炒めます。
植物油を使ってはいけません。大体ルーにろくでもないマーガリンがすでに入ってるので

発酵バターを知らない人は小岩井のバターでいいでしょう。
発酵バターがミソです。これが欧州の本場のバターに一番近い。
どうせいためるのでエシレでなくてもいいです。発酵バターならなんでもいい。

これでみじん切りの玉ねぎを炒めます。甘いのが好きな人は徹底的にみじん切りにして
ひたすら炒めます。大量に細かく、長く炒めるほど甘口になります。
辛口が好きな人はここまでやらないほうがいいです。ルーが死にます。

肉投下。火が通りやすいようにすこしゴロゴロ目に、しかし大きすぎないように切ります。
ある程度厚みがないと胸肉とかは硬くなりますからスライスしないように。

ちょっと火が通ったらしいたけ投入。ちょっといためたら厚手のなべに移します。

うちはもらいもののルクルゼを使います。クソ重いくらいがいいのです。

水を鍋半分くらい入れて煮ます。出汁などの類は入れません。

ここまでの調味料はバター以外肉に臭み抜きでちょっとかけた塩だけです。

沸騰してきたら野菜投入。

3分ほどですぐまた沸騰してくるので火を止めてルー投入。
一人で翌朝まで持つよう箱半分入れました。

溶かして弱火にして、一煮立ちして、野菜に火が通り切らないうちに
3,4分で火を止めてふたをします。
市販のしいたけとかはどんなにいいものでも煮込むと風味が飛ぶので
なるべく火を入れないでおきます。
しいたけマニアならここで生シイタケを追いしいたけで入れます。
生ポルチーニなら煮込んだのと香り付けで二回に分けます。
ジロールタケなら別にバターと塩で軽く炒めて最後に付け合わせます。
トリュフは食べる直前にかけますがカレーが繊細でないのでダメです。
キノコは難しいので素人は手を出さないほうがおいしいです。

10分ほど風呂に入ります。

着替えたらカレーができています。

ちょっと温めて、とろみを水で調整して(調整できるよう水少なめに作っておく)
ご飯をよそってぶっかけて食べます。

これだけです。大変おいしい。
若い人はこのとき仕上げに発酵バターを追いバターで入れるのもいいでしょう。

この手のカレールウは食べてるときはいいのですが、食後に胃もたれします。
それはルーの中にトロみつけるためにいろいろ入れてるからです。
一番悪さをするのが油脂でしょう。
なのでルーは最低限にして、脂を補てんするために発酵バターを使います。

ルーを入れすぎると持たれるので混ぜルーはやめましょう。

ただ若い人はジャガイモの炭水化物の食べごたえがお好きでしょうから

じゃがいもを入れるのもよいでしょう。人参とじゃがいもはつい多めにしてしまいますが、
これは少な目にするか、人参ジャガイモは別ゆでしておいてあとで適宜投入するのがいいかと。

餃子、春巻、マーボー豆腐、チャーハンもありますがこれはあまりにも深いので別の機会にしましょう。

最近は料理といっても、千枚漬けとか浅漬けとか刺身とか、
拵えるだけといったものが多いので(時間がない)
ロッシーニ風とかやらないので紹介できるのはこのくらい。

でもこの手料理がなぜかザーメンビデオに役立っているので
バカにできない。





デリヘルミルキー@いきなり営業日決まります!はこちら


限定商品多数のミルキー通販部




毎日特売情報更新中!通販部ブログ


HDダウンロード


ミルキーキャット月額会員の入会はこちら


|

« FB-20 The Hair Bukkake 髪射のバイブル Madoka画像 | トップページ | 次回撮影エントリー開始 »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FB-20 The Hair Bukkake 髪射のバイブル Madoka画像 | トップページ | 次回撮影エントリー開始 »