« マニアックに行こう | トップページ | 42インチで観てみる その2 »

2008年6月30日 (月)

42インチで観てみる

16:9になったミルキーDVDですが、ためしにそれで鼻フック360を観てみました。

こんな感じ

0630 0631 0632

実際はかなり大迫力です。撮り方を工夫したせいか、あまり荒くもないです。

だんだん作り方がわかってきました。

大画面化で一番困るのは、モニターの種類や大きさが増えすぎて、

モザイクが薄くなったり濃くなったりしやすい点です。

昔は29型がいいとこで、25型がまあ普通。

30型以上だと、重くてもてない、棚が曲がる。

15型から25型にあわせて作っていればよかったのです。

今は15型から、60型くらいまで見通して作らなければいけない。

昔より濃くしないと、15型のブラウン管テレビで見た場合、薄くなってしまう。

60型なんてモニター持っている方はあまり多くないでしょうし、

うちにもない。ましてや100、150インチのプロジェクターなんてものまで

見通してモザイクを入れるのはほとんど無理なわけです。
(昔タナカ先生の三郷劇場で等身大以上の美少女TVを
見せていただいたときは感動しましたが)

15型4:3のTVで16:9を観ると、約11型くらいになってしまう。

100型から11型まで同じ濃さでモザイクを入れるのは不可能です。

ましてや全身、アップなんてズームされたらそんな濃さ、設定すらありません。

ですから、AVのモザイクは今より濃くなっていくと思います。
すでに16:9を出しているところはだんだん濃くなっていると思いますが・・・

これは過渡期ですから仕方のないことかもしれません。

いずれブラウン管のTVがなくなってしまったら、それなりに適度な濃さが

できてくるとます。

しかしTVのサイズが今より千差万別で200型なんてものまで

出てきてしまったら、モザイクの意味そのものがなくなってしまうはずです。

|

« マニアックに行こう | トップページ | 42インチで観てみる その2 »

コメント

椎名りくさんのブログを見て来たのですが、
撮影された物はいつどのような形で公表される(orされない?)のでしょうか?

投稿: fofo | 2008年7月 2日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニアックに行こう | トップページ | 42インチで観てみる その2 »